July 25, 2014

マレーシア航空17便撃墜vsイラン航空655便撃墜。奇妙な類似点(追記あり): Malaysian Air 17 v. Iran Air 655

History repeats itself. Look what Fred Kaplan found.

Malaysian Air 17
Iran Air 655
When
July 17, 2014
July 3, 1988
Where
Civil war zone in East Ukraine, 40 km west of Russian border
Tanker War zone in Strait of Hormuz
Fatalities
298
290
Who
(Unconfirmed) Pro-Russia rebel mistook the Boeing 777 for  a Ukrainian military-transport plane
UPDATE: Russia denies it.
U.S. Navy captain, Will Rogers III, mistook the Airbus for an F-14 fighter jet
How
Russian SA-11 surface-to-air missile 
UPDATE: or Ukrainian SU-25
American SM-2 surface-to-air missile
What government did
Russian officials told various lies to cover up and blamed the Ukrainian government
UPDATE: or Ukrainian officials are lying.
U.S. officials told various lies to cover up and blamed the Iranian pilot. Eight years later it compensated the victims’ families, expressing deep regret, not an apology. > More on Slate


ジャーナリストのFred Kaplan氏が四半世紀前、イラン航空撃墜事件で政府の嘘を追いかけたボストン・グローブ記者当時の取材ノートを引っ張りだし、今回のマレーシア航空機撃墜事件と対比する記事を書いていたので、表にまとめてみた。歴史は繰り返す。

マレーシア航空17便撃墜事件
イラン航空655便撃墜事件
When
2014年7月17日
1988年7月3日
Where
ウクライナ東部の内戦ゾーン。ロシア国境の西40km
イラン・イラクのタンカー戦争の舞台となったホルムズ海峡
死者
298名
290名
Who
(推定) 親ロシア派勢力。ボーイング777型機をウクライナ軍用輸送機と誤って撃墜
追:ロシアはウクライナ軍だと主張
海軍ウィル・ロジャース艦長がエアバスをF-14戦闘機と誤って撃墜
How
ロシア製BUK SA-11地対空ミサイル
追:ロシアはウクライナ軍のSU-25地対空ミサイルだと主張
アメリカ製SM-2艦対空ミサイル 
政府の対応
ロシア政府高官は隠蔽工作で嘘を重ね、ウクライナ政府の責任だと非難
追:ロシア側はキエフの証拠写真が捏造だと発表
アメリカ政府高官は隠蔽工作で嘘を重ね、イラン人パイロットのせいにした。8年後遺族に賠償金を払ったが「遺憾の意」を表明しただけで、謝罪はしなかった。More on Slate


UPDATE:
New evidence suggests MH-17 was shot down in an air-to-air strike. 
マレーシア機からマシンガンのような弾痕が見つかった。つまり地対空ではなく戦闘機。となるとたぶんウクライナによる撃墜の可能性が強い。

0 comments:

Post a Comment