February 28, 2006

キング牧師「私には夢がある」:I Have a Dream Speech



"I Have a Dream" Speech
マーティン・ルーサー・キングJr.
1963年8月28日、リンカーン記念公園

原文|映像


この演説は、氏が徹夜で原稿を起こした。

奴隷解放の指導者リンカーンの彫像が聳える石段から満場の聴衆に語りかけた歴史的演説は、“声”に全て集約される。テキストは譜面と考え、音声動画を流しながら読むと良いだろう。

1950年代アメリカ。独立宣言の平等原則はまだ絵に描いた餅。それが、1955年モントゴメリ市バスボイコット(概略)を契機に自由平等を求める公民権運動がにわかに盛り上がりを見せる。この激流をカリスマ的指導力で非暴力に舵取りしたのがキング牧師だ。ボイコットが火蓋を切った当時、氏は長女が生まれてまだ2週間という新米パパ。運動が長引いた影響で'56年には自宅が爆破され、それから死に至るまでの12年間を氏は身を危険に晒し群集の先陣を切って駆け抜けた。


1963年にはアラバマ州バーミンガム市で非暴力抗議デモを先導し逮捕・収監。当局は水砲弾と警察犬を投入し鎮圧に当たるが、これが全米から非難の的となって市内は一時機能停止状態に。結局、市が差別撤廃の要求を受けいれ事態は収拾する。"I Have a Dream"演説はそんな快進撃が続いた'63年、25万人の公民権運動支持者が首都に集結したワシントン大行進のクライマックスを飾るものだった。

翌'64年公民権法が成立、氏はノーベル平和賞を受賞する。'66年投票権法成立。前夜の"I've been to the mountaintop"演説の興奮が尾を引く'68年4月4日夕刻、氏はメンフィス市内のモーテル前にて凶弾に倒れる。享年39歳。

命を賭けて伝える言葉があるとするなら、この演説がそれだ。
悲劇の予兆に満ちた演説の最後に氏は、夢を見る。夢。
自由の鐘が丘という丘に鳴り響き、鎖は解き放たれ、

自由だ、自由だ
おお、全能の神よ、感謝します
とうとう我々は、自由になった―

山々にこだまする鐘の音のごとく氏の声は抑揚を繰り返し、
万雷の拍手に掻き消されて16分14秒の演説は終わる。









本日こうして皆さんとこの場に居合わせたことをとても幸せに思います。これからここで始まることは我々の建国史上、最も偉大な自由のデモンストレーションとして歴史に刻まれることでしょう。

今から100年前、ある偉大なアメリカ人、今の我々にも多大な影響を及ぼした人物(註:背後のリンカーン)が奴隷解放宣言に調印しました。それは不当な処遇に晒され感情らしい感情を焼き尽くされてしまった何百万人という黒人奴隷に明るい希望の松明を掲げる重大な決定でした。捕われの身で過ごした長い夜の果てに見た一条の光、歓喜に満ちた夜明けの光だったのです。

ところが100年経っても黒人はまだ自由になっていない。100年経っても悲しいことに、黒人の暮らしは差別の鎖でがんじがらめにされ手足の自由をもがれたままです。100年経っても黒人はモノが無尽蔵に広がる豊饒の海にポッカリ浮かぶ貧困という名の孤島の住人。100年経っても黒人はアメリカ社会の片隅に追いやられ、ふと気付けば自分の土地にいながらにして異郷の流刑人な自分がいる。だから我々は今日ここに集まった。この恥ずべき状況をドラマに置き換えるために。

ある意味、我々がここにこうして集まったのは首都で手形を換金するためなのです。本共和国の土台を築いた先人は憲法発布と独立宣言の格調高い文を起草した折、米国民一人一人が相続すべきある約束手形に署名しました。それは全ての人、そうです、黒人も白人も含めありとあらゆる人に「生命、自由、幸福の追求」という「奪うべからざる権利」を保証する手形でした。しかし有色人種に限ってみれば今日明らかなようにアメリカは約束を反故にした。この神聖な義務を履行する代わりにアメリカがしてきたことは、黒人に不渡り手形を切ることでした。小切手は「残高不足」の印をつけて戻ってきた。

でも、だからと言って私は正義の銀行が破綻したとは思いたくない。この国が与えてくれるチャンス。その巨大な金庫が残高不足だなど私は頑として信じない。だから、だからこそ今日我々は手形を換金に来たんです。自由と正義の豊かさを我々に保証してくれるはずのこの約束手形を持って。

今日この神聖な場に集まったもう一つの目的、それはアメリカが今すぐ取り掛からなくてはならない課題を社会に提起することにあります。もう頭を冷やせなんて贅沢を言ってる場合ではないのです。ゆっくりやればいいなどと気休めを言っている暇はない。Now is the Time. 民主主義を実現するのは今をおいて他にない。Now is the Time. 今こそ暗い人種差別の荒んだ谷から立ち上がって平等という日の当たる道に進もう。Now is the Time. 今こそ我が国を差別というぬかるみの泥沼から友愛という揺るぎない岩に引き上げよう。Now is the Time. 今こそ神の子すべてに正義を実現する時なのです。

この差し迫った課題をウヤムヤにすることは、国家の存亡に係わる由々しき問題です。黒人が法的処遇に満足のいかない状況はうだる灼熱の夏同様、自由と平等の爽やかな秋の訪れまで続くでしょう。1963年、それは終わりではなく始まりの年。黒人が頭を冷やして現状に満足さえすれば済む、そう考えている人もいざ国が元通りの状態に戻ったら、きっと後味の悪い気分に苛まれるはずなんです。黒人に真っ当な市民としての権利が与えられない限りアメリカには一刻として安息も平安も訪れるということがない。反乱の渦は、正義の明るい日が昇るまで我々国家の土台を揺さぶり続けるでしょう。

ここでひとつだけ、正義の殿堂の暖かな入り口に立つ同志には断っておかなければならないことがあります。正しい居場所を確保するまでは、まかり間違っても過ちを犯さないこと。嫌味や嫌悪の杯で自由の渇きを癒すことだけはやめようじゃないですか。闘争は尊厳と規律をもって進めていかなくては駄目です。抗議行動は創意工夫をもって行い、暴徒にだけはなり下がらない。繰り返します。物理的な力に魂の力で立ち向かう、その高みを我々は目指していかなくてはならないのです。

黒人社会は今また新たな厳戒体勢に包囲されています。これはとても信じがたいことです。でもだからと言って白人すべてを不信の目で見るのはやめにしようじゃないですか。白人の同胞が今日ここにたくさん集まっておられることでも分かるように、彼らの中にも白人が我々と命運を共にする運命にあると見透した人は大勢いるのです。彼らは我々の自由なしに自分たちの自由は有り得ない、それが分かる人たちです。

我々は一人では歩いていけない。
歩き出したら前進あるのみ、そう心に誓おう。
もう後戻りは、できない。

March from Selma to Montgomery, Alabama, 1965 (c. James karales)

People marched from Selma to Montgomery
to press for a voting rights bill in 1965 (c.) James karales
19565年3月、投票権を求めセルマからモントゴメリまで列をなして歩く人々
(Martin Luther King Jr. National Historic Site in Atlantaにて撮影
)


公民権運動に駆けずり回る人を捉まえて、こう尋ねてくる人がいます。「君らはいつになったら満足するんだね?」。私ならこう答えるでしょう。黒人が警察に残虐非道な扱いを受け、口にするのも憚られる恐怖の犠牲となっている間は満足できない、と。旅先でヘトヘトになった体を休めたくともハイウェイ沿いのモーテルにも市街のホテルにも泊まる場所ひとつ見つからない、この状況が改善されない限りは決して満足できない。 黒人の引越しと言えば小さなゲットーから大きなゲットーに移るだけ、子どもたちは「白人専用」の看板で尊厳を傷つけられている、こんなことが続く間は決して満足できない。ミシシッピ州の黒人には投票権がない、ニューヨーク州の黒人は投票すべきものが何一つないと思い込んでいる、こんな状態では決して満足できない、と。まだまだ、まだ満足なんて状況には程遠いんです。 「正義を洪水のように恵みの業を大河のように尽きることなく流れさせよ」(アモス書5:24)。その日が来るまで我々は決して満足することなどないでしょう。

ここに集まった皆さん。皆さんの中には大変な困難や試練を乗り越えてきた方もおられるでしょう。狭い独房から出てきたばかりの方。自由を求めた途端に迫害され、警察の蛮行を前に手も足も出ない地域から来られた方。皆さんは我々が想像しうる限りのありとあらゆる試練に揉まれてきた百戦錬磨の兵です。試練はいつかきっと贖われる、そう信じてこれからも頑張っていこうじゃないですか。

ミシシッピに帰ろう。アラバマに帰ろう。サウス・カロライナに、ジョージアに、ルイジアナに、北の都会のスラムに、ゲットーに、帰っていこう。きっとこの状況は変えることができるし、絶対変わっていく、そう心に信じて。

絶望の淵に溺れてしまっては、いけない。
同志よ、今日私は皆さんにそう言いたい。

King Birth Home: 501 Auburn Ave.キング牧師の生家


今日、明日、仮に困難が待ち受けていようとも私には夢がある。それはアメリカン・ドリームに深く根ざした、ひとつの夢です。

私には夢がある。 「万人は生まれながらにして平等である。これが自明の理であることをここに保証する」、この国家の基本理念を真の意味によって実現する日が来るという夢が。

私には夢がある。いつか、ジョージアの赤土の丘に元奴隷の息子たちと元奴隷所有者の息子たちが一緒に座り、友愛のテーブルを囲む日が来るという夢が。

私には夢がある。いつか、あの差別の熱にうだるミシシッピー州さえもが自由と正義のオアシスに変わる日が来るという夢が。

私には夢がある。いつか、私の子どもたち4人が肌の色でなく中身で判断される、そんな国に住む日が必ずくる。

I have a dream today!

私には夢がある。 差別主義者がはびこるアラバマ、知事は口を開けば州権優位、実施拒否で忙しい、そんなアラバマにもいつかきっと、幼い黒人の少年少女が幼い白人の少年少女と手と手を取り合って兄弟のように仲睦まじく暮らしていける日が来るという夢が。

I have a dream today!

私には夢がある。 「谷はすべて身を起こし、山と丘は身を低くせよ。険しい道は平らに、狭い道は広い谷となれ。主の栄光がこうして現れるのを、肉なる者は共に見る」 (イザヤ書40:4-5:丘と山が逆)


これが我々の希望。この信仰を抱いて私は南部に帰って行こう。

この信仰があれば、絶望の山から希望の石を切り出すことだって叶う。この信仰があるなら、この国に溢れる騒々しい不協和音を友愛の美しいシンフォニーに変えていくことだってできる。この信仰があるからこそ我々は共に働き、共に祈り、共に闘い、共に牢に入って共に自由のために立ち上がることができる。いつかきっと、いつかきっと自由になる日が来る、そう信じればこそ。

その日…その日ありとあらゆる神の子は新しい意味を込め、こう歌うのです。

わが国は汝の国、自由の地なれば、ここに謳わん。
ここは父が骨を埋めた地、巡礼開拓者の誇り高き地なれば、
ありとあらゆる山腹から自由の鐘よ、鳴れ!

アメリカが偉大な国であるならば必ずや実現の日は来るだろう。だから、
ニューハンプシャーの巨大な丘の頂から自由の鐘を鳴らそう。
ニューヨークの雄大な山々から自由の鐘を鳴らそう。
ペンシルバニアのアレゲーニー山脈の高嶺から自由の鐘を鳴らそう。
コロラドの雪を頂くロッキー山脈から自由の鐘を鳴らそう。
カリフォルニアのなだらかな丘から自由の鐘を鳴らそう。

まだ終わりではありません。

ジョージアのストーンマウンテンから自由の鐘を鳴らそう。
テネシーのルックアウトマウンテンから自由の鐘を鳴らそう。
ミシシッピーの丘という丘、塚という塚から自由の鐘を鳴らそう。
ありとあらゆる山腹から、自由の鐘よ、鳴れ!

そして鐘が鳴るその時、
すべての村、すべての部落、すべての州、すべての町から自由の鐘が鳴り渡るその時、私の夢はもっと早く実現の日を迎え、ありとあらゆる神の子は黒人も白人もユダヤ教徒も非ユダヤ教徒もプロテスタントもカソリックも共に手を携えて、あのいにしえの黒人霊歌を歌うのです。

やっと自由になった!やっと自由になった!
おお、全能なる神よ、感謝します。

とうとう我々は、
自由になったのだ!



MLK's Tombstone
Dr. King's Tomb


***
氏とモーテルの一室で自由を語らい、最後の時を共に過ごしたサミュエル・ビリー・カイル牧師(71)は今も各地でキング牧師の夢を子どもたちに語り伝えている。先月この近くの高校に講演で訪れた際の報道記事はこちら。同じく氏の遺志を継いで公民権運動に生涯を捧げたコレッタ・スコット・キング夫人は先月30日、天に愛された。ご冥福を祈りたい。


Related:
オバマの指名受諾演説:Barack Obama's acceptance speech
本演説から45年後の2008年8月28日、バラク・オバマは黒人初の大統領候補指名を受諾した。

TIME: The Last Days of Martin Luther King Photo Essay
キング牧師の日の宿題:What kids learn on Martin Luther King, Jr. Day
キング牧師「私は山頂に行った」:I've Been To The MountainTop
オバマ勝利宣言の「a people」:Obama on Election Night

オリジナル原稿公開のニュース:後半のI Have a Dreamは即興から生まれた、という伝説については氏の息子MLKⅢ氏がCNNで「ある程度は当たってます。6月にデトロイトでも10万人を前にそのバージョンで語っていましたから、それをリハーサルに8月28日の本番に向け練り上げていったんだと思います」と話している。

maclalalaweblog「ことばか、それともメッセージか」:Steve JobsとBill Gatesの演説スタイルとの対比で見るMLK



translated texts here are copyrighted to the translator, **satomi ichimura
【著作権について】以上は音声で鑑賞される際の補足資料として起こした試訳です。教育目的以外の全文転載はお断りします。原文もまだパブリックドメインとはなっていないため教育目的以外の全文転載には版権使用許可が必要です。お問い合わせはこちらまで。:Intellectual Properties Management/ One Freedom Plaza, 449 Auburn Avenue NE,Atlanta, GA 30312/licensing@i-p-m.com/Fax: 404-526-8969

本稿にリンク下さったみなさんの記事も是非ご参考に

February 27, 2006

マイクロソフトのオリガミ・プロジェクト騒動:Microsoft's ORIGAMI Project



(courtesy:PDA México)



So, it's ORIGAMI Project... Click on here or here to see the video on early Microsoft Origami concept images. Screen shots are available here.

According to Seattle PI 'Microsoft mystery device is like iPod', the video has been around for about a year before it appeared at Digital Kitchen’s Web site creating much frenzy in blogosphere over the weekend. For updates, read 'Microsoft's Origami: touchscreen computing, entertainment on the go?' or 'Is Microsoft Dropping Cryptic Hints About a New Gadget? - New York Times.'

Its official site says;
'touch me. hello. do you know me? do you know what i can do? and where i can go? or how i can change your life? you will.... learn more on 3.2.2006'
But Microsoft confirmed that there isn’t going to be a product release on March 2, but we’ll just learn more details. Oh, well...

new! MercuryNews.com | 02/28/2006 | Buzzing about new Microsoft handheld PC: "A number of computer makers will introduce their versions of the Microsoft-designed ``ultramobile PCs'' at the Cebit computer trade show starting March 9 in Germany"

new! WEEK-2 scripts on MS teaser site-->" hi, there...wondering where to find me? i am here... and here... way up here... and down here.... i am everywhere you are... but never in the way... who am i?... find out on 3.9.06...

***

これはマイクロソフトが開発中の新製品「オリガミ・プロジェクト」のイメージ映像。この週末、Digital Kitchenというビデオ会社(マイクロソフトは同社のクライアント企業)のウェブからネットに流出し、Engadgetなどで”iPodの対抗馬か?”と一時騒然となった。

大元の動画は削除されたがココココ(後者がバッファーはスムーズ)で全動画が見れる。時間の無い方はスクリーン・ショットでも感じはつかめるだろう。

このSeattle PIの最新記事「Microsoft mystery device is like iPod」 によれば、この動画はオリガミ・プロジェクト立ち上げの初期段階に作ったイメージ大枠で、もう1年ぐらい前のシロモノらしい。マイクロソフトにしてみれば「この通りなんてことはないし、なんで今頃…」という話だ。

この通りの製品だとしても「iPodの対抗馬」というのとは違い、メールやネット、カーナビ、あとはスタイラスで線描したりXBoxのゲームが楽しめたりの、ポケットPCに近いモバイル端末。「騒ぎ過ぎだよ」というのがバレーの週明けの反応だ。

念のため、このオリガミ・プロジェクトの公式サイトとやらを覗いてみた。
'触ってみて。こんにちわ。わたし誰かわかる?何ができると思う?どこに行けると思う?あなたの人生変えてあげることだってできるのよ、どうやってかって?いずれ…2006年3月2日になったら、もっと詳しいこと教えてあげる'
これはビル・ゲイツやスティーブ・バルマーをイメージして読むとかなりキモい。下の第2週、第3週にはまだリンク先がない。3月2日にアクセスすると第2週にリンクがパカッと開いて「また来週」ってなことで、言われた通り第3週に行くと「あら、また来たの?なんにも無いわよ」ってなオチ…?

やはりここはEngadgetの「オリガミ」続報 Good Morning Silicon Valleyの言う通り「アップルみたいに騒がれたい願望」の現われと見るべきなのだろうか?巷では「これだけ騒がせて何も無かったら承知しないぞ」という声もジワジワと広まっている。笑

new! MercuryNews.com | Buzzing about new Microsoft handheld PC
MSの新型ウルトラモバイルPCは来月9日の独Cebitで公開される。ポータブルDVDと同じ大きさの7インチ。タッチスクリーンを指やスタイラスで触って起動する。キーボードはオプショナル。重量3ポンド未満。サンフランシスコのOQOが提供する既存モデル1,900ドルより格段に安い。インテルの広告ビデオはこちら

new! こちらサイト第2週目の告知。
'あら、来たわね...どこに私がいるか知りたいんでしょ? こっちよ... こっち... ずっと上、こっちよ... ずっと下、ここよ.... あなたが行くところにはどこだっているわ... でもね、あれとは違うのよ... 私が誰かって?... 3.9.06になったら分かるわ...'

―やっぱ9日まで何も分かんないってことじゃん!!

new! Ultra-Mobile PCはキーボなしのXPベースのウルトラモバイルPC。重量2.5ポンド、厚さ1インチ。インテルCeleron MとPentium M搭載。SamsungとAsusから4月発売開始。中国Founder社は6月発売を目指している。価格$600~1,000。マッタク人騒がせな…

February 26, 2006

海外フォトブログに遊ぶ:Viewing Photoblogs.org

When I get tired of reading texts, I view photoblogs, listening to some music. The other day, I visited chromasia, the most popular site on photoblogs.org's top ranking. It's updated by David J. Nightingale, a father of five children who works at the University of Bolton. He says;
'It all started in July 2003 when I began to use some of my photographs to accompany the entries in a static weblog; a little later I set up a separate photoblog using Movable Type, which, on February 5th 2004, became chromasia. Since then I’ve had a number of commissions, licensed images to companies in Brazil, Holland, Romania, the UK and the US, have photographed a handful of weddings with John Washington, and have sold quite a number of prints.'(about)
Viewing his archive photos is such an eye-opening experience (Tiny little arrow at the left corner navigates you to other photos. Click on 'Thumbs' to see its entire portofolio). Was selected by TIME as 50 Coolest Websites 2005.

From his favorite list, I jumped to the frosted landscape in Norway (86.net). Wow! Can you believe it's done by 19-yr-old highschool student?

***

文字に疲れたときは、息抜きに写真を眺める。
例えば昨日は世界中の写真好きが集まるコミュ「photoblogs.org」の上位ランキングから、トップの人気を誇るchromasiaをなんとなく開いてみた。

ここの主はイングランドの港町に住むデイヴィッド・J・ナイチンゲール氏、5人の子どもの父親だ。ボルトン大学で心理学の教鞭を執る傍ら、ずっと趣味で撮り続けていた写真を個人ブログの挿絵に使った延長で2004年2月5日、フォトブログ「クロマシア」を立ち上げた。

それまでは本業と子育てに追われ合同撮影会に参加する暇もなかったが、ブログに出したことで見ず知らずの人からもフィードバックが得られるようになり、世界中の人とリンク。今では英・米・ブラジル・ルーマニア・オランダなど各国企業からも写真の発注が舞い込み、写真仲間のジョン・ワシントンさんと結婚式の写真を撮ったりビジネスの幅も広がった。昨秋有限会社となり、雑誌TIMEが選ぶ2005年の「クールなウェブサイト50選」にも堂々ランクイン。気に入った写真は我々もPayPal決済でウェブ発注が可能だ。

ちょっとアーカイブをご覧いただければお分かりの通り、これはもう片手間なんかではない、プロの仕事だ。「身近な素材」という割には表現の幅がとんでもなく広いのだ。ワタシなんて朝から晩までただボケッと息をしているだけなので、同じものを見て何故こうも違うのか不思議で堪らない。どんどんクリックを遡ってしまう(昨日の写真は左上の小さな矢印、Thumbsで全ポートフォリオが見れるよ)。

で、氏のブックマークリストから、今度はノルウェイの雪景色に飛んでみた(86.net:中国の86じゃないんで数字はspelloutしてね)。クリック一個で別世界だ。これを撮ったマリアさんはまだ19歳の高校生、写真に劣らぬ可愛い子だ。そんな彼女がカメラ片手に雪掻き分けて夢中になって撮るとこ想像してみたり、するわけね。

皆さんは、どんなフォトブログが好き?ワタシはこの二人のブログのようにテキストが無い「写真で勝負」なプレゼンがやはり、好きですね、はい。文字に疲れてるもんで。

February 24, 2006

荒川静香のヘッドフォンはコレかな?:Shizuka Arakawa's Headphone

new!
The photo on Dolby Japan president's blog confirmed it!

←やっぱりそうだった!
「金メダルへの道」©2006 NHK

(courtesy: ドルビー日本支社代表ブログ)





Arakawa's gold medal is the first and only medal won by Japan at these Games, now almost over. So let me talk about it one last time!

Arakawa's coach,Nikolai Morozov said, 'She is like a feather. When she skates, there is no noise.'(KRT Wire) --No Noise. Well, as I mentioned before, Shizuka (静香) means 'scent in a perfect sillness & tranquility,' and she lived up to her own name.

Remember how she was in the waiting room. Sasha Cohen was walking around, eating ice cream(or yogurt), trying to calm down. Irina Slutskaya was tense, repeating the part she cannot miss over and over again. Shizuka was sitting alone, listening to some music.

When the TV camera focused on her, my husband said, "Hey, that's my headphone!"

Bose® QuietComfort® 2 Acoustic Noise Cancelling® Headphones

Having paid $299, he calls it the Rolls Royce of Headphones. It's a must-have travel gadget for frequent flyiers like him, for it completely shuts the noise out. Or it could have been Sony MDR-NC50 Noise Canceling Headphones, which does the same trick for less ($129.99).

Also she was lucky to have stayed away from a pressure caused by USA! USA! or Russia! Russia! chants.

***

フィギュアで一番印象的だったのは待合室の3人だ。サーシャ・コーエンは陶人形のような可愛い顔でアイスクリームかなんかをガツガツ食べながら歩き回って緊張をほぐしている。女王イリーナ・スルツカヤは厳しい視線で難しいパートを何度も何度もなぞってイメージトレーニング、恐ろしいまでのテンションだ。

かたや荒川はと言うと、部屋の片隅でひとり椅子にポツンと座って音楽か何か聴きながら意識の集中を図っている。ワタシはこのピンと張り詰めた横顔がとても美しいと思った。すると…「ん?あれ、俺のヘッドフォンじゃん!」と夫。

言われてみれば、そうかも。ちょっと近過ぎて分からなかったけど、アレはたぶん海外出張者の間で密かな人気の「Bose® QuietComfort® 2 Acoustic Noise Cancelling® Headphones」(写真)だ。定価299.99ドル。夫は「ヘッドフォンのロールスロイス」と呼んで愛用している。もしかしたらボーズの半値以下で同等のクォリティを実現したソニーのMDR-NC50 Noise Canceling Headphones($129.99)辺りかもしれないけどね。あれって本当、ウソのように外部のノイズを遮断できるんす。(評価ブログ→Bose QuietComfort2 - 関心空間)

ウォーミングアップでも米ロ大合唱の中、日本の応援の方たちはヒッソリ。結果的には余計なプレッシャーにならなくて良かった!フィギュアは勝ち負けを争う種目とは少し違うもんね。

***

ロシアでは銀銅順位に不満続出!厳寒のモスクワで「鮨」の伝道に励むアルバートさんブログで先ほど読んだ。まあ、2回転んで銀メダルは「ありえない」ってことか。
ロシア通信伝: ■『日本の形 - 鮨』③ / 荒川選手おめでとう!

米国はメダル25個なのに盛り下がりっ放し、という話はこちら↓
アメリカン・アイドルに敗れた米五輪中継:NBC's Olympic Coverage is Boring

February 22, 2006

アメリカン・アイドルに敗れた米五輪中継:NBC's Olympic Coverage is Boring

NBC’s Coverage of the Olympics is interminably boring.
米NBCのオリンピック中継はダラダラと退屈だ。
NBCOlympics.com - Home

I found others sharing the same thought.
そう思っているのはワタシだけではないらしい。
The Poor Man Institute » The Olympics are boring

The first 5 or 6 days were OK.
盛り上がったのは最初の5、6日だけ。
INTERNATIONAL OLYMPIC COMMITTEE - TORINO 2006

Then came the American Idol...
で、リアリティーTVの王者「アメリカン・アイドル」のご登場である。














GuideLive.com | The Dallas Morning News | Entertainment Columnist Ed Bark:
"
The Olympics were averaging a 12.5 prime-time rating through Wednesday, compared with an 18.7 rating for top-ranked American Idol's Tuesday episodes. That's on track to be the lowest Olympics rating ever, under-delivering the 1968 Grenoble games (13.4 rating).”(プライムタイム枠では火曜夜の人気番組「アメリカン・アイドル」(18.7)に押され、水曜日は平均視聴率12.5の過去最低を記録。1968年仏グレノーブル五輪の記録13.4を塗り替えた

Yet comes another blow from Idol...
アイドルの逆襲は明晩も続く。
Bloomberg.com: Olympic Games Abandoned `American Idol' Roots: Scott Soshnick: ”It was about the only tack he could take after the Olympics drew 16.1 million viewers in the 8 p.m. time slot Feb. 14, compared with 26.3 million for ``American Idol.'' This week, News Corp.'s Fox will run five hours of "Idol'' to compete against figure skating, usually one of the biggest Olympics ratings draws.”(2月14日夜のゴールデンアワーで五輪1,610万視聴者に対し2,630万視聴者を獲得した「アメリカン・アイドル」。今週フォックスは人気種目フィギュアスケートの時間枠に「アメリカン・アイドル」延べ5時間の特番を仕掛け再勝負に挑む)

NBC paid $600 million for the rights to haul in $900 million in ad revenue. No wonder it's full of ads...放映権料6億ドルに対し広告収入は9億ドル。どうりでCMが多いわけだ。
PRIME AD TIME

We saw some historical moment and soap opera. My neighbor, understanding the reason why Shanni withdrew from the group race, was quite upset about his attitude against NBC interviewer, "He treated her like chewing gum on his shoe!"
黒人選手初の金メダリスト誕生。シャニ・デイビス選手の団体戦欠場を巡る騒動もあったが、メダル受賞後のインタビューについて「アナウンサーのこと靴の裏に張り付いたガムみたいに扱うのよ、なんなのよ、あの態度は!」と近所のシェリーはカンカンだ。
Davis Is First Black To Win Individual Gold
USATODAY.com - Davis withdraws from final Olympic race

Wondering why you see so few African American athelets? You're not the only one...
冬季はアフリカ系選手が極端に少ない。そのことで「まるで共和党全国大会だ」と口が滑って袋叩きになったのはHBO司会者ブライアント・ガンベル氏(写真)。夏の競技種目に比べ冬はリッチ&おハイソな国と人種が多い。赤道直下にスキー場があるわけないしね(フィリピンは報道すらされないらしい)。シャニ・デイビス選手もいろいろ苦労があったと聞く。
HBO's Gumbel: Lack of Blacks Makes Olympics 'Look Like a GOP Convention' | NewsBusters.org| Full Script

So far, Japan got no medal. 
日本のメダルはまだゼロか…
Crisscross - News - JOC getting phone calls from frustrated fans over lack of medals

Let's see their figure skating tomorrow!
女子フィギュアに明晩がんばってもらいやしょう!
MSN-Mainichi Daily News: Photo Specials


関連:
ボブスレーとカーリングの不思議が分かるエントリー↓
トリノ五輪みてる on BBC2

注目点があると五輪はこんなにも楽しい。反省。↓
アームレスリング日記:ボブスレーにアームレスリングチャンピオン登場!


続報:


Yes! Japan won a medal... finally.


Japan's Arakawa stuns favorites, wins skating gold - Yahoo! News (SlideShow)

ABC News: Leaders Tumble, and Arakawa Wins Gold"A surprise winner from a surprise country."
---I agree. She's the first Japanese woman to win a gold.

Look at her. I've never seen her smiling this way.

No more angry call for JOC.


まさかの金。良かった良かった。
こんな大口開けて笑う彼女は初めて見たね。
アメリカの中継が待ち遠しい。

(courtesy: REUTERS/Mike Segar ←Bravissiomo!)



Updates! 荒川静香のヘッドフォンはコレかな?:Shizuka Arakawa's Headphone

February 21, 2006

ムハンマドのバラ:Roses of the Prophet Muhammad

Things from Denmark? Humnnn....Andersen, cheese, LEGO, and...yes, yes, Danish pastry!

Iranians love it. So, instead of banning it, they decided to give it a new name, "Roses of the Prophet Muhammad." Sure, it looks like... a rose. If the US House representatives call french fries 'Freedom Fries' at the Capitol Hill, why not Iranian folks do the same!

According to the news last week, a cleric offered a $1 million bounty for killing the cartoonist (there are 12 of them. If the cleric knows it remains unclear). Renaming a flaky dessert, all of sudden, seems a lot more peaceful, impeccant alternative.

At least 50 people have been killed, and it all started from 12 cartoons (click the image below for full image). It could have been anything, but why they published such a provocative material? The editor explained it all.

He argues;
"Jyllands-Posten decided to do it by adopting the well-known journalistic principle: Show, don't tell. "
"And by treating Muslims in Denmark as equals they made a point: We are integrating you into the Danish tradition of satire because you are part of our society, not strangers. The cartoons are including, rather than excluding, Muslims."
Including...but the Islamic society bars any depiction of Muhammad, and we know it, right? How can he include them this way...? If that's what he really meant, these cartoons needed long, long and long captions!

The cartoons reprinted on Magazinet
(Full Size-->
AFP/Getty Images)


デンマークと言えばアンデルセン童話、チーズにレゴにダニッシュ・ペストリー。

…だが、デンマークの風刺漫画に抗議するためテヘランの製菓組合が先週、市内全カフェのメニューにある「ダニッシュ・ペストリー」を「預言者ムハンマドのバラ」に書き換えるよう命じた。

イラク参戦反対のフランスにムカッときた米議員たちが、キャピタルヒルのレストランで「フレンチフライ」を「フリーダムフライ」と呼んで憂さを晴らしたのとパターンは同じ。「その漫画家(実は12人いる)を殺した人には100万ドルの懸賞金」と信者を煽る聖職者までいるらしい。

イラン外相は昨日暴動沈静化を訴え、デンマーク首相も今日やっと「事態は収束に向かっている」と発表した。

この騒動で出た死者の数は延べ50人超。
たった12枚の諷刺漫画でこんなに死ぬなんて…。

イスラム教で偶像崇拝がご法度なのは周知の通りだ。それを知っててわざわざ風刺に描いたのだからデンマークの新聞も性質が悪い。こんなことして世に問わなきゃならないほど、近ごろのヨーロッパはモノ言えぬ空気が広がってるんだろうか…。その辺りの編集事情はユランズ・ポステン紙文化部長のフレミング・ローズ氏自身の釈明に詳しい。

抄訳は小林恭子氏ブログにあるが、この「語るのでなく、見せろ」の、「他の宗教を扱うときと同様の方法をイスラム教にも使った」の次に原文では;
「そうすることで何を言いたかったか。それは皆さんはもう余所者ではない、我々の社会の一員なんだから皆さんのこともこれからは風刺というデンマークの伝統に統合していきますよ、ということだ。あの漫画はイスラム教徒を仲間に入れるためのものであって排除が目的ではない」
とある。これはどうかなあ。あの漫画で伝わる話じゃないような…。

Photos| Slide | Why I Published Those Cartoons by Flemming Rose
Truthdig - Denmark, Iran Near War Over Pastry Naming Rights(satire)

February 19, 2006

シリコンバレーのトリビア⑥:Silicon Valley Trivia Quiz 6

Q:  What's the name of the company
that started from two computers
named Konishiki and Akebono?
「小錦」と「曙」
この2台のコンピュータから始まった企業はどこ?



KONISHIKI
Retired Hawaiian behemoth Konishiki, at 280kg the heaviest rikishi in sumo history, has become a TV personality and popular TV commercial pitchman."
(courtesy photo & texts by japan-zone.com| Sumo)







AKEBONO
"Akebono became the first American to ascend to sumo's highest rank of Yokozuma and the fastest rise to the highest rank in history."
(courtesy photo & texts by Sala-i-Martin's Ake)








A:
Yahoo!
ヤフー

When two Stanford Ph.d. students, David Filo and Jerry Yang first developed and launched their "Jerry and David's Guide to the World Wide Web" in 1994, Yang was using his student workstation named "Akebono," while Filo was managing the search engine on his computer called "Konishiki." Yahoo! was simply their favorite words, though some believe it's an acronym for "Yet Another Hierarchical Officious Oracle." You can find its original meaning inGulliver's Travels.

ス タンフォード博士課程の院生ジェ リー・ヤング氏がモザイク(1993年登場)にハマって勉強そっちのけで作ったお気に入りページのリストに、同博士 課程デイビッド・フィロ氏が検索ソフトを開発してあげてウェブに公開したのが同社の始まり。'94年後半には「ジェリーとデビッドのWWWガイド」とい う、その まんまな名前でデビュー、投資家の目に止まった。

AKEBONOはジェリー・ヤン氏のワークステーション、 KONISHIKIはデビッド・ファイロ氏が検索エンジンを搭載したマシンの愛称だ。「ヤフー」は2人の好きな言葉から取ったが、「Yet Another Hierarchical Officious Oracle(またまた登場、余計なお世話な分類体系型ご神託)」の頭文字という説もある。初出「ガリバー旅行記」 の比較的新しい言葉。

AKEBONO:
Retired in Jan. 2001, he's become a professional wresler. Hasn't lost his fighting spirit.

KONISHIKI:
He survived the surgery, losing 40% of his blood. Released the debut album "KMS' in 2000. KMS stands for 'King Master of Sumo.'



Yahoo!の初代URL:Akebono.Stanford.Edu
Yahoo! Media Relations: The History of Yahoo!
Stanford bio.: Jerry Yang & David Filo
BeH Times : トップITブランドの名前の由来

トリビア⑤:Trivia Quiz 5
|
トリビア⑦:Trivia Quiz 7

February 18, 2006

映画「ダ・ヴィンチ・コード」: Da Vinci Code

On my patio fence, Jasmine has been flowering since early Feb.

In The Da Vinci Code, Dan Brown described "...a pair of late night lovers cuddling to stay warm in a breeze scented with jasmine blossom. The Citroen navigated the Chaos with authority, its dissonant two-tone siren parting the traffic like a knife," and Dan Burnstein's Secrets of the Code points out jasmine blooms in July in Paris, not in early Spring. Who cares!




(Pyramid photo by KM@
Paris-Tokyo)
It also points out that the number of glass panels on Pyramide du Louvre is actually 698, not 666. Well, that's informative...


庭 のフェンスでは今ジャスミンが花盛り。小説「ダ・ヴィンチ・コード」には公園で深夜戯れる恋人たちの頬をジャスミンの香りがやさしく撫でる、という一節が ある。不吉なサイレンが街路をナイフのように切り裂く直前、嵐の前夜の艶かしい春の描写だ。これがダン・バーンスタインの解読書「ダ・ ヴィンチ・コードの真実」にかかると「実際の開花時期は7月」となる。…なもん、どっちだっていいだろう!だが、ルーブル・ピラミッドのパネルが 「666枚というのはウソで698枚が正解」というのは一つ、勉強になった。


Paul Bettany as Silas(contactmusic.com) / Audrey Tautou as Sophie Neveu(Zap2it.com)

The golden duo of Director Ron Howard and Producer Brian Grazer who helped make Tom Hanks a star with their "Splash" and "Apollo 13" this time cast him to play its leading role Robert Langdon. Sony paid $6 mil for the movie right, the biggest thing since Harry Potter. If you're wondering how Hanks looks like, you can view Columbia's official photos here (Click on SkipThisAd). He looks fine, doesn't he?

劇 場版では、映画「スプラッシュ」と「アポロ13」でトム・ハンクスを名優に育てたロン・ハワード監督とブライアン・グレイザー(プロデューサー)の黄金コ ンビが再びトム・ハンクス起用。テレビドラマ化の話を一蹴した原作者ダン・ブラウンにソニーが払った金額は600万ドルで、「ハリー・ポッター」以来の破 格値という。「スター・ウォーズ」封切日でお馴染み、5月19日(日本時間20日)に世界一斉ロードショー。

ロバート・ラングドン扮するトム・ハンクスの 公式フォトはこちら(広告右上の"SkipThisAd"を押してね!)。髪型のせいか思ったよりイイ線いってる。今から上映が楽しみだ。

Sony Pictures - The Da Vinci Code
The Da Vinci Code » Book Reviews » Official Website of Dan Brown
IMDB 'The Da Vinci Code' (2006)
Da Vinci Code, The (2006) Message Board Forum

↓The Da Vinci Code and Its Decoding Families in Japan.

February 16, 2006

ズタズタの「万里のファイアウォール」公聴会:Great Firewall

大事な部下を引き抜かれては椅子をぶん投げて「エリック・シュミットめ、絶対埋めてやる」と荒れるマイクロソフトスティーブ・バルマーCEOも、中国を前には宿敵グーグルもろとも手負いのアナキンだ。

情報検閲と秘密警察―この踏み絵を踏まずしてネットユーザ1億1千万人の宝の山・中国には入れない。俗に言う 「Great Firewall(万里のファイアウォール/インターネット版万里の長城)」。アメリカのトップ企業が今最も頭を痛めている問題である。

昨日の米下院小委員会公聴会では選択の余地なく中国の踏み絵を踏んで非難轟々のグーグル、マイクロソフト、ヤフー、シスコの代表が(いやいや)出廷し(しぶしぶ)証人喚問に応じた。

トム・ラントス民主党幹事(下院国際関係委員会)「諸君の中国における忌々しい行動は恥だ。それでよく君たちの社長は夜眠れるな、私にはただただ理解できんよ」

ヤフー「(メールアカウント情報引渡しで反体制ジャーナリストの逮捕・収監(なんと懲役10年!)に加担した同社。中国の法に従うことは)大きな苦渋の選択だった」

グー グル「(検索結果に自動検閲の導入を決めたことは)歓迎すべきことでも自慢できることでもないが... 最終的には中国国内ユーザの利益になると信じる道を選んだ。[中略] 中国で事業をするためには自己検閲という、当社の基本理念および企業責務の根本に反することを受け入れなくてはならない。それでも中国進出を決めたのは、完全でないにしても全体として見れば中国国内の情報アクセスの拡大に貢献できると判断したからだ」

ジム・リーチ共和党議員(下院アジア太平洋小委員長)「(グーグルに対し)それではまるで中国政府の手先ではないか…これは驚いたね」

マイクロソフト「(反体制ブログのアクセスを遮断した同社は情報自由化実現のためにも中国駐在は必須と主張)表現の自由を推進することは、損失より利益の方が遥かに大きい」

ク リス・スミス議員(人権委員会主席)「利益のために暴政と手を組むなど、あってはならん。[中略]  それはつまり情報統制と秘密警察の両方に積極加担するということだ。中国の秘密警察と言えば、残虐なことでは地上に類を見ないものの一つ。君たち企業はそれをどこまで分かってるのかね。それとも甘く見ているのか。こんな協力関係は悲劇だ。その協力によって拷問を受けている人々が中国にはいるんだ」


「悪と手を結んでまで金儲けがしたいのか!」と問われれば「企業ですから」と答えるしかないだろう。現段階では。相手は世界一の巨大市場となる中国だ。外で指くわえて見ていたら企業生命にかかわる。

中国が具体的に求めてくるのは①国外反体制コンテンツの検閲&ブロック、②テロおよびポ*ノ系コンテンツの禁止、③ISPへの政府検閲実施の強制など。昨年から検閲は格段に厳しくなった。

「これはもう、一企業、一業界で対処できる問題ではない。ヤフーが単独で解決するなど…とても無理だ。政府の助けが要る」、ヤフー のシニアVPコラハン氏は音を上げた。

スミス議員は「反検閲技術(countercensorship technologies)」に資金援助を募り、ネット検閲技術の輸出に許可申請を義務付け、メールサーバは中国国外に置いて反体制分子の捜索協力を逃れることなど盛り込んだ議案を起草中。早急なガイドラインの作成が望まれる。

関連
MercuryNews.com | Lawmakers rip tech giants for helping Chinese repression
激しさを増す中国の情報統制 East Asia News Watch/ウェブリブログ
ブログ界の正論:中国のネット規制 - livedoor Blog(ブログ)
中国にあるウェブサイトを撤去せよ--米議会で法案提出へ-CNET Japan

February 15, 2006

吉報「鮨」:Isoda wants to talk with you, Rudd-Crunch

Mr. Isoda of Asmik-Ace Entertainment, Inc. (distributor of "Documentary on Japanese Sushi" original) sent Tian an e-mail to apologize for having caused such an anguish without knowing the DMCA attack may imply 'shutting down if the host doesn't comply with the request,' and Tian, of course, welcomed it.

Now, at the end of all those events, the big announcement came from Mr. Isoda.
Dear Rudd-Crunch;

People say that, thanks to (due to?) your English sub-version, our SUSHI Video has spread all over the States, and we're pretty much interested in your talent. I want to talk with you. Just give me a call or e-mail me (Satomi got my contact info.). Don't worry. It's NOT for suing you or anything like that.

Sincerely,
Atsuhito Isoda
Asmik-Ace Entertainment, Inc.

Congrats, RC. Forget about Monja for a while, and just come out. We'll be here waiting for the sequel coming out soon. Next time, with your name on it. Good luck!

new!-I've just got an e-mail. They're gonna see on next Wed. Hooray!!
new!-Here's his profile and blog entry; Offering Booze to a Deity in Kowloon: Meeting with Asmik Ace Entertainment Executive.

***

「鮨」 版権エージェント、アスミック・エース社担当・磯田氏が、予期せぬ誤解を招いた点につき釈明しTianさんとの行き違いは氷解。DMCA停止勧告はホストに送るものだが、GVはクリック数個で再生画面そのものがサイトに転載できてしまうため()、あたかもホストのように見えてその実体はリンクという紛らわしい面もあり混乱を招いたようだ。

米国でRemoval Noticeと言えば受信者と送信者双方が全文コピーを登録・検索・閲覧できるオンラインのデータベースもあり(こちら)、誰が誰にどういう勧告を送ったかは登録があれば一目で分かる。似た状況で英文が必要な方はご参考にされると良いだろう。

さて、すったもんだの最後に嬉しいニュースをひとつ。
磯田氏がRudd-Crunch君と話がしたいと言っている。

Rudd-Crunch氏作”US字幕版”のおかげ(せい?)で、”鮨”が一気にアメリカに広まったと言われています。その”才能”に非常に興味があり、会って話がしたいので、連絡ください(連絡先はワタシ=satomiが持ってます)。”訴える”とかでは無いので、ご安心を!(担当・磯田)

んん?……さては夢の続編化か?
おーい、RC!モンジャ掻き回してる場合じゃないぞ、今すぐ出てこーい!!! 

***

new!-早速連絡あり。来週水曜初会合とのこと。楽しみな展開になってきました!
アスミックエース社の迅速かつ誠意あるご対応に深く感謝します。
new!-RCもといCoal氏のプロフィールはこちら
new!-Coal氏ブログに会合の詳細がUPされました!→Offering Booze to a Deity in Kowloon: Meeting with Asmik Ace Entertainment Executive

February 14, 2006

岡倉天心の「茶の本」:The Book of Tea by Kakuzo Okakura

Asked about a must read for anyone interested in learning Japanese culture and philosophy, my friend told me there are two bibles; one is "Bushido: The Soul of Japan" by Inazo Nitobe (1900: Full Texts) and another is "The Book of Tea" by Kakuzo Okakura (1906: Full texts). Both were written in English a century ago, when Japan still remained little known to the rest of the world.

Nitobe studies abroad for 6 years and lived in the States with his American wife after the retirement and published this. Okakura had no experience of studying abroad, and yet, his words are utterly simple and true to their meanings. My favorite quote is this;

In the trembling grey of a spring dawn, when the birds were whispering in mysterious cadence among the trees, have you not felt that they were talking to their mates about the flowers?
Surely with mankind the appreciation of flowers must have been coeval with the poetry of love. Where better than in a flower, sweet in its unconsciousness, fragrant because of its silence, can we image the unfolding of a virgin soul?

The primeval man in offering the first garland to his maiden thereby transcended the brute. He became human in thus rising above the crude necessities of nature.
He entered the realm of art when he perceived the subtle use of the useless.

- Chapter-VI. Flowers

***

 春の夜明け、ぼんやりとした明るみの中、小鳥達が梢の先で不思議なリズムを交わし合うとき、それは仲間に花のことを語っているのだとは思いませんか。人も恋をすると花に心をひかれます。何も言わない、ただただ甘い香りの花ならば、乙女心もとかすのでは。

 原始時代の男は、好きな女性にはじめて花輪を捧げたとき、それによって獣(けもの)のこころから脱け出しました。野性をおさえて、人間らしくなったのです。そして無用と思っていたものにも微妙な使い途があることを知り、人は芸術の世界に足を踏み入れたのです。

-「茶の本」第6章-花(関谷雄輔)




上記2冊は日本を知りたい人の必読書。どちらも今から100年前に英語で書かれた。ワタシが好きなのは岡倉天心著「茶の本」(原文)の「第6章-花」だ(上記)。訳文もいい。しかも有難いことにウェブで全文読むことができる。

***

On Feb. 10 1904, when Japan launched the war against Russia, Okakura was in NY, walking down the street wearing a traditional Japanese clothing, Hakama. Asked by a few youngsters like "Which nese are you? Japanese or Chinese?," Okakura quickly responded "Which kee are you? Yank*e, Monkey or Donkey?" and walked away. What a guy... I wish I had the guts to try the same in downtown San Francisco...

因みにこの岡倉。1904年2月10日の日露開 戦当日は袴と雪駄履きというコテコテのいでたちで門下生を引き連れNYの町を歩いていた。道で若者に” Which nese are you? Japanese or Chinese? ”と聞かれると、すかさず”Which kee are you? Yankee, Monkey or Donkey?”と返しスタスタ歩き去ってしまった逸話の持ち主でもある(関谷氏サイトより)。

***

Here's a clip from today's photo blog, Paris Tokyo.
KM's photo collection from Nikko trip is my favorite.


写真ブログ「ParisTokyo」より。日光回廊は光の加減が懐かしい。

February 9, 2006

美容師トニーの物語:Boat Exodus from Vietnam

"We Chinese don't cut our hair for the first three days of Chinese New Year," said Tony who takes care of my hair. I asked him why, and he said, "Because they believe if you cut your hair, you lose your fortune.... You lose money."

Was Jan. 29th, the first day of the Year. There was no other customer but me. Getting a little uneasy, I asked him, "Then how come it's open today?" Then he said,

"We opened it ALL FOR YOU!!"

Suuuure.

***

When I first visited his salon, he asked me what I do, letting me sit down. As he found out I write things, he unfolded his own story, cutting my hair.;

Before coming to the States, his family was in Vietnam. During the war against China, things were getting messy, so they decided to take the last chance to get out of the communist-controlled nation. They paid significant amount of bribe to the goverment officials to get them a boat. The old boat was packed with 100+ Chinese riches.

As they sailed away, pirates came over to shoot them. Chinese refugees kept all their valuables with them and they were the best target. Tony, then 14 yrs old, heard a lot of such stories as other boats being attacked, refugees killed and ripped by pirates. The unsettled sail lasted for weeks.

When they finally found the dock, the boat was attacked one last time, and this time they got four bullets on below deck. They stuffed the holes to keep the water out, and on the fourth day, they landed.

It was a morning after when Tony saw the boat sink.

"...so, if I stayed there one more night, I would have died," said Tony, clearing the hair from my shoulders. "Some sink, some survive. It's all about luck."

Leaving the salon, I looked down my watch. I was there only for 20 min. (If you wanna know more about boat people, read here.)

***

I liked the way he cut, so I referred my neighbor, Shizuka, to him. In Japanese, Shizuka means 'tranquility' or 'calm', and she is by no means 'shizuka.' This outspoken Shizuka was the first to call him KOBUHEI, because he looks like the Japanese traditional entertainer(below).
We loooove KOBU-chan.


KOBUHEI HAYASHIYA
(courtesy: japan-zone.com)

***

ワタシの行きつけの美容師は中国系、名をトニーという。近所のうるさい静香は愛情込めて彼を「こぶ平」と呼ぶ。言われてみれば師匠(↑)に瓜二つなのだ。

1月29日は中国暦で元旦。髪を切りに行くと、店の片隅で店員さんたちがたむろってドンブリと札ビラで賭博に興じているほか客足はない。うおっ、ラッキー、貸切りだ、貸切り!! 喜び勇んで席に着くとケープを回しながらトニーはこう言う。

「中国では正月3が日は髪切らないんだよ、悪運呼ぶからね。迷信だけどさ。みんな髪切るとビンボーになるって信じてんだよ」

これでフロアが閑散としている理由は分かったが、何かひとつ腑に落ちない。
「じゃあ、なんでお店開いてるの?」
もう切り始めているトニーに向かって試しに聞いてみた。

するとこぶ平のヤツ、両手広げてこう言うのだ。
「ああ、君が来ると思って開けといたんだ。貸切りだよ、貸切り!うはははは」
うりゃ~、ワタシに(これ以上)貧乏になれってか?!

***

トニーに話を戻す(戻ってるって)。初めて彼のお店に行ったのは1年前。ワタシがライターだって聞くと、「ふぅ~ん」と言いつつ彼はこんな話をしてくれた。

(チョキチョキチョキ…)
トニー「ココ来る前はね、ベトナムいたんだ、そう華僑。でも戦争が始まっちゃってさ、中国が相手だから危ないでしょ、逃げることに決めて家財道具売って、うんと賄賂掴ませて共産政府にボート用意してもらったんだ。そりゃ、もんのすごく払った。その割には出てきたのはボロボロのボートでさぁ……あ、後ろはパーマんとこ全部切っとくよ」

ワタシ「OK」
トニー「…1艘に100人以上は乗ってたかな。なにしろ金目のものは全部持ってるだろ?海賊の格好のターゲットなんだ。海に出るなり襲って来るんだよ」

ワタシ「あー海賊といえば日本人が誘拐されて大変だった。まだいるんだね」
トニー「いるもなにもライフル平気でぶっ放してくる連中さ。どこから入手するか分かんないけど、持ってる武器がすごいんだ。俺はまだ14歳だった。殺されたり身ぐるみ剥がれたり、それは怖い話はいくらでも聞いたさ。で、何週間も何週間もボートに揺られてやっと港が見えてきたところで、また襲われた。今度は船底に4発当たって穴が開いたんで、もう、みんなで慌ててボロきれ当てて交代でがんばってさ……前髪梳いとく?」

ワタシ「え?ああ…テキトーでいいよ」
トニー「そう。…で、やっと4日目に上陸できた。そしたら朝になったら船が沈んでやんの。あのままもう1晩遅かったら俺も海に沈んでたってこと。さすがにその時は血の気が引いたよね」

ワタシ「……」
トニー「沈んでたらココにもいなかっただろうし、まあ、全てのことはLUCKだね。沈む船、沈まない船。それを分けるのはLUCKさ。…はい、出来上がり!」

店を出て時計を見るとまだ20分しか経っていなかった。

February 6, 2006

スーパーボウル2006ベスト広告はコレだ!:FedEx Ruled Super Bowl 2006!

FedEx rocks!

ミック・ジャガーは化けモノだ。還暦過ぎてなんじゃい、あの細っこい体は!声は!エネルギーは!!! さすがボノの次にチケットの高い男。すご過ぎる。というのがハーフタイムの(随分おざなりな)感想。

片や広告枠。ハーフがノー・ギャラで広告が地上最高値ってことはご承知の通り。今年のNO.1は何か?それはもう、FedExの一人勝ちでしょう!!!! 

そしてなんと、同じビデオクリップがもうGoogleVideo(GV)に登場した。


FedEx: Stick
by FedEx(49 sec/02.05.2006)

【解 説】The spot opens with a caveman dressed in animal skins tying a stick to a Pterodactyl's leg. As the Pterodactyl takes off into flight it is attacked by a Tyrannosaurus Rex and the stick falls to the ground. The caveman, saddened by the event, enters his boss's cave to tell him the bad news. The boss responds by firing him for not using FedEx. The caveman pleads with the boss explaining, that "FedEx doesn't exist yet," but the boss does not seem to care. Frustrated, the caveman storms out of the cave and kicks a baby dinosaur that is crossing his path. As if his day is not bad enough, the spot ends with him being stepped on by a huge Brontosaurus foot. The moral of the story is then disclosed in the end frame, "Next time, use FedEx." This commercial aired during the 2006 Super Bowl.

(訳)獣の皮を着た洞窟暮らしの原始人登場。翼手竜に一本の棒を括りつけている。翼手竜は飛ぶなりティラノザウルスXに襲われ大事な棒が地面にぽろん。落ち込む原始人。洞窟に戻って上司に不始末の報告をすると、怒った上司はなんでFedExを使わなかったのだと彼をなじってクビにする。「だってFedExはまだ存在しないじゃないか!」と上司に許しを請う原始人。上司は完全無視だ。頭に来た原始人は洞穴を飛び出し、目の前を横切った恐竜のベイビーを蹴っ飛ばす。と突然、頭上から巨大なブロントザウルスに踏み潰され CMは幕。エンディングのナレーションはこうだ。「Next time, use FedEx.(次回はFedExを使え)」。


new!全CM完全リンクはこちら。とにかくPizzaHutの評判が最悪だ。HUMMERが日本生まれというのは発見かも。↓
Super Bowl XL Commercials on Google Video