June 13, 2014

W杯応援中は心臓発作が3倍になる(但し勝つと減る): Watching Your World Cup Team Triples Your Heart Attack Risk

PubMed via New Republic

Wilbert-Lampern and his colleagues calculated that Germans’ risk of ending up in hospital for a heart attack or cardiac arrhythmia was 2.66 times greater on match days involving the German team than during the control periods. [...]The outlook was especially ominous for men: Their risk more than tripled on match days, swelling to 3.26 times higher than the normal rates. Women’s risk didn’t quite double—increasing only by 1.82 times. - New Republic
But another research found that less French died from heart attack on the day when France beat Brazil to win the 1998 World Cup title (for men, 23 versus 33 average per day).  In contrast, England saw 25% increase in hospital admissions for heart attack when England lost to Argentina in 1998. (source: Daily Mail)

2006年ワールドカップ開催中、ドイツ代表チームの試合日に心血管系疾患でミュンヘンの病院に担ぎ込まれた人の数を調べてみたら、普段の2.66倍だった。

ひどいのは男性で普段の3.26倍という数字だ。対する女性は1.82倍で倍にも満たない。

特に突出したのは接戦の対アルゼンチン戦、ここ一番の重要な局面で負けた対イタリア戦(グラフ参照)。

因みにロサンゼルス大地震のとき心臓発作で死亡した人の数は普段の5倍らしい。

優勝国は心臓発作で死ぬ人が減る

ではどんな試合でもW杯はポックリが増えるのかというと、そうとは限らないようだ。

1998年W杯決勝で主催国フランスがブラジルを下した日には、フランスで心臓発作で死ぬ人がガクンと減る現象も確認されている。男性は普段、1日平均33人が心臓発作で死んでいるのに、その日に限って23人しか死ななかった。

同じ1998年でも英国ではアルゼンチンに負けた日、心臓発作で病院に担ぎ込まれる人の数が25%増えている。



0 comments:

Post a Comment