June 30, 2006

シリコンバレーのトリビア⑪:Silicon Valley Trivia Quiz 11

Q:  Who was an "anonymous' donor
who sent an attorney to United Way Silicon Valley
in 1999 to save the agency from
financial collapse?

ある慈善団体のシリコンバレー支部が
1999年経営危機に陥ったとき
弁護士を差し向けて救済に乗り出した
”匿名”の篤志家とはいったい何者


In 1999, United Way Silicon Valley teetered on financial collapse after bad management decisions. An attorney representing an "anonymous'' donor called Peter Hero, president of Community Foundation Silicon Valley and part of a team trying to save the agency, to ask for an outline of the problems and the turnaround strategy.

The secret donor was [...], who, as a child, was often babysat by the secretary of United Way of King County in [...] while his mother attended leadership meetings at the agency. [...] met with Hero and others for an hour during a trip to the Bay Area before contributing $5 million to the effort, nearly half of the $12 million raised. (MercuryNews.com | 06/16/2006)

1999年、ユナイテッド・ウェイ・シリコンバレーが経営判断のミスで破綻しかけた際、ある”匿名”の篤志家がシリコンバレーのコミュニティ基金ピーター・ヒーロー会長と救済チームに電話をかけ、問題のあらましとターンアラウンド戦略を訊いた。

極秘の寄附提供者は*****氏。氏はまだ幼い頃、自分の母親がユナイテッドウェイ運営者会議に出席するたび、*****州キング・カウンティのユナイテッド・ウェイ支部の秘書によく子守りをしてもらって育った。ベイエリアに出張の際、1時間ヒーロー会長と関係者に会って話を聞き、*****氏は救済援助として500万ドルを拠出。集まった義捐金1,200万ドルの半額近くがこれでカバーできた。(MercuryNews.com | 06/16/2006)


A:

Bill Gates
Chairman and Co-founders of Microsoft

ビル・ゲイツ氏
マイクロソフト創業者兼会長

Why anonimous? Well, he knew how it's like in Silicon Valley...
Mr Buffett's donation, worth some $37 billion, is the biggest-ever, exceeding the $31 billion that Mr Gates handed to his own foundation. [...]Two earlier giants, John D. Rockefeller and Andrew Carnegie, gave away only $7.6 billion and $4.1 billion respectively, measured in 2006 dollars.(BW)
He could change that image, though, if he really spends it to make the world a better place.

匿名でなくては取り合ってもらえないと考えたのだろうか。先日ここで触れたような空気だからね。こういうことが口にできなくなるぐらいのことを、氏はこれからしていかなきゃならない。

盟友バッフェット氏からの分はゲイツ氏の310億ドルを上回る370億ドルで、ジョン・D.・ロックフェラー氏(2006年のドルの価値に直して76億ドル)とアンドリュー・カーネギー氏(同41億ドル)も真っ青なとんでもない金額だ。(ビジネスウィーク)

「恐ろしいぐらいだ」と柄にもなく緊張を語るゲイツ氏。
世界中の人たちが息を詰めて彼の生き方を見守っている。

トリビア⑫:Trivia Quiz 12

Tag: , , ,

June 29, 2006

新コラム「シリコンバレーで昼飯を」:New Column on NBonline

Here's my new column uploaded on Nikkei Business Online yesterday. It's about Web 2.0 service mark controversy I wrote here and here on this blog. Since it was my first article on NB, it took a little while to modify the style.

It was an unfortunate event for O'Reilly's part, but that gave us a good opportunity to think about "What's web 2.0?" Maybe that's what we all needed.


Web2.0商標騒ぎのまとめが昨日、日経ビジネス・オンラインに掲載となった。
「Web 2.0」でイベントをやると訴えられる?!
new! 「Web 2.0」の利用者は53651人

先月ココと今月ココココに書いたものを整理し、鎮火後だいぶ経ってからの考察と続報も少々織り交ぜた。今さら蒸し返すのはオライリー社に気の毒だとは思ったが、落胆が大きいのはオライリー氏の信望が厚いことの裏返しでもある。みんなでWeb 2.0の意味を問い直す良いキッカケになれば幸いだ。

コラム初回ということで掲載まで時間がかかったが、とても丁寧に組んでいただいて感謝! 最終回にならないよう、がんばらなくちゃ。

【必読】この騒ぎを最初からフォローしてたXpotechi氏のコラムです。↓
Seven Degrees: Web 2.0 is a trademark of CMP and O'Reilly(05.26.)あっという間の出来事(05.28.)Timからの返事(05.31.)ポスト・ゲイツ時代の悩み(06.18.)

Tags; ,

June 28, 2006

多言語声帯模写男ラッセル・ピーターズの世界:Russell Peters


Comedy Now! Russell Peters LIVE
45 min 6 sec - Mar 11, 2006

Wow...This guy mimics any accent!
加版タモリ。何ヶ国語でもいけます。

【Profile(Official URL)】米・英・カナダで人気沸騰のコメディアン。この録画は2004年放映分「Comedy Now!」のもの。コメディネットワークでリクエスト数最多を誇る。ネットにUPされるや世界中に広まり、それを追い風に現在は米TV局と彼 がメインの番組を始める話し合いの最中だ。ニューヨークの登竜門的ライブハウス「アポロシアター」でチケットを完売した初の南アジア人。

憑依って呼んでいいぐらいの声帯模写にジョークも絶妙。毒気がない。字幕つけたら日本でもブレイクすること間違いナシ。

The following is the same vid divided in 5 parts.
以下はYouTube。同じ作品を10分ずつのパートに分けたもの。

Part 1 - Indian
I just came back from South Africa, I was in the Motherland... not my motherland obviously, you know what I mean, it's black people's motherland, you know. I'm Indian. We got our own motherland.... you know.... England. ---こないだちょうど南アフリカから戻ってきた。マザーランド行ってたのね。僕の祖国じゃないよ、見たら分かるだろう。黒人の人たちの祖国だよ。僕はインド人だ。インド人にはインド人なりの祖国がある。そうそう...イギリスね。
Part 2 - South African
Let me tell you what we will do. YOU....pick the cotton, I...will get the T-shirts made, and together... we'll get the wholesale. ---(急に腰が痛いと言い出した奴隷。雇い主に向かって) よし、こうしようじゃないか。あんたが…綿を摘む。わたしは…出来上がったシャツを買う、....2人合わせて…卸売りだ。
Part 3 - Indian and Chinese Business ethics
Indians people and Chinese people cannot do business together, because Indians cannot live without a bargain and Chinese cannot give you a bargain.  ---インド人と中国人は一緒にビジネスできないんだよね。インド人は値切るのが生き甲斐だし、中国人はマケてくれない。
Part 4 - Jamaican, Italian
Exclamation at the beginning of name. He has a click in his name!! ---(ジャマイカは)名前の最初の字がびっくりマークだ。名前の途中にクリック音(舌を弾くマヌケな音)があるし! どうすんだろ、***のときとか。

Italian hand signals for WT*F means in Indian "You want to eat?" ---イタリアで馬鹿野郎って言うときの(指でつぼみ作る)仕草、あれインド人が見たら「お腹空いた?」って意味だからね。
Part 5 - Chinese, Indian, Canadian
Indian people are fully aware of what their accent sounds like. We don't actually need YOU.... We know exactly what it sounds like. インド人は自分の訛りにちゃんと気付いてる。皆さんがとやかく言わなくても(強調)。どんな風に訛ってるか、ちゃーんと分かってるんだよ。(インド人は「自分の英語の発音が世界の標準。通じないならそれは相手の英語が訛ってるせいだ」と思い込んでいる、というイメージがある)
Part 6 - The Whole World
The Whole World is Mixing. It's inevitable. ---最後は世界中のあらゆる人種が一つに融合し超ハイブリッドな新人類が生成される、それは避けようがない。人口超大国の中国とインドも…というオチ。
Missing Japanese or English accent? Try this!

●訛りと言えば、忘れちゃいけないningenisuワールド↓
日本語訛り:English Lesson Independence day in Japanese accent by ningenisu

●この英語訛りのフラッシュも流行った。↓
英語訛り:Japanese Lesson in English accent

new! 上記フラッシュの作り手?とされる日本の秘密兵器ラーメンズ
いよいよ日本語学校ネタで9月アルバム・デビュー!CDJournal.com

new! 東北弁を文字化すると楽し(ス)い件発見!↓
ペギー小淵沢の演歌歌詞(ス)解読講座 前半中半 by Giovanni

Tags; , ,,

June 27, 2006

ビルとメリンダとウォーレンのBMW Alliance

SJMercury geniously named the trio "the BMW alliance (that's Bill, Melinda and Warren)." The past couple of days and weeks since Bill's announcement of early retirement have made me feel like witnessing a legend happening right in front of my eyes.

I thought that's an emotion everybody on earth is sharing, until I read cynical comments such as "It gives greed a good name. I need to rip you off now so later I can help make the world a better place," "Wonder if Bill ever thought of running for president?," or "there's no Nobel Prize for Philanthropy." Folks....

From accumulation to allocation.
Most of us just end up in halfway...

3人合わせてBMW連合とは地元紙マーキュリー

歴史的英断を同時進行で見る幸せを噛み締めているワタシのようなのばかりかと思ったら、地元紙についた読者からのコメントは「欲望にもこれで都合のいい名目がつく。今は君から巻き上げる、後で世の中のために使うからってね」「ビル、大統領に出馬考えたことあるんだろうか?」「あいにくノーベル賞にフィランソロピスト部門はないんだけど」「中古のPC学校に配った、あの財団か?」…結構シニカルだ。これ読んでBill Gの気が変わりはしないかハラハラしてしまうよ。笑

また一つ、奇跡を起こしてくれることに期待したい。

(Courtesy of New York Times: A $31 Billion Gift Between Friends/カード仲間の2人)


Big Gifts (Forbes)
(上をクリックするとスライドショーでご覧になれます)

Warren Buffett- ウォーレン・バッフェット
In late June, the world's second-richest man pledged $30 billion to the Bill and Melinda Gates Foundation. 世界第2の富豪。今年6月下旬、ビル&メリンダ・ゲイツ財団に300億ドルを託した。

George Soros- ジョージ・ソロス
Financier gave $206 million to support endowment of the Central European University in Budapest, founded to promote Western-style education. 金融資本家。西洋の教育理念普及のため創設された中央ヨーロッパ大学(ブダペスト)に2億600万ドルを寄贈した。

Lawrence Ellison- ラリー・エリソン$115 millin to Harvard University for good public health research. 公共医療の研究予算としてハーバード大学に1億1,500万ドルを寄贈した。
updates!
Bloomberg: "Oracle's Ellison Backs Out of $100 Mln Harvard Gift"
NIKKEI速報:オラクルCEO、ハーバード大学への1億1500万ドルの寄付を取りやめ-学長放逐で方針が読めなくなったと寄附撤回、新寄贈先は未定。な、なにもこのタイミングで…>エリソン(笑)

David Rockefeller Sr- デイビッド・ロックフェラー卿
$100 million to the Museum of Modern Art in New York City. Also $100 million to Rockefeller University for research and renovations. ニューヨーク現代美術館(NYMOMA)に1億ドル、ロックフェラー大学の研究刷新のため1億ドルを寄贈した。

Sidney Frank- シドニー・フランク
$100 million to Brown University to endow a new scholarship fund. The liquor distributor attended Brown for a year but could not afford to stay. ブラウン大学新規奨学基金に1億ドルを寄贈。氏は酒類卸売り業者。若い頃ブラウン大に1年在籍したが学費が工面できず中退した。

Dan L. Duncan- ダン・L.・ダンカン
Energy exec gave $35 million to Baylor College of Medicine to build an ambulatory-care center.電力会社経営。緊急救命医療センター創設のためベイラー大医学部に3,500万ドルを寄贈した。

Richard Farmer- リチャード・ファーマー
Uniform rental boss gave $30 million to Miami University in Ohio to support his namesake business school. ユニフォーム・レンタル業界のボス。オハイオ州マイアミ大に自らの名を冠したビジネススクールがあり、その助成のため3,000万ドルを寄贈した。

David Filo- デイヴィッド・フィロ
Yahooligan sent $30 million to his alma mater Tulane University for undergrad scholarships. ヤフーリガン(ヤフー共同創業者)。母校トゥレーン大に学部奨学金として3,000万ドルを寄贈。

Carl Lindner Jr & family- カール・リンドナーJr.一族
Financier gave $30 million to the University of Cincinnati for a new behavioral-health center. 金融資本家。シンシナティ大に新たに開設された行動衛生研究所に3,000万ドルを寄贈した。

William S. Boyd- ウィリアム・S.・ボイド
Gaming exec gave $25 million to the University of Nevada at Las Vegas for the law school. ゲーム会社経営。ベガスのネバダ大ロースクールに2,500万ドルを寄贈した。

Dorrance Hamilton- ドーランス・ハミルトン
Soup heir gave $25 million to Philadelphia’s Thomas Jefferson University for a new building and parking lot.  スープ業界の風雲児。フィラデルフィアのトーマス・ジェファーソン大に新棟・駐車場建設費用として2,500万ドルを寄贈した。
(Source: Chronicle of Philanthropy)

関連:フォーブス世界長者番付け~世界は793人のビリオネア村:The World's Billionaires

【Off-Topic】You already downloaded Google Desktop? It's so cool!
ベータ抜けたグーグル・デスクトップを早速ダウンロード。これ、いいね! ニュースが右下にジャンジャン入ってくるし、フィードしてないブログも「よく行く順」に新規投稿が全部出てきて感動+自分の投稿が直すたび流れて迷惑なことも分かって反省。エリソンの速報もそれでキャッチできた。こーれは手放せない! >(ガジェット公募は懸賞$5,000)

Tags; , ,
,,

June 26, 2006

手旗信号でメッセージを運んでくれる忍者:Semaphore Ninja

Need a non-Japanese ninja that flags message to your friends? Try The Semaphore Ninja by Tom Scott. Don't worry, he knows alphabetes.(My Message)

The self-claimed 'poor student' Thomas Scott's web is full of fun stuffs like Skying Panguin and evil version of Flickr "Extortr."

この忍者、日本語はデキマセン。
  1. 入力画面で(上)差出人、(中)受取人、(下)メッセージ最大30英字を入力(.,";'!?<>なんかの記号はペケ)
  2. previewを押して確認(お急ぎの方はskip!)
  3. save nowを押すとMessage Saved!の下にURLが出るので、これをメールしたりウェブに貼り付けてね。(こんな感じ)
これ作った自称”貧乏学生”トーマス・スコット氏のサイトスキーするペンギン君とか、フリッカーのevil版「Extortr」(人に知られたくない現場写真をプライベートモードでUPして相手に金額を要求、期限までに支払わなければパブリックモードにして誰でも見れるようにするユスリ専門サイト、もちろんパロディ)など愉快な作品満載。なんか、こういう感覚のウェブ表現者って日本で言うと誰だろう??

Tags; ,, ,

僕のカウチで寝るコムキャストの修理技師:A Comcast Technician Sleeping on my Couch



"A Comcast Technician Sleeping on my Couch"
June 20, 2006, DoorFrame
A Comcast technician came to replace my cable modem./ He spent over an hour on hold with Comcast./ He fell asleep on my couch./ Thanks Comcast for two broken routers./ Thanks Comcast for four hour appointment blocks./ Thanks Comcast for weeklong internet outages./ Thanks Comcast for long hold time./ Thanks Comcast for high prices./ Thanks Comcast for three missed appointments./ Thanks Comcast for promising to call back and then not calling./ Thanks Comcast for everything.
UPDATE: My service has been restored. A Comcast team spent five hours to get everything up and running. Thanks for all your advice.
Remember the AOL Cancelling? Now it's about Comcast. I saw this last week, and saw it again on Kron 4 this morning;) Yeah, it's a hard work. Hard work and anyone would fall asleep after spending an hour on hold. If Comcast fired the guy (updates: he was fired), it fired the wrong person. (More comments on reddit.com).
(訳)コムキャストから修理の技師がケーブルモデムの交換に来た。/ コムキャストの電話は1時間待っても保留のまま。/ カウチで寝込んでしまった。/ コムキャストよ、動かないルータを2個も、ありがとう。/ コムキャストよ、アポ待ち4時間、ありがとう。/ コムキャストよ、何週間も繋がらないネット接続を、ありがとう。/ コムキャストよ、何時間も保留にしてくれて、ありがとう。/ コムキャストよ、高い使用料を、ありがとう。/ コムキャストよ、予約を3回踏み倒してくれて、ありがとう。/ コムキャストよ、折り返し電話すると言ったきりしてこなかったのも、ありがとう。/ コムキャストよ、全部全部、ありがとう。
今朝のTVニュースでも放送してたんだけど(ネタ切れの救世主だなあ>YouTube)、主人公はブロバ接続のコムキャストから欠陥モデムを取り換えに来た修理のひと。本部に電話かけたきり1時間保留にされ、そうこうするうち、つい客のカウチでウトウトしてしまった。困ったのは3週間ずっと接続できないDoorFrameさんでこれを録画して上記キャプ付きでYouTubeしたらバッと噂が広まり、慌てたコムキャストがチームを派遣、奮闘5時間の末やっと繋がったという。

電話1時間待ちはよくある話だけど技師もそうだったとは…。「修理技師の直通電話ぐらい作ってやれ!!」、「そういや僕も、修理だからって旅行やめたら待てど暮らせど来なかったなあ」、「変えたくてもコムキャストしかないし」、「安くて速い日本に引っ越す?」など不満が出るわ出るわ。中立性論争でも味方が少ないワケだよ>コムキャスト

この人、首は繋がってんだろか? こないだのAOLのジョンさんはたぶんクビだろうけど(追:クビのようです)、こっちは本部が悪いと思うよ?

【おまけ/Off-Topic】みちしるべ / hitomi ヒット数
Cannot believe this is the first song she (17-yr-old highschool senior) made at the age of 16../以前ご紹介したサイトから。吉田美奈子風?Podしない人はYAMAHAのプレイヤーズ王国ね。

【おまけ2/Off-Topic】Thumbstack.com is fun to use. You can make your presentation file online to share with anybody like this and this.
Xpotechi氏を見習ってオンラインで共有できるパワーポイント風のプレゼン作成ソフト「Thumbstack.com」にトライしてみた(click to startを押してね…と言うほどのモノじゃないが)-もっと機能が充実したら十分使えそう。

Tags; ,,,,

June 25, 2006

百度の反グーグル広告~不知道:Baidu knows that Google doesn't know what Google doesn't know in China


I read a Japanese article on IT-Pro that tells you how Baidu went public, rejecting Google's offering to buy-out, and how the two make sharp contrast in terms of their business models (baidu.com). Its founder and CEO, Robin Li, earned master degree and worked for Infoseek in the US.

Baidu sells better ranking in its search results to the highest bidder, which Google never does (when they do, the results show up in ad field), and earns a referral fee every time users click on the link. The search rank auction revenue and its commission bring Baidu 80% of their entire revenue, it says.

The piece reminded me of Baidu's promotional vid that's been making the WOM of rounds on Chinese blogosphere, though it's never been broadcast on TV. China Word of Mouth Blog: Baidu knows that Google doesn't know what Google doesn't know in China has more details and translation.

I didn't feel comfortable with this, maybe because I'm a foreigner who don't know what I don't know in the States :D

You may give it a bit of sympathy, though, when you look at it as a standplay to gain a favor from Chinese government.


グーグル覇権に挑む(4)中国のグーグル「百度(バイドゥ)」の実力【前編】は、グーグルからの買収話を蹴ってナスダック上場を果たした百度とグーグルの微妙な関係、ビジネスモデルの違いなどが分かる記事。検索ランクを競売にかけ、クリックごとに手数料が入る、このオークション収入とコミッションが全体収益の8割というから驚きだ。

発想の元が違うのね、と分かったところで百度のグーグル叩きCMを見てみる。グーグルとはどこにも書いてないんだけど百度のIPOもグーグル中国進出も昨年5月でCMは秋だから推して知るべしだ。これ、ご存知の方も多いと思うけどテレビ放映は一度もされていない。ブログや掲示板、メールで回覧されただけという辺り、いかにも百度である。

英訳はコチラ。「百度はグーグルが中国で知らないことも知らないことを知っている(直訳だと変だね)」というブログのタイトル、余りに可笑しいのでそのまま拝借した。CMを見た感想は…自分も外国人だからかな、全然笑えないんだけどね。(追:政府のご機嫌取りと思って眺めると哀しいものがある)

関連:「百度(バイドゥ)株売却」に見るグーグル中国事業の焦り【緊急コラム】by 肖宇生

Tags;,,,,

ネット中立性バトルを読み解く:Net Neutrality

My friend requested me to write about net neutrality. It's been the central issue in the House, but he's not quite sure what's really at the stake.

「ネットの中立性(network neutrality)」について解説が欲しいとX氏からネタ振り。
"When I invented the Web..."(!)で始まるTimBerners-LeeポストとTechdirtのココココココの関係がいまいち。[...]直訳記事は背景を説明してくれません
う~ん、確かにこの問題、論点が見えにくいよねえ(谷脇康彦氏の解説-BP日本にも波紋広げるネットの中立性問題by小池良次氏:IT-PLUS)

■ネット中立性とは?
「ネットのアクセスは万人平等に」という原則。英・韓・日でも明文化されている。米国会では昨年暮れから通信法改革審議でブロードバンドプロバイダが有料高速サービスプラン開設の合法化法案を出し(4月下院商務委が法案承認)、焦ったネット各社が「帯域幅消費量に応じた課金システムはトラフィックを差別的に扱うことでネット中立性原則にもとる」と、課金システム撤廃の反対法案で春から反撃に出た(5月25日下院司法委で可決後、今月8日下院が269対152の反対多数で否決、今後は上院に送られる)。

「ネット中立性」を最初に提唱したのはコロンビア大ロースクール教授ティム・ウー氏(近著「Who Controls the Internet?」)で一番下の動画にも出てくる。法学部教授スーザン・クロフォード氏が別の角度からネット中立性擁護を主張し、2001年にはローレンス・レッシグ教授が”The Future of Ideas"で多角的検証を行い研究分野として確立した。FCCマイケル・パウエル会長もこの問題に早くから取り組んでいる(Wikipedia)。

双方の主張をプロパガンダの解説で追ってみよう。

「ネット中立性」保護反対派
AT&T、ベルサウス、ベライゾンら電話事業者とCATVケーブル会社、
ネットワーク技術者、一部ハードウェアベンダーほか各種団体
公式サイト「 Hands off the Internet」


PR動画①-画像をクリックしてね
看板「WWWの終焉:インターネットを救え!」
(概略)光ファイバー普及で容量100Mbpsの今日、通信電話会社は① 電話②救急③HD動画④デジタルTV⑤未曾有の新技術のため高速道路を整備しようとしている。ところが、"ネット中立性”の名のもとにこれに反対する人たちがいる。”みんな一つのレーンで走ろうよ”ってね。でもそれじゃあ、ネットはゴミ捨て場になっちゃうよ。


PR動画②-画像をクリックしてね
(概略)大容量通信にタダ乗りのGoogle、MS、Yahoo!は”ネットを救え”を旗印にネット中立性保護法案を通過させようとしている。でも、それって結局、自分のツケをみんなに払わせようってことじゃない?


■主張■
グーグル、ヤフー、イーベイ、VoIPはじめコンテンツ&サービス・プロバイダは電話会社の設備投資に「タダ乗り(free ride)」*。これからは動画やHDの普及で混雑して大変なんだから、高速の安定した通信環境が欲しい人はお金払ってターンパイク走ってね。それなら普通道も負担が減るし。

…とまあ、彼らも彼らで「FCCが昨年8月に策定した”ネット公共性”の定義を支持している」という。「ユーザには合法コンテンツ、サービス、アプリケーション、デバイスにアクセスする権利があり、ネットワークプロバイダとアプリ、サービス、コンテンツプロバイダの間には競争が必要」という原則のことだ。「メールとネットサーフィンだけの人が何故ゲームや動画見放題の人の分まで余分に払う必要がある?コンテンツプロバイダが言う"one-size-fits-all(共通サイズ)”こそネットを危機に陥れる発想だよ」

*「タダ乗り」論
今年1月末、AT&T社CEOのEd Whitacre氏(通称'Big Ed'、下の動画に何度も出てくる)がFTに語りココココで大激論となった。概ね「ケーブルやワイヤレスに比べファイバーが採算割れなことに目覚めたAT&Tが、Googleから徴税しようとしている」という見方だ。大容量コンテンツ視聴分をユーザが負担するなら分かるが「コンテンツ提供側に課金するというのは、ユーザがキャデラックにハイオク満タンにするたびにエクソンがGMに課金するような話だ」という声も。(日本の関連記事)

■背景■
  • 電話会社には「(光ファイバーの膨大な先行設備の)投資分は回収しなさいよ」と、投資サイドから大きなプレッシャーがかかっている。
  • 昨年8月の最高裁判決でブロバ接続サービスは70年続いた通話キャリア規制の網から外されFCC管轄下に置かれた。
  • アプリのタイプに応じIPブロックがかなり容易になった。
  • 電話会社はVoIPと携帯に押され、CATVケーブル会社はコルベアの時もそうだったけど「ネットで見れるんだから、もう解約しちゃおう」というユーザが急増、斜陽になりかけている。
  • 課金化の先頭に立っているat&tはSBC、Ameritech、PacBell、SNET、AT&Tワイヤレスの合併統合に1,400億ドルを費やしたが時価総額は400億ドルしか上がっていない。

「ネット中立性」擁護派
IAC/InterActiveCorp, eBay, Google,マイクロソフト,
アマゾン, ヤフー, Earthlinkなどネット大手と各種団体
公式サイト「Save the Internet



アマゾンのメグ・ホィットマンCEO、グーグルのエリック・シュミットCEOがユーザに署名を呼びかけ話題になった。ウェブ生みの親たちも次々に中立性支持を表明中。

■中立性擁護派が見るtelco(電話会社)側の主張の問題点■
(Save the Internet : Big Lie of the Weekが早分かりかも)
  • 使用帯域数に応じた使用料は既に支払っている。昨年1年間でコンテンツおよびサービス・プロバイダの大手は容量拡張のため何十億ドルという料金を電話&ケーブル会社に払った。「タダ乗り」論は都合のいいレトリック。
  • ISPが「見せるコンテンツ、見せないコンテンツ」を彼らの胸三寸で決めることができるようになる(=不当なアクセス制限)。実際これまでにも ISPが自社に都合の悪いニュースやメール、ライバルコンテンツにアクセスをブロックした悪しき事例が報告されており、トラフィック差別容認はパイプを管理する彼らに(彼らが発明したわけでもない)インターネットの覇権を委ねることに他ならない。
  • アメリカの地域の過半数はブロードバンド接続が1社以下だ。残り半分はケーブル1社にDSL(電話会社)1社という大手独占状態にある。どこに競争や選択の自由があるのだ。
  • 使用状況に応じて課金はできてもネットはリレー。受取人は誰になるのか??
  • A社の課金とIPブロックが気に入らなくてB社にプロバイダを乗り換えても結局A社の回線を通ることになる。1社がこれをやり出すと選択の自由など無いのではないか。
  • Hands off the Internetなんて草の根のフリした企業広報ではないか。紛らわしい。

(上:広報バナー「ネットを守りましょう。オンラインコンテンツのコントロールを自分たちの手に。わたしたちのネット」)

Tags; , , ,

June 22, 2006

AmazonBayと金融崩壊の架空シナリオ:DrKW Revolution 2015


DrKW Revolution is an "entirely speculative and fictional" short that deals with how GoogleCorp and AmazonBay came to own the financial markets (GMSV). It's an financial version of EPIC 2014 and Googlezon (11.2004 by Robin Sloan and Matt Thompson: summary).

Revolution was written by Sean Park - Head of Digital Markets and Credit Flow products at Dresdner Kleinwort Wasserstein (DrKW), the investment bank of Dresdner Bank. The original article in pdf is here, and the making of AmazonBay is here and here. He also wrote last Sunday that "following the commercial tie-up between eBay and Yahoo announced a few weeks ago, maybe I should make a YahooBay version." -Indeed;)

The part I liked the most was "SonyApple Xchange."

***

EPIC 2014」(原文脚本全訳)が既存メディア崩壊のシナリオなら、「DrKW Revolution 」はその金融版。銀行は解体し証券市場はデジ化が進み、AmazonBayとGoogleCorpが世界金融市場を掌握する。これが今後10年、つまり2015年暮れまでに起こるという架空のシミュレーションだ。

ショート脚本はショーン・パーク氏(昨年6月発表の原案:pdf)。ロンドンとフランクフルトに拠点を置く名門ドレスナー銀行傘下の投資銀ドレスナー・クラインオート・ワッサースタイ証券会社(DrKW)でデジタル市場・金融フロー商品部門のトップを務める人物だ。同社のRevolutionの宣伝?と思ったが、断り書きには「勤務先とは無関係」とある。公開は昨年だが、ここ最近、急に話題になってきた(GMSVも一昨日リンク)。

もちろんEPIC2014のメディア帝国Googlezonに触発されたパロディーだが、氏ブログで製作裏話追記を読むと、「なんで、こんな、ダースベーダーみたいなの?」との疑問には「明るく作ったって誰も見向きもしないでしょ」、「スポーツ賭博にやたら拘ってない?」との指摘には「コレは別に何だっていいんだ、今ある金融商品が全てじゃないってことさえ伝われば」と答えており、なにやら森羅万象が投機の対象となる予測市場を思わせる。

実際、追記にはグーグル予測市場部門の責任者が「一度是非おしゃべりしたいね」とコメントしていて、「うわ、やってみるもんだなあ」と感心。奇天烈なシナリオから時代のターニングポイントとなる話が生まれたって全然不思議じゃないし、こんなオープンな場で未来的な部門のブレイン同士の接触が図られるというのもエキサイティングな話じゃないかな。

デジタル革命は出版・メディア・広告・通信といったソフト産業、いわばメインストリートで先行する。それに対し今の今に至るまで微動だにしない最後の砦、それが証券・金融・投資のハード産業でありウォールストリートだ。

ならば今取引している商品相手に今のルールで永久に商いを続けていくかというと、「そうではないんじゃないの?」というのが氏の仮説。アナタはどう思う?


DrKW Revolution 2015
~スクリプト訳│
動画

  • 2015.12.  20世紀金融セクターを牛耳った国際証券企業と投資銀行グループは消滅し、それに代わって専門顧問、投資管理、アルゴリズム・ソフトウェア、コンサルティング会社がパワフルな電子決済取引と連携し台頭。銀行は膨大な資本プールの監視を行うだけの存在に落ちぶれる。ここに至る15年の主な出来事を振り返ってみよう。

  • 2004.08.  Google上場。2011年まで世界トップの市場価値を謳歌する。セマンテック・ウェブの進歩によりナレッジの分配の質は根底から変わり、ナレッジベースのメディア、テクノロジー、金融の各セクターで巨大企業の既存権益が消滅する。

  • 2005.06.  アライアンツ・グループの投資銀行部門DrKWがRevolutionを開設。資本市場の製品サービスのほとんどを最低単価で分配するクロス・アセット・クラス(cross-aseet class)の電子取引、分析プラットフォーム、自動化をここで行う。

  • 2005.10.  NY証券取引所(NYSE)とarca(Archipelago/アーキペラゴ)の合併が成立。新旧取引手法がせめぎ合う攻防の数年を経て、流動資産プールと電子取引技術の融合を一気加速。

  • 2006.02.  JPモーガンがモーガン・スタンレー(Morgan Stanley)を買収し、モーガン財閥が70余年ぶりに復活。ダイモンCEOは「合併による業務統合化でコストを大幅削減し、中核市場のマージン下降にアグレッシブに対抗していく」と伝令を下す。

  • 2006.05.-09.  JPモーガンの動きや、2005年のUniCredito/HVB合併に触発され、欧州で類似の銀行合併が相次ぐ。その中でもBNP Paribas (BNPパリバ)対ABN Amro、ドイチェ銀行対SGの合併は最大規模。

  • 2006.09.  Betfairが大型IPO。MANグループはスポーツ産業の流動性、アセットクラスの多様性に目をつけ、スポーツ取引に特化した史上初のヘッジファンドを創設、公開に踏み切る。

  • 2007.04.-11. Googleは世界の情報ソースとしての王位を不動にするため、株高をテコにアグレッシブな買収戦略を展開、高付加価値データを保有する各業界のリーディングカンパニーをバシバシ吸収していく。金融サービスからはトンプソン(Thompson Corporation)、Euromoney PIc、Markit Groupなど。

  • 2008.03.  2年に及ぶ難交渉を経てNYSE/ArcaとEuronext、LSEが合併、世界一の証券取引所ArcaNextが誕生する。

  • 2009.02.  世界一の商品サービス取引高を誇るeBayが、’金融業界には参入しない’という長年のポリシーを破ってArcaNextを買収、世界に衝撃が走る。新創設のSEC/FSA所轄子会社の名前は「eBay金融市場(eBay Financial Markets)」。一夜にして登録数10億人超、世界最大の金融サービス企業が出現する。

  • 2009.02.  ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)が既存大手投資銀としては初の社内分割を断行。証券取引・分配のインフラおよび事業部門はeBayFM(金融市場)に売却し、残りの事業部門は新会社のGSAS(GS Advisory Services/GS顧問サービス)とGSCM(GS Capital Management/GS資本マネジメント)に2分割。前者は従来型企業金融顧問スキルに電子決済コンサルティング事業を加えた業態、後者は多様なアセットクラスと投資戦略を網羅する所有資本と第三者資本の展開可能なマルチファンド対応プラットフォームとなる。

  • 2009.02.-07.  金融サービス市場に電撃参入したeBay FMは、その柔軟な財務体質でTD AmeriEtrade(北米)、Revolution(欧州)はじめ大手国際電子投資ブローカーのプラットフォームを買収しまくる。

  • 2010.02.  「世界の商業発展のリーダーとしての国の地位が揺らぎつつある」-バラック・オバマ米上院議員発言を受け米議会は待望のオバマ-Ensign法案を可決。数十億ドルの産業を国内に誘致すべく、それまで賭博・ギャンブルとして禁忌とされてきたスポーツはじめ"結果取引(outcome trading)"をあっさり合法化してしまう。有識者たちは、”結果”取引市場ではオバマ議員の最後の選挙当落予想が僅差1,000票内まで当たった点を指摘。

  • 2010.06.  eBay FMがBetfairを買収、世界一の結果取引市場を自社プラットフォームに吸収。

  • 2010.08.-11.  電子商取引参入に押されて市場シェアと競争力を落としたJPモーガン、リーマン・ブラザーズ、HSBC-ML、CNP Amroの各社が既存小売仲介事業から撤退を表明、他社追随。

  • 2010.12.  スポーツ取引市場が4Q2010、ついに全ヘッジファンドを抜いてファンド流入高で首位に躍り出る(HFR発表)。MANグループの世界サッカー・ファンドは100億ドル以上を集め世界初の戦略スポーツファンドとなり、GSCMのモータースポーツ・ファンドは開設48時間で20億ドルを公募。

  • 2011.01.  世界最大企業のeBayとアマゾンが合併しAmazonBay誕生。合わせて2兆ドル超は、2009年ニュース・コープ対グーグル合併で生まれたGoogleCorpを抜く世界一の時価総額。AmazonBayの1日あたりの取引数は1,000億件を越え、その対象はありとあらゆる製品・サービス分野に及ぶ。

  • 2011.10.  AmazonBayが、SonyApple Xchange(ソニー・アップル取引市場)を買収し、Xステーション関連のバーチャル製品の取引を傘下に収める(Xステーション産業は2010年にドイツ経済を抜き世界第10位の巨大産業になっていた)。

  • 2012.05.  地上最後の大手国際投資銀行、シティ・ドイチェ銀行(CitiDeutsche Bk)が金融取引仲介事業における敗北を宣言。

  • 2013.07.  暫定バンキング・チームから財務顧問と融資を受け、Blackstone/Citadel主導コンソーシアムが2,000億ドルを投じIBMを買収する。過去最大の買収劇。プラザ・パートナーズが企業財務顧問と弁護士、資本市場のエキスパート、引き受けエージェントの精鋭チームを編成し、AmazonBayのネットワークを介して計76クラスの価格設定と配分を行い、31の法規区分と5万以上の決済構造にまたがる取引を行う。ファイナンス参加数は保険会社から個人投資家に至る総勢900万人以上。取引手数料は保険提供側のシンジケートとBlackstone/Citadelコンソーシアムからチームに支払われ、さらにIBMが事業目標を達成するごとに将来的にキャッシュフロー・ベースのローヤルティーが入る計算だ。

  • 2014.08.  ワールドカップで最有力株だったブラジルと中国が破れ、デンマークとイラクがまさかの決勝進出、広告レートが暴落する。GoogleCorp株の大量の売りを受け、同社CEOラクラン・マードック氏(三文役者じゃなく長男の方!)は34億ユーロ相当のヘッジを行ったと公表し、事態を収拾する。これはスポーツ取引としては史上最大規模。複雑なヘッジング戦略を企図したのはアライアンツ・スポーツ・リスク・ソリューションズのグループで、AmazonBayのスポーツ取引独自のアルゴリズムを使って実践した。

  • 2015.03.  米財務省Thain長官とオバマ大統領(うど!!!!)が大規模な米連邦政府金融貯蓄制度会改革を宣言、「ハミルトン大統領が最初の米銀を創設して以来の大型改革」となる。米財務省は新財政年度から赤字管理を新システム「PALM(Perfect Asset/Liability Management)」に移行。PALM導入により投資家は金額キッカリにキャッシュフローを組んで取引きが可能になる(現状、各”信託”の最低価値は最低100ドル、NPVは最低10ドル)ほか、政府公共事業も月次キャッシュフローをベースに金額キッカリの融資が可能に。社会保障制度でも各個人のキャッシュフローを反映した決済が実現する。

  • AmazonBayの取引マッチングの最新鋭システムにより、推定8兆ドル相当のキャッシュフローがリアルタイムでダイナミックに管理・マッチングできることから、財務省は全インスツルメントで完全な流動性を提供し、このシステムに対しバックストップの流動資産を提供する国際資本プロバイダが2,000社余りのシンジケートを形成する。財務省最終利回りはシステム内価格で算出し、ベンチマークを従来通り提供、時系利率とデリバティブ契約も執り行われる。かかる資産・信用管理と資本調達のアプローチが今後1、2年で全発行者に浸透する。

  • オンラインで常時繋がる環境で育ったデジタル世代が、この全く新しいパラダイムシフトを担う主力となるだろう。(結びは特に目新しい要素がないので省略。詳しくは原案を参照されたい)

Tags; , ,, ,

June 20, 2006

神の足:Ronaldinho-Touch of Gold


'Ronaldinho: Touch of Gold'
10.20.2005, Nikesoccer


Foot-of-God-like play by Ronaldinho, Ballon d'Or 2005.

これぞ神業。2005年バロンドールのロナウジーニョナイキLegendを初めて履いた時の生録。最初の1分は飛ばしていいが、そっから先はもう目が離せないったら離せない!ポールが弾いた球をまた蹴る超絶技は修正じゃないと思うなぁ…本人も否定してるわけだし。足が初めてボールに触れるところが好き。(あ、すみません、日本もまだ応援中です!)

For football haters.../サッカー嫌いの方にはコレ↓
YouTube: comic soccer

For sympasizers...(by way of Todo)。なんじゃ、この音楽は!!↓
YouTube: funny Misses


Tags: ,,,

TechCrunch日本上陸!:TechCrunch Japan Launched


TechCrunch, just celebrated its first birthday on June 11, announced the launch of TechCrunch Japan today!
"All TechCrunch content will be translated into Japanese[...]. In addition, Japanese startups will be featured on the site, and many of those posts will be translated to English for inclusion on the main TechCrunch site."
It's great for Japanese folks who have long been frustrated with the language barrier that prevented them from getting more attention from overseas, as well as learning the news from Silicon Valley firsthand. Great move! (image courtesy of Abandon hope, all ye who enter here.)

Web 2.0のスタートアップ情報を地上の誰よりも早く、企業が生まれるより先にフィーチャーするTechCrunchに待望の日本語版jp.techcrunch.comが登場した!(画像はxxx.enfar.com!)

こないだ"The 53651 Meme"でチラッと書いたけど、TechCrunchはWeb 2.0業界の応援団長マイケル(通称マイク)・アリントン氏らチームが寝る間も惜しんで(1日数回更新)書いてる超人気ブログ。開設1年で現フィード購読者数は78,169人(+仏語版3,445人)。海外デビューは2月の仏語版に続く第2弾となる。まさか世界公用語の次が日本語とはうれしい驚き。
「日本語版更新は英語版オリジナルと同日か近日。日本語版ならではの日本スタートアップ企業情報も新たにフィーチャーし、その多くはご本家TechCrunchでも英訳して紹介していくよ」(今朝の発表より)
コメントには「Technoratiによれば今年3月の全ブログ投稿数は日本語が37%で英語は”たったの”31%。この数字を見ても日本語読者へのアクセス確保は正しい選択」(Micha Kaufman)と祝福の声が並び、「中国語圏はTechnoratiにブロックがかかるから残念」「次は中国語版を是非!」とラブコールが…。

「日本語でいくらがんばっても世界に認めてもらえない」、そんな日本のジレンマに少しでも風穴が開くといいよね。「言語の壁を超えた双方向な情報共有」( 氏)の実現に期待したい!

Tags: techcrunch, japan, techcrunchjapan, jp.techcrunch,マイケル・アリントン

June 15, 2006

海からの招待状:Sand Font



Today is the last day of the school for my kids, and I found this card in my mailbox. It's great to see my name drawn in the sand. Does anybody know its font name? I like the cozy room of Hotel Pacific in that area, but humnnn....let me take a look at it;)

今日からいよいよ夏休み。
Have a great summer! なんぞ声掛け合って帰るとポストにこんなカードが... 海辺のホテルからの割引招待である。まるで待ち伏せしていたかのようなタイミング。笑

なんていうフォントだろ?まさか本物ってことはないよね。

June 14, 2006

AOL解約の悪夢:Cancelling AOL - Japanese Scripts

It's exactly what happened to me when I was trying to cancel it!
AOLのカスタマーサービスは「解約させてくれない」んで有名。とうとう、こんな電話の生録が出回った。これは…日本の新聞勧誘も真っ青だ。

jpowers's MP3 &faster ver.
Original Post(被害者の投稿):
500- Comments on ! (←同じ被害に遭った人たちからコメントの山)

AOL Fined for being too hard to Cancel (DIGG 08.24.2005):AOL takes a hit as it is fined 1.25 million dollars to the State of New York. Along with the fine, AOL has agreed to reform it's customer service.-解約が困難なことでNY州への125万ドルの罰金支払い命令が下ったのは昨夏。カスタマーサービス改善に同意したAOLだったが…


ONE YEAR AFTER - あれから1年


コレが世にもしつこいAOLカスタマー窓口
会話の全貌だ!!!

原文

AOL Rep: AOL担当・ジョンです。ご用件は何でしょうか?
Vincent: えっと、解約したいのですが。
A: それはそれは残念ですねえ。お客様のお名前は?お支払い用のカード番号下4桁は?[...] 随分長くお使いですね。
V: そうですね。
A: それがまたなぜ今日ご解約なんでしょうか?
V: もう使わないんです。
A: DSLやケーブルの高速接続はお使いですか?
V: はい。
A: 高速の方はどのぐらいお使いですか?
V: 何年も前から使ってます。
A: 沢山ご利用なさってますねえ。
V: 前はね。今はそうでもないでしょ。
A: いや、先月24日から71 時間もお使いですよ。
V: そんなことないですよ。彼はAOLのソフトだってインストールしてないんだから。たぶんAIM利用の方を見てるんじゃないですか?
A: いいえ、AIMなんて呼び出してませんよ。
V: 彼のコンピュータにはAOLのソフトもインストールしてないんだけど。
A: つまりこれは、お父様のご利用口座というわけですね?
V: そうだよ。
A: 承知しました。今ご利用口座を見てるんですが…
V: 別にあなたが何見てたって僕は構わないんだけど…
A: 本日ご解約される理由を伺ってもよろしいですか?
V: 僕も使わないし彼も使わない、だから解約するんです。彼は使っていないしソフトも無い。
A: う~ん、そうですか。ソフトそのものに何か問題でも?
V: いや、だから僕はもう使わないんだよ。必要ないし、また、欲しくもない。もう要らないんだ。
A: そうですか。因みにコンピュータは商用でお使いですか?それとも学校で?
V: あのさ、それでなんか違いがあるわけ?AOLは要らないから解約してくれって頼んでるんだよ、お願いだから。
A: 左様ですね... 6月2日付けでサインインされてますよ。72時間。6月2日です。
V: 俺の言ったことがまだ分かってもらえないのかな。
A: 昨年は540...先月は545時間使ってます。
V: もうさ、これ以上ハッキリ言いようがないんだけど最後にもう一回言う。解約してくれ、お願いだ。
A: そ、それはどういうことでしょうか、どうしてか、教えてください(やや呂律が回ってない)。
V: 俺が説明なんて…勘弁してくれよ。解約してくれ。
A: ど、どうなさったんですか?私どもはただ...お客様をお助けしようとしてるんですよ。
V: 助けてなんかいるもんか。助けるっていうのはだな…
A: 手前どもはこれでも助けてるつもりなんです、はい。
V: 助ける…ねえ。いいか、よく聞け。解約するために俺は電話したんだ。助けるっていうなら解約のことだろう。助けてくれ、解約してくれ。
A: いいえ、そんな意味じゃありませんよ。
V: 解約しろ(Cancel the Account!=本日の流行語大賞)。
A: 口座をご解約しますとお客様にとって…最悪なことになります。
V: 解約しろ。解約しろ。
A: お父様はそちらにいらっしゃいますか?
V: 俺が支払い主だ。口座名義も俺であって父じゃない。解約しろ!
A: はい。と言われましても手前どもは…
V: 解約しろ!これ以上ハッキリしたことはない。解約だ。カードも俺、名義も俺、口座も俺、俺名義なんだ。いいか、俺が解約しろって言ってるんだ。解約しないで口座を維持する方法を考えて下さいって言ってんじゃない。解約しろ。
A: おやおや、誰に何をされたか知りませんけど、いやはや、これは…
V: ったく頭に来るヤツだぜ、お前がやってんだよ。解約してくれ、お願いだ。
A: それは両方とも…
V: その通り。解約して下さい。
A: いいでしょう。いずれ気持ちが落ち着きましたら、私どもがお客様をお助けしようとしていたことが分かっていただけるでしょう。本当は私どもの話を聞くのがお客様にとりましても一番良いことなんですけどねえ。
V: こりゃ最高。そう、そうだろうとも、まったく傑作だな。
A: (ブツブツ何事か呟く) ご解約の申請を処理するに当たりまして手前どもでは、お客様のような貴重なメンバーの皆様に無料の特典のご案内をしております。ご解約後も…
V: いや、その手には乗らない、要らないから止めてくれ。
A: 解約したいんなら話を聞け。じゃないと1日中引き止めるぞ。別におまえに正直に話す義理なんて、こちらにはないんだ。スッパリ切れたいなら黙って俺の言うことを聞け。いいな。では、お話してよろしいでしょうか?
V: はいはい、どうぞ。
A: どうもありがとうございます。ご解約申請を処理するに当たりまして手前どもでは、お客様のAOLサービスご解約後も数々の特典を引き続きご提供させていただいております。AOL.comでは現在お使いのeメールとご連絡先リストを無料でお客様がお好きなだけ保管することも可能です。トリックのようなものではありません。これはAOLがお客様と末永い関係を続けていくやり方なのです。例えば今お使いのメールアドレスをそのままお使いになりたい、そんな時にはAOL.comにてネームとパスワードをご入力するだけでお使いになれます。メールご解約通知は24時間以内にAOL.comの無料メールアドレスにお送りいたします。このご解約手続きを完了するには(ブツブツブツ)
V: (第1関門突破。晴れてタッチトーン入力)

-完-

UPDATE: thanks for the link!-> 偽九工犬無線部
10/03/2006付けエントリ「そういえば、ブラジャーのことを乳ぱんつと呼ぶ若者が世界的に増えている」からココとAOLストーカーにリンク飛ばしてくれた。これ読んでJoel on Software の The Econ 101 Management Method(邦訳→入門経済学マネジメント法)を引っ張ってくるセンスは、すごい。

UPDATE: thanks for the link!->LAT37N" 薬局も!保険屋も!AAAも!AOLのジョンはどこにでもいる!(在米LAT37N氏の貴重な証言)

Tag:, ,

バトンの墓場:You Are What You Think!

神村氏からバトンなるもの回ってきた。自分のハナシは書かない主義だがLINK先ブログをご紹介する良いチャンスなので(1)だけ真面目に引き受けることにした。ただし、どの方も人気ブロガーなのでバトンはここで土に埋まる可能性大!


1)次にバトンを渡す(または渡したい)5人のブロガーをご紹介ください。



Maclalala by 藤シロー氏
4月22日付けでアクセス20万回突破!アップル最新情報を英字媒体からクリップ。風刺画コレクション「インターネットの功罪」とリンク集「今週のブログから」の週替わりメニューも充実、幅広い層に支持を得ているのはシロー氏のクリスプな文体の賜物だろう。訳も洒脱でこなれており、適時助言してくれる読者にも恵まれている。検索で初めてクロスしたのはマックワールド当日。予想を出して事あろうか氏は寝てしまうのだ。「ワクワクする、朝が楽しみだ」とか言いながら。入れ違いに布団から起き抜けたワタシは「全部当たってんのに。起きろー!」と海の向こうから声を枯らしていたのだが(笑)。真田広之インタに見入って会社遅刻したり日常の小話も味わい深い。



by Xpotechi氏
Web2.0 時代の情報伝達速度はブックマーク>ブログ >紙と言われる。ワタシが亀なら7 °は光速、氏はブクマの達人だ。コンテンツはGoogleや IT最新動向がメインでソースは…なんだろう?謎。CNETやITMediaのヘッドラインとは全く違う斬新な切り口とタイトル、うじゃうじゃ長く書かない(削る方が時間食い)、続報もマメ、 写真も◎とくりゃ、「おいおい、本業サボってんじゃないだろうな?」と突っ込みの一つも入れたくなる、それほどまでに高品位。ありふれた事象について独特の視座から考察を掘り下げる方面も実は得意で、その COOLな文体目当ての隠れファンも多そう。あと例えば ココのスクリーンショットみたいなブツがゴロッと出てくるところなど並のブロガーには真似できない!



ご近所さんではChika氏(ワン公Blog日本語Blog:トライアルが趣味。箱根ターンパイク流してるとツイ林の横道にクイッと曲がりたくなるらしい。マックはついついソフトの中身を開けて見たくなる、足の長~い工学系美女)がアドビ再就職でパッタリ更新が止まってるので頼みの綱はママゴン!このハンドルからは想像もつかないほどカワイイ方で、ワタシが男だったら絶対追い掛け回して警察連れてかれそうなタイプ。え?分からない?う~ん、アイドル系とは違うからなぁ。アート系というかスピリチュアル系…あの波動はうまく口では説明できんよ。最近テニス焼けしてまたまたカワイくなった!



PCやケータイからQRコードで一発発注可能な男の衝動買いマガジン「カタロガー」の編集長が嫌々続けているブログ。男性読者95%の関心事と言えばモノ、車、音楽、女の子。卒業式でボタン片っ端から持ってかれたモテ男の正統NARITAがその真髄を解き明かしていく!まあ、いつもジムで走ってるときの音楽とエッチな話なんだけどね。女人近寄るべからず。でも文章がポップで面白くって、たま~に読むと妙に元気になるしホッとするんだよね。(バトンは「回せる人いないのですが。。。」でパス!)



「石は地球の遺伝子」が信条の若手彫刻家が綴る欧州アートシーンと制作日記。自作の絵と彫刻、ギャラリーや街角の画像がメインで、そこに寸評やインスピレーショナルなQuotes、日々雑感が短く加わる。金言はジャンル問わず。いろいろな人が様々な人生の局面で何を思い何を感じ、そこから自分が何を感じ取るのか-これは生きていく上でかなり重要なファクターだと思うんだけども、それにキチンと向き合えるブログはとても稀少だ。「陰翳礼賛」とかイサム・ノグチのあかりとか、自分的に懐かしいモノたちが転がっているのも魅力。ここに集まる人たちはとにかく楽しくて氏との掛け合い漫才も読みどころかな?求道的な雰囲気に満ちている。(バトンは「チェーンメイルは好かない」と彫刻刀でバッサリ!そうそう、アーチストはそうじゃなきゃ)



(以下、成田氏とワタシのまとめレス)

2)あなたのハンドルネームをどうぞ♪
N)nariyuki、 S)satomi

3)差し支えなければ年齢を。
N)バカボンのパパと同じ歳(写真©フジオプロ/スタジオぴえろ)
S)ナンシー関は既に草葉の陰で小泉今日子はまだ恋してる年頃(「歳だけ小泉でもしょーがないだろー」という自覚は、ある)

4)どんなジャンルのお仕事をなさっているのでしょうか。(ここはサイバースペース。適当にぼかしてくださってOK)
N)マスコミ関係、 S)サボってばかりのライター

5)ブログ以外の趣味を教えてください。
N)ジョギング。ブログは趣味ではなく強要されている仕事ですが。。。
S)トレッドミルで狂ったように走ること。もしかして口パクしてるかも!?

6)誰かを好きになる時、これだけは外せないというポイントがあれば、ぜひ!
N)明るい人、S)助手席は酔い易いのでワタシが運転しても逃げない人

7)みんなに自慢したい特技、内緒にしてたけどこんなことが得意というものを教えてください。
N)タイ料理、S)Shiatsu

8)何かの資格を持ってらっしゃいますか。もしお持ちでしたら・履歴書に必ず記入する資格・狙ってとったわけではないのにこれは役に立った!というものなど、ありましたら。
N)自動車免許・自動二輪免許、S)普通免許。と書けるのは日本の特権

9)悩んで眠れない夜を過ごした経験がありますか。もしあればどう乗り越えたかヒントを。
N)毎晩です。録画した退屈なドキュメンタリーを見ながら寝ます。
S)起きている。

10)好きな食べ物、きらいな食べ物を。
N)好き:ミソ煮込みうどん/嫌い:ブロッコリー
S)好き:山菜/嫌い:チーズを槌で割って中からウヨウヨ下界に這い出してくる虫たちをパンで潰して食べるイタリア珍味

11)あなたが愛する方へメッセージを送るとしたら…それはどんなメッセージか教えていただけますか。
N)Though I can't be your porter, I'll be there anytime, anywhere if you need me.
S)N/A。キーボに打つと減っちゃう気がする。

UPDATE: このバトンはKamimura's spill of thought>@aka>ZAKIMIを経てTetsu : A New Start for Tetsu: Self-presentation chainに及んで完璧な英語に化けました。

June 12, 2006

911陰謀説再浮上:911 Loose Change 2nd Edition



911 Loose Change 2nd Edition Recut
Louder Than Words llc
1 hr 29 min 23 sec - Aug 16, 2006
www.loosechange911.com



Already seen this? Made by Korey Rowe, 23, and his friend Dylan Avery, 22, from Oneonta, N.Y., on a laptop computer for less than $10,000 (USATODAY), it's been sitting on Top 10 GV list since its release.

This reminded me of the 2001 film 'A Beautiful Mind,' in which John Nash, the Nobel Prize mathmatician, helped the US government with breaking Soviet codes, which soon gets him involved in a terrifying conspiracy plot. "Nash grows more and more paranoid until a discovery that turns his entire world upside down."(Plot Summary on IMDB, and Guardian has a great review here)

Things get so surreal that, from one point, you can hardly tell what's real and what's not. Truth gets mixed with truthiness. I'm not saying conspiracy theorists are schizoid. What I'm saying is that 9/11 was too surreal to be true. In fact, we're still having a hard time to accept it after 5 yrs. Especially those who witnessed the event as teenagers.

Was that a plot? Read the criticism, watch, and judge yourself.

***


これはグーグル・ビデオのTop10を2月の公開時からずっと浮沈している動画。「9-11は開戦理由が欲しい米政府が仕組んだ現代の真珠湾攻撃」という911政府陰謀説を一般に入手可能な資料と映像のコラージュで検証していくドキュメンタリーだ。

今春日本で一部有志が上映した「」のDave vonKleist氏も「9-11ドキュメンタリーでは最高傑作」と絶賛し、議論百出である。

製作したのはNYオネオンタ出身のコーレイ・ロウ君(22)とディラン・アヴェリ君(23)。ラップトップで仕上げた総制作費1万ドル弱の低予算作品だ(USATODAY, 04.17.2006)。4月劇場公開の”United 93”とは対照的に、こちらはブログとメールのクチコミだけで若い世代を中心にネットで広まっている。

コレ見ると、つい連想してしまうのが映画「A Beautiful Mind」(2001年)だ。

ゲーム理論でノーベル賞を受賞した天才数学者ジョン・ナッシュ。その類い稀な才能を買われ、彼の元には米政府から旧ソの暗号解読の指令が下る。やがて陰謀に巻き込まれるナッシュ。現実は急速に作り物との境を失い、ナッシュは狂気に陥っていく。(IMDBあらすじ│ Guardianのレビューはこちら)

離れの研究室の壁という壁に無数に張り巡らされたコード、コード、コード。
破れ板に囲まれた彼一人の孤立した世界で果てることなく展開する現実とも虚構とも判別のつかない記号の羅列、あのシーンを思い出してしまうのだ。

このコードを情報に置き換え、孤立した世界をラップトップに置き換える。情報のフィードは無数に押し寄せる。そこには政府の弁明もあれば反証もある。無いのは、何が真実で何が作り事かを見分ける決定的な装置だ。もっとよく見分けるために、また無数のフィードが繰り返される。しかしいくら揃っても我々は真実に辿り着くことがない。何故なら全ては「陰謀」だからだ。情報は常に誰かが監視し、都合のいいようにこれを操作し、巧みに我々を誘導している-。

いや、9-11陰謀説の支持者が博士のようなスキゾと言っているのではない。ワタシだってできることなら本当のところは知りたいから資料を読みもするし映像も…ただ最後に行き着くのは抜け道のない「虚構の循環」のイメージなのだ。ん?それってワタシがスキゾ?

一つ確かに言えるのは、9-11そのもの、現実と受け入れるには余りにも現実離れしているということだろう。現にこうして5年経った今も我々は、この事件を全く受け入れ切れていない。(爆撃シーンは7'55"から)

update: ちゃめさん丸1日がかりでDLしたそうな。ご苦労様!

Tag; , ,

June 9, 2006

エベレスト山頂は誰のもの?:Who Owns the Peak of Mt. Everest?

(photo courtesy of NASA)

A Chinese student, Liang, linked to my entry "12am is noon in Japan", saying he had experienced the same confusion yesterday morning when his classmate told him he'd go to a department store 'at 12pm.' I know how you feel!!

In the same entry, he was telling another eye-opening event that happened to him that same day.;
This afternoon, I read a book in library and found that below a picture of “Mount Everest”, it shows “Kala Patthar, Nepal”. Then I asked my Indonesian, Malaysian and Korean friends, they all told me that it of course belongs to Nepal, China is too ambitious. But later I asked the friends from China and Taiwan, their answer is “definitely, absolutely and surely China”.
According to , the Chinese closed the door of Tibet to the West in the '50s, preventing any further attempts on Everest from the North Face, which eventually opened up the secluded land of Nepal. I asked my Indian neighbors from ITI, and they said, "Most people now climb from Nepal side, so people assume it's Nepal's land, but in fact it doesn't belong to any side." Same conclusion as Liang's.

Well, it's kind of like '12 midnight'; it can be both the beginnning and the ending instance of the day, or an altitude zero that can be East and West at the same time, or neither.

Actually the plate techtonics still continues to this day, lifting the entire Himalayan range 'by several millimeters each year.' (source)

BTW, what impressed me was the way Liang handled it. Instead of arguing, he asked the others how they feel and searched for the things he didn't know yet. Without that, we'll never see the other side of the mountain.

***

中国人学生Liang君の昨日の投稿からココにリンク発見。なんでも昨日の朝クラスメートが「12pmにデパート行くんだよ」と言うので、てっきり真夜中に買い物かと思ったら何のことはない、昼だ。不思議に思ってWikipediaで調べたら西洋では逆!目からウロコが百枚落ちたという。おおっ、アジアの同志よ!(ひしっ)

で、この彼のエントリーにもう一つ興味深い話があった。ズバリ、「エベレストの頂上は誰の領土?」----

「エベレスト山頂は中国の領地」と学校で習ったLian君。昨日の午後図書館で本を開くと写真には「エベレスト山(Kala Patthar, Nepal)」とある。試しにインドネシア、マレーシア、韓国の友達に聞いてみると、みな口を揃えて「ネパールに決まってるだろ~。中国は欲張り過ぎなんだよ~」。中国と台湾の友達に聞いてみると「当然、絶対中国でしょ。間違いない」、まるで正反対の答えだ。

Wikipediaを見たら「山頂=国境。どちらの領土でもない」が正解。そういえば中国政府はエベレストなんて西洋風の呼称はやめて「チョモランマ」と呼べと西側に働きかけてる----

***

秘境ネパール側斜面に登山ルートが移ったのは'50年代。中国がチベットの国境を閉鎖してからである(Imaging Everest)。インド人の友達(ITI出身のインテリ夫妻)によれば「中国は歴史上何度も侵略してきたからね(エベレスト=「インドの万里の長城」)。みんなネパール側から登るから普通はネパールと思うようだけど、山頂自体は国境線だから本当はどちらの領土でもないんだよ」という。

真夜中の零時が1日の始まりか終わりか分からないのや、経度ゼロが東か西か分からないのと同じってわけね。因みにプレートテクトニクスは今も続行中でヒマラヤ山脈は年に数ミリずつせり上がっている。(source)

それにしてもLian君、ムキになって言い張るんじゃなく、いろんな人に話を聞いて調べるところが偉いよね。こうじゃないと山頂の反対側って永久に見えないからなぁ。


Tags: ,

June 7, 2006

ダウンロード数世界一の動画「ダンスの進化」:The Evolution of Dance




The Evolution of Dance
Judson Laipply 5 min 59 sec - May 10, 2006


The comedian dancer, Judson Laipply, was featured on Wathington Post yesterday and performed on NBC's Tonight Show. It's now the most downloaded video on earth, attracting 20million viewers at YouTube, ranking in TOP10 at Google Video. The entire playlist is here.

これは今、ダウンロード数世界一の動画「The Evolution of Dance(ダンスの進化)」(URL) 。エルビスからOutkastまで過去50年の米ダンスヒット曲のスタンダードを6分にまとめた。

4月にYouTubeに登場した時には「うはは」で終わらせてしまったが、密かに練習中の人でもいるんだろうか? あれよあれとという間に通算2,000万ビューでYouTube歴代トップ、GoogleVideoも上位10圏内。主演ジャドソン・レップリー(Judson Laipply)氏は昨日もワシントンポストNBC放送TodayInside Editionに続けざまに出て一躍'時の人'である。

「変化を恐れるな、ということを楽しく体で表現したんです」と語る氏はクリーブランド在住の30歳。本業はお笑い系啓蒙スピーチで4年前からずっと講演の最後にコレを披露し会場を沸かせてきた。中肉中背のオタク系。なのにダンスの切れがやたらといい。このギャップが妙に笑えるようだ。

「振り付けは誰に習ったってわけでもないのに全部覚えてた」と言うんだけども、これ完全にマスターしてきたら結構尊敬されるかも!笑

update!
BGM収録曲一覧

(Playlist:DIGG/ 077billabong&m00nmaster)
何曲分かった?訂正大歓迎!

  • エルビス・プレスリー(Elvis Presley) - Aint nothin but a hound dog('56):1956年6月5日NBC「ミルトン・パール・ショー」にて初披露、「骨盤エルヴィス」誕生。ローリングストーンズの追悼歌もこの曲だった
  • チャビー・チェッカー(Chubby Checker) - The Twist('60):元祖ツイスト男
  • ビージーズ(Bee Gees) - Stayin' Alive (saturday night fever)('76):UK出身ギブ3人兄弟の世界的ヒット「恋のナイト・フィーバー」。トラボルタも今は子煩悩パパ
  • - YMCA:'70年代後半、空前のディスコ・ブームを牽引したゲイ6人組。日本では西条秀樹がカバーし、レイザーラモンがリバイバル
  • カール・ダグラス(Carl Douglas) - Everybody was kunfu fighting
  • グリース ― オリジナル・サウンドトラック+2- Grease lightning('78):
  • AC/DC - You shook Me All night long:豪産。ガレージバンドのルーツ
  • マイケル・ジャクソン(Michael Jackson) - Billy Jean, Thriller:売上4,600万枚超。ギネス公認のモンスター・アルバム「スリラー」より
  • Willy Wonka & The Chocolate Factory - The Oompa Loompa Songs:一度聴いたら頭を離れないウンパルンパ節♪
  • Styx - It's just "Mr. Roboto"('83):左をクリックするとチョンマゲ・ロボが「Domo Arigato, Mr.Robot」と歌うプロモが見れるよ。”Kilroy Was Here”収録
  • ?- Lets Breakdance:(詳細不明)
  • バングルズ(Bangles) - Walk Like An Egyptian('86):LAライブハウス出身。女性4人のポップグループ、'86年全米No.1ヒット。"Different Light"収録
  • チキンダンス(Chicken Dance) - Werner Thomas (MIDI):スイスのアコーデオン奏者が'50年代にオリジナル曲作曲、世界中に広まり'82年米上陸。これ踊れなきゃアメリカ人じゃない!?
  • ビリー・アイドル(Billy Idol) - モニー・モニー/Mony Mony('87):ロンドン出身、元セックスピストルズ親衛隊。渡米ソロデビュー後はテクノとロックの融合を追及
  • Vanilla Ice - Ice Ice Baby('90):白人ギャングスター・ラッパー。M.C.ハマーと並び称された絶頂期の作品
  • MCハマー(MC Hammer) - U Can't Touch This:初代ストリートダンサー。売上げ1,000万枚の歴代No.1ラップアルバムの代表曲。邦題「遣唐使です」。'96年自己破産、現在牧師
  • シュガーヒル・ギャング(Sugarhill Gang) - Apache (jump on it):元祖ヒップホップ。'70年代後半NYブロンクスで結成。オールドスクールの代名詞となる
  • ハウス・オブ・ペイン(House of Pain) - Jump around('92):高校の元同級生3人で結成した白人ラップトリオ、デビューアルバム収録曲
  • サー・ミックス・ア・ロット(Sir Mix-a-Lot)- Baby Got Back('91):'80年代後半、西海岸のヒップホップシーンをリードしたシアトル出身のラッパー
  • チュンバワンバ(Chumbawamba) - Tubthumping:UKアングラシーンで活躍するアナーキーなグループ
  • ハダウェイ(Haddaway) - What is love('95)
  • レッドネックス(Rednex) - Cotton Eye Joe('95):スウェーデン出身。カントリー&テクノ
  • ロス・デル・リオ(Los del Rio) - Macarena( '96):アンダルシア伝統のフォークソングをアレンジ。ヒット作は売上げ400万枚の本作品だけの一発屋
  • イン・シンク(NSYNC)- Bye Bye Bye:セカンドアルバム”No Strings Attached”収録。ブリットニーの映画デビュー作にも使われてるよ
  • エミネム(Eminem) - Lose Yourself:2002年映画作品”8-Mile"サウンドトラック収録のこの曲でアカデミー賞ベストソング部門賞受賞
  • アウトキャスト(OUTKAST) - Hey Ya:無敵ヒップホップデュオによる2003年全米Topシングル。”LaFace Records”収録
  • Jay-Z - Dirt Off Your Shoulder/Lying From You(2003):'90年代後半から2003年引退まで音楽業界に君臨。現DefJam社長兼CEO。最終アルバム"Black Album"収録
  • NSYNC - Bye Bye Bye(既出)


【おまけ/Off-Topic】
メントスとコークが流行ってます:Seven Degrees: Mentos+Diet Coke
任天堂で舞い上がる米人キッズ:Nintendo 64 drives kid crazy(46sec)
にわかにアクセス急増中:Microsoft iPod

Tags: , , ,

June 6, 2006

ボクに彼女ができない理由:Why I Will Never Have A Girlfriend

This online classic was authored by Tristan Miller in 1999 when he was at Griffith University, Australia. If you liked Engineer's View of Santa Claus, you'll like this, too. The following is my excerpt translation in Japanese.

これはドイツ人工知能研究所のトリスタン・ミラー氏が1999年12月20日、豪グリフィス大留学中に書いたネットの古典。いまだにしぶとく生き残っている。コレが好きな人はコレも好きかな?



Why I Will Never Have A Girlfriend
~”ボクに彼女ができない理由”抄訳(原文)


なぜ彼女ができないんだろう。男なら誰だって一度はぶつかる疑問だ。残念ながらこれに対する絶対回答はないし、一言で答えられるというものでもない。なのに男の多くは矛盾を百も承知で理由を探さずにはいられない。「奥手だから?積極性が足りない?最初の一言で引いた?ボクってつまらない男?太り過ぎ?やせ過ぎ?いやいや、単にボクが醜男で対象じゃないってだけの話か」 ひとしきりありそうな理由を考えて辿り着く結論はこうだ。「きっとボクには何か問題™ があるんだ」

しかし、筆者は彼らとは違う。ボクは女の子に縁がないなんてウジウジ悩んで生きる人生は真っ平ご免だ。まともに女性と付き合うチャンスは事実上ゼロ、それは素直に認めよう。けども、だからと言ってそれがボクに何か生まれつき欠点があるせいだとは認めない。こう言っちゃなんだけど、これは国勢調査と統計の初歩知識さえありゃ100%科学的に説明がつく話なんだ。

理想が高いんじゃないの?と思われては困るからボクが交際相手に求める3条件を並べておく。
  • 第1にボクと同世代、つまり21歳±3,4歳であること
  • 第2に美人であること(内面と外見を含めた全体ね)
  • 第3にある程度頭もいいこと。Mensa(訳注:IQトップ2%の組織)に入れるほどじゃなくていいけどウィットに富む深い議論ができたらいいなと思う。

    これだけだ。誰だって妥当な条件だと認めてくれるよね。

    で、この3条件に適う女性に出会えるチャンスが限りなくゼロに近いのだ。別の言い方をするならボクには一生彼女ができない。何故か?その理由を以下に述べていく。証明の精度は収集データの精度と同じ。統計にはタネも仕掛けもない。ソースは明記した。では、統計。


    全世界人口(1998年現在):5 592 830 000人 [WP98, Table A-3]


    まずは一番大きな数字から。これは地球上に住む人類の総数だ。惑星間恋愛に反対の立場ではないが、アルタイル(牽牛星)のかわい子ちゃんとボクが巡り会える確率は統計上無視していいだろう。資料は国連白書1999年版[WP98]。98年までの分しか載っていないので要更新。


    そのうち女性は: 2 941 118 000人[WP98, 図表A-7]

    タイトルでまだピンとこない人のために念のため断っておくがボクが探してるのは異性である。残り半分は脇にどけておこう。男性諸君、すまんね。

    …先進国の子は: 605 601 000人 [WP98, 図表A-7]

    経済差別とかじゃなく、ここは純粋に可能性の問題。ボクがブータンのベイビー、ガーナの女神に出会えるチャンスなんてネットでもオフでもゼロに近い。欧州・豪州・米国でたぶん一生暮らすことになるだろうから似たタイプの地域に絞っておく。

    …2000年に18-25歳の子は:
    65 399 083人[WP98, A-3 & A-7]

    ロリコン(pedophile)とか年上信奉者(geriatrophile)じゃないからココは同年代ということで。世論調査は2年前の数字で、しかも年齢別統計[WP98]が5年ひと塊なところが面倒くさいが、ここでは平均値から推測し死亡率を1%として差し引いた。

    …美人は: 1 487 838 人


    中身と外見の両面。美は主観的なもので好みは分かれる。ボクがキレイだと思う子は並以上なところが最低2つはあるので統計の基礎理論に従い左の正規曲線をz = 2として得た数値を残る人口に掛けてみた。

    …頭のいい子は: 236 053人

    これも定義はマチマチ。平均偏差値以上なところが一つでもある子と落ち着くと仮定して、と。数式で得た演算結果を残る人口から引く。

    …独身は: 118 027 人

    既婚者・婚約者・彼氏がいる子に関する確かな統計はない。大雑把に見た感じで50%というところか。(デートを断る口実に”彼氏いるから”と口から出まかせを言う子がいることは我々同志も重々承知のはずだ)

    …ボクを好きになってくれる子: 18 726 人


    ボク好みの子が見つかっても、彼女がボクを好きになってくれるという保証はどこにもない。好みは主観の問題なのでボクをちょっとでも気に入ってくれる子の確率は50%とした。実際にはちょっと気に入ったぐらいで付き合う子なんていないだろうから、既出の条件に従いボクの外見と中身で彼氏候補にしてくれる子を割り出すと、たったの 15.8655%。


    総論
    ボクが付き合える子は18 726人いる。ということで、これ以上の分析はもうやめにしておこう。18 726人というと一見悪くない数字に思えるが、考えてもみてほしい。毎週新しい子とブラインドデートして全員回るのに3493週、つまり67年近くかかるんだ。1970年代後半・北米生まれのボクの寿命はせいぜい70年とちょっと。理想の女性にたどり着く前に間違いなくお陀仏だ。相手の子だってたぶん生きちゃいないだろう。

    以上が自己反省に基づく科学的検証の決定版だけども(訳註:細かな考察は削ってマス)、これ読んでボクと付き合えそうだと思った子は一言メール下さい。でも言っとくけど確率は157 060の1だからね。ボクが君だったら、やめとくと思うなあ。

    Update(2000-04-01): やっと待望のメールが入った。と思ったらこのヒスな女性読者からのメールであった。

    関連/Related:
    ボクの彼女に応募する(フォーム故障中)
    女の子が悪であることの証明:Proof that girls are evil

    Tags: ,

    June 5, 2006

    The 53651 Meme

    "Be part of living history.
    Show future generations
    that you were there when it all started.
    -

    The of all memes was coined by Josh Kopelman last month.;

    "Too many companies are targeting an audience of 53,651. That’s how many people subscribe to Michael Arrington’s blog feed. I’m a big fan of Techcrunch – and read it every day. However, the Techcrunch audience is NOT a mainstream America audience. " - VC: 53,651

    Hey, look what I got in my fav? Time to buy the logo tee?

    Related
    SiliconBeat The 53,651 Meme -- and the Silicon Valley geek echo chamber (<-image source) GigaOM : �� The Myth, Reality & Future of Web 2.0

    Web 2.0撃沈に代わって急浮上中のmeme(新語。模倣の過程で進化する社会概念)、それがこの「53651」。ファーストラウンド・キャピタルの著名エンジェル、ジョーシュ・コーペルマン氏が先月11日ブログに、

    「企業の数がなにしろ多いんだ。相手は53,651の観客なのに。これはマイケル・アリントンの(Web 2.0情報の大御所ブログ)5月時点のフィード購読者数だ。私もファンで毎日読んでるが、TechCrunchを読む人たちがアメリカのメインストリームのオーディエンスというわけではない」(Redeye VC: 53,651)

    と書いて大ヒット。今では「53,651」と言えば「Web2.0ビジネスのターゲット顧客の総数」の喩え(極端だけどね)になってしまった。

    曰く。最近は西海岸から売り込みの電話と言えば、やれ「○○業界の」だの「del.icio.usみたいで○○○」だの、「のキラー」だの。でもシリコンバレーを一歩離れたらそんなの見たことも聞いたこともない人が世の中には五万といる。この地元のフィラデルフィアで聞きまわってみろ。もCraigslistも知らない人ばかりだ。Web2.0のトップ10社の利用ログ見たらアクティブユーザの上位1万人はみな一緒なんじゃないか…(追:氏はTechCrunch広告主。だからこその苦言ってわけね)

    「MySpaceは違うんじゃないの?」みたいな反論があるにはあるが、「会社の数に比べユーザが少な過ぎやしない?」という趣旨には説得力もあり投資家筋から業界人まで広く警鐘が出回った。ギーク・開発者・投資家で成るベータ利用人口がメインストリームになれるかどうかは今後の話だが、バブルを避けるには、そういう醒めた見方も必要ってことだろう。

    TechCrunchは部外者のワタシも時たま読んでる。、買うべき?



    Tags: ,

    June 1, 2006

    Web2.0商標で揺らぐティム・オライリー氏:Tim O'Reilly's Response

    Tim O'Reilly posted in a great disillusion with . "A number of people in the comment thread drew parallels to my Amazon 1-click patent protest, but they left out one important point: I wrote to Jeff Bezos privately first, and went public with my complaint only after he'd given me the brush off." "he stirred up the m*b," Tim blamed Tom.

    Some findings from its comments;
    • David Jones questions why CMP didn't send C&D letter to 'Web 2.0 Conference' in the UK by d.Construct, Mesh, 'Canada's Web 2.0 Conference', and 'Enterprise Ireland's Web 2.0 Conference' by Irish government.
    • posted the reference link to an article about Web 2.0 dated back in July 1999 ) (needs to be verified./update! Dave left another link to below. Thanks!!)
    • Some noted that 's in 2000 without success. Others mentioned that Web 4.0 has already been taken by Dennis Howlett.
    It's interesting to re-read Tim's after all the buzz...


    オライリー・メディア公式サイト)はティム・オライリー氏が1978年に創設したメディア企業。米ケンブリッジを拠点にテクニカルライティングとコンサルティングを主業務にスタートし、'84年にUNIXベンダー向けマニュアルの出版権を獲得。売れ筋は'88年のXlibマニュアル、'91年初版の「が最初で、'92年には世界初のウェブ関連書、'93年には世界初のウェブポータルを生んだ。

    「世界最高のコンピュータ関連書籍の版元」を自任し、ギークが集うを運営。'97年からはPerlカンファレンスなどイベントにも進出、出版・イベント・コンサルの三本立ての事業展開で次代の潮流を形成する技術トレンドをキャッチーな新語(例:オープンソース、P2P、Web2.0)で語り、技術者と投資家、消費者を啓蒙、新市場を創出している―。

    ***

    で、今回の()だけども、個人的には「Web 2.0」の生みの親のティム・オライリー氏が、共有&参加というWeb2.0理念の逆をいく「商標侵害による使用中止命令の発動」を(部下の一存とは言え)提携先に許し、ブログスフィアから総攻撃に遭った点が興味深い。

    氏が考えていた以上に短期間にブログは体力をつけ、Web 2.0は自立歩行のフェーズに入っていた。先頭に立って旗を振ってきた革命の旗手・オライリー氏は、いざ自分が槍玉に上げられて初めてその破壊力に気付き、舵取りの自信を見失ってしまった。結論は早いが、途中経過はそんなところか?

    氏のとコメントを明け方までかかってやっと読んだが(概略はココココ)、こんな一大事にラップトップも持たずベライゾンの電波しか届かない湖畔に旧友といたのは不運だった(氏はT-Mobile、夫人はSprint)。しかもCMPがC&D書状を送った先はよりによって氏の出身地コークだ。民意は嫌でもトム陣営の同情票に傾く。

    氏はMSMがブログ批判を行うと真っ先に擁護してきたゴッドファザーだ。それが、「今回の騒ぎを見て、これまでのに対する信念が揺らいだ」と弱音を吐き、「アマゾンのワンクリック特許に反対した当時の私と比較するコメントも多いが、みんな重要な点を見落としてるよ。私はジェフ・ベゾス本人に直接手紙を書いて冷たくあしらわれるまで世間に不満を公表しなかった」と反論、何故こう出る前に自分に直接来なかったのだ、とラフテリー氏に謝罪を求め、「彼は暴徒を先導した」と書いてしまった。あちゃー。

    ゴッドファザーに”暴徒”と改姓されたブロガーたちは「結局ブロガーもWeb2.0も金儲けの道具か」「失望した」と暗~い反応を残している。ブロゴスフィアが個人攻撃で荒れると被害者は決まってm*b、m*b(*にはoが入ります)呼んで、なんとか気持ちを立て直すものだけど、オライリー氏がそれ言っちゃうとWeb2.0の屋台骨が揺らいでしまうからなあ…

    ピンピンしているのはラフテリー氏の方だ。「Web 2.0とブログがあったお陰で僕は記事を投稿できたし、この巨大マルチメディア企業から謝罪と、そして”商標を使っていいよ”と許可まで得ることができた。それもこれもブログが享受したパワーの賜物だ」とNYタイムズに語った。イベントはきっと満入り御礼かな?

    トムvs.ティムの闘いを一通り眺めた後で昨年9月にティム・オライリー氏が書いたマニフェスト「What's Web 2.0?」(和訳)を読むと、これまた感慨深い。


    その他の拾い物:

    • 2003年11月、イベント開催でオライリー社がメディアライブ社(現在はCMPの一部門)と提携を話し合った際にメディアライブ社がWeb 2.0の商標出願を行った。イベント名称の登録申請と管理はCMPの管轄で、過去にも”Software Development”など会議名に商標を取っている。今回の使用中止命令はオライリー社担当者が氏に事前の相談なく承認し、CMPが送った。(氏本人の釈明)
    • 「これまでにも英国でd.Construct主催「Web 2.0 Conference」、「Canada's Web 2.0 Conference」、アイルランド政府主催「Enterprise Ireland's Web 2.0 Conference」があるが同様の書状を送らなかったのは何故?」(David Jones氏)
    • 1999年にAllBusiness.comはDarcy DiNucci記者の署名記事で「Web 2.0」の定義を試みた。喧伝したのはオライリー社に違いないが、言葉としてはもっと前から存在した?(リンク投稿=Dave Cormier氏/日付けの信憑性は要確認/update! Cormier氏がコメントに2002年のWeb 2.0本 へのリンクを残してくれた。オライリーの発明語というわけではなさそうだ)
    • デイブ・ワイナー氏の会社「UserLand Software」も2000年に「RSS」を商標登録しようとしたがダメだった。
    • 「Web 4.0」はDennis Howlett氏が既に登録済み(未確認)

    関連:
    Web 2.0は登録商標です:Web 2.0 Service Mark
    new! 日経ビジネスオンラインに騒ぎのまとめ「Web 2.0」でイベントをやると訴えられる?!:NBonline」を書かせていただきました。

    Tags: , , ,