May 23, 2014

アマゾンがベゾス本出版元いじめ:Amazon vs. Hachette

So...it was not only Mrs. Bezos who didn't like that book?
For several months, Amazon has been quietly discouraging the sales of Hachette’s physical books by several techniques — cutting the customer’s discount so the book approaches list price; taking weeks to ship the book; suggesting prospective customers buy other books instead; and increasing the discount for the Kindle version.
It reminds me the time when Steve Jobs banned all the books from iCon publisher John Wiley & Sons from Apple Stores.

アマゾンがブラッド・ストーン著「The Everything Store: Jeff Bezos and the Age of Amazon(ジェフ・ベゾス 果てなき野望)」に怒ってるのは知ってたけど、なんか昨夜から同書の版元Hachetteの出してる本があちこちで妙なことになってる。

NYタイムズが伝えたもの。

J.K. ローリングの新作も「在庫なし」、The Everything Storeのペーパーバック版も「在庫なし」。ハートカバー、ペーパーバックともに消えてる今夏発売予定の小説もある。

Hachetteに対する嫌がらせは数ヶ月前からのもので、手口は例えば…


  1. 割引きを削って定価近い値段にする
  2. 発注から配達に何週間もかける
  3. 「こっちの本の方がいいですぜ」と他の本をすすめる
  4. Kindle版だけなぜか割引きを増やす


といったサブリミナルなものだったが、一挙に表に出たかたちだ。




すごいな。その昔、「iCon」に腹立てて版元ジョン・ワイリー・アンド・サンズの書籍をアップルストアで発売停止にしたスティーブ・ジョブズみたいね。



[NYT]

関連:アマゾンを敵にまわすな

0 comments:

Post a Comment