September 1, 2014

イケアカタログの家具は75%がCG:75% Of Ikea’s Catalog Is CG

First CG furniture, a chair called 'Bertil', appeared in the Ikea catalog in 2006
2006年カタログに初掲載されたCG家具「Bertil」

イケアの家具は「25%がCG」というのは2012年の話で、今はカタログの家具の実に4分の3がCGらしい。なぜ移行したのか? CGSocietyに写真担当のSIGGRAPHのプレゼンの話が載ってるのだけど、特にここ、面白かった。

"[...]When it comes to the big internal IKEA world, if you like - there were also sceptics. There were people who said, ‘It’s CG, so it can’t be as good’. But the real turning point for us was when, in 2009, they called us and said, “You have to stop using CG. I’ve got 200 product images and they’re just terrible. You guys need to practise more.” So we looked at all the images they said weren’t good enough and the two or three they said were great, and the ones they didn’t like were photography and the good ones were all CG! Now, we only talk about a good or a bad image - not what technique created it.” - Martin Enthed, the IT Manager for the in-house communication agency of IKEA

「イケア社内には(CGに)懐疑的な人もいた。『CGじゃあ本物より良くなくてもしょうがない』という言い方をする人もいた。 ところがやがてそれをひっくり返すターニングポイントが訪れた。あれは2009年のことだ。呼びつけられて、こう言われたんだ。『CGなんてもう使うのやめろ。製品画像200枚もらったけど、ひどいのなんの。もっと(CGの)腕上げろよ』。早速ひどいと言われた画像を全部見て、いいと言われた画像2、3枚を見てみた。そしたら文句つけられたのは写真の方で、褒められたのは全部CGだったんだ! あれを境にそれからは製作工程に関係なく、『いい写真、悪い写真』という言い方しかしなくなったよ」―イケア社内広報ITマネジャー、マーティン・エンスーズド氏


[CGSociety] via Fast.co.DESIGN]

0 comments:

Post a Comment