August 28, 2014

9歳少女が短機関銃で射撃場教官を誤射殺(動画):9-Year-Old Girl Accidentally Kills Shooting Range Instructor



Obviously she was too small to handle the Uzi submachine gun. What a loss.

アリゾナの射撃場「Last Stop」で月曜、9歳少女にUziサブマシンガンを持たせて撃ち方を指導していたインストラクター(37歳)が少女に撃たれて死亡した。

上の映像は両親が携帯カメラで撮ったもので、保安局が公開に踏み切った。あまりの無防備さに全米で物議を醸している。

アリゾナでは射撃に年齢制限はない。国の法律では18歳未満の銃所持は違法だが、射撃場でやるぶんには合法だ。今回の射撃場の対象年齢は8歳以上で、「AK-47アサルトライフル、コルトM-16自動小銃、MP5/40、 FN FAL、ブレン軽機関銃、M4、M249、M60、PKM、M203グラネードランチャー」の使用も認めていた。オーナーは「長年やってるが、こういうことは初めてだ。方針を見直す」と言っている。

使われた銃器のUzi(ウージ)は軽い割に反動が大きく、握りが浅いと上に逸れるので大人でもトリッキーらしい。映像を見ると、最初の1発が的に当たって「いいぞ、フルオートでいこう」と褒められ、オートマチックモードに切り替えているのがわかる。この2回目で手がブレて教官の頭に当たった。動画ではそこは削除されている(←訂正)。ほんの一瞬の出来事で、まったくこれじゃあ、死んでも死に切れないよ…。

アメリカでは2008年にもコネチカット州の8歳少年がガンショーで誤射して自分を撃って亡くなっている(それ以後、同州では16歳未満の子はマシンガンに触れなくなった)。


[NYT]

0 comments:

Post a Comment