January 16, 2014

43℃の酷暑でスヌーピーの幻覚訴える選手も(全豪):A player sees Snoopy on court in heatwave at Australian Open

Frank Dancevic (c) AP
”I was dizzy from the middle of the first set and then I saw Snoopy and I thought, 'Wow Snoopy, that’s weird,'" Dancevic said. "I couldn’t keep my balance anymore and I leaned over the fence and when I woke up people were all around me.” - UPI

「第1セット中盤からめまいがして、そのうちスヌーピーが見えてきたんで、『わおースヌーピー。なんでここにいるんだ…』って思った。もうバランス保ってられなくなってフェンスによりかかって、目が覚めたときには周りを大勢の人に取り囲まれていた」―フランク・ダンチェビッチ選手(カナダ) 
The Australian Open invoked its extreme heat policy after Jamie Murray was treated for heatstroke. It's the longest heatwave in Melbourne history since 1908 when there were five consecutive days over 40 C.  Some notable records on Tuesday here.  On Wednesday it was even hotter at 109 F (43 C), and the forecast is for 111 F (44 C) on Thursday. Only Andy Murray, a bikram yoga practitioner, could survive this heat...

1908年の記録(5日連続40℃超え)に次ぐ長丁場の酷暑がメルボルン全市を襲い、全豪オープン主催者が昨日、日中の試合延期を決めた。昨日は43℃を超え、今日は44℃の予報。会場では暑すぎていろんな予期しないことが起こっている。

・中国の彭帥(ポン・シュアイ)選手:奈良くるみ選手と試合中、吐く「時間稼ぎ」と反則とられる

・クロアチアのイワン・ドディグ選手:「終わる前に死ぬかもしれない」と語る


・キャロライン・ヴォズニアッキ選手:コートに置いたペットボトルが少し溶ける




・ボールボーイが失神

・観客1000人が体調不良を訴える

・1回戦で9人が棄権(4大大会史上最高)

・コートで玉子焼きが焼けることが判明
・ビクラムヨガのアンディ・マレーはひとり元気。ふっふっふっ、俺様の全豪がきたぜ、と勝ち抜いている。

0 comments:

Post a Comment