January 21, 2014

リチャード・シャーマン舌禍を詫びる:Richard Sherman apologizes for postgame rant

Sherman: Well, I’m the best corner in the game. When you try me with a sorry receiver like (Michael) Crabtree, that’s the result you are going to get. Don’t you ever talk about me.(Who was talking about you?) Crabtree. Don’t open your mouth about the best or I’m going to shut it for you real quick. LOB! (Legion of Boom=Seahawks' defense)

リーグ最強のコーナーバックは俺だ。クラブトゥリーみたいな惨めなレシーバーと張り合わそうとするからこうなる。二度と俺のことツベコベ言うんじゃねえ。(誰の話?)クラブトゥリーよ。最強がどうこう大口叩くんじゃねーよ。今度そんな口叩いたら俺がすぐ塞いでやる。LOB(リージョン・オブ・ブーム=シーホーク守備)!

50-50 with 22 sec remaining and Richard Sherman made the deflection, sealing the Seahawks' 23-17 victory over San Francisco 49ers. Well, he has every reason to brag about... Funny that Sherman is a communication major from Stanford:D   Further reading: "Richard Sherman lives 'on the edge,' says Stanford's David Shaw"

23-17で迎えた日曜のシーホーク対49ersNFC決勝。勝率五分五分で試合時間は残り22秒という局面で、49ersマイケル・クラブトゥリーに投げられた最後の逆転タッチダウンをリチャード・シャーマンが弾き(写真下)、シーホークスは2度目のスーパーボウル出場を決めた。

AJonathan Ferrey / Getty Images
 via San Jose Mercury News
すると歓喜のあまり試合直後のインタビューでシャーマン節が炸裂(動画上)、怒りのツイートが集中した。

シャーマン選手は物騒なダウンタウン出身で父親は清掃車運転手。ストレートAの学年2番目の成績で高校を卒業し、スポーツ奨学金でスタンフォード大に進学した(母校では半世紀ぶりの快挙)。

クラブトゥリー選手とは、義援金集めのイベントで掴み合いの喧嘩になりかけて以来の犬猿の仲だったようだ。

謝罪は行ったものの、怒りのツイートがだいぶひどかったようで、キング牧師(MLK)の日の昨日は、「夕べの一件で人種差別が健在なことがわかった…本当に悲しい…MLKの夢をリスペクトしてる人もいるけどね」とショボくれている。


今朝の新聞読んだら、スタンフォード在学当時はダウン症の子たちにスポーツ教える活動に真っ先に手をあげて参加して最初から終了後までいたり、柄の悪いダウンタウンの学校に寄附を募るチャリティー団体を設立して10万ドル集めたり、いい奴みたいだけども…

「リチャード・シャーマンの暴言の前にはカニエ・ウェストの暴言など小学生レベルだ」と言われる暴言男シャーマン選手だが、スタンフォード大ではコミュニケーション専攻だった。

試合経過ごとの勝率推移 via Philly.com

0 comments:

Post a Comment