December 18, 2013

期末試験やりたくなくて爆弾騒ぎ起こしたハーバード大生、Tor使用でID判明:Eldo Kim, Harvard Bomb Hoaxer, used Tor

Harbard Student Receives F for Tor Failure While Sending 'Anonymous' Bomb Threat - Forbes 
Kim could face a maximum five years in prison, three years of supervised release, and a $250,000 fine if charged under the bomb hoax statute, according to a press release by the Boston U.S. District Attorney’s office. ― Harvard Crimson

To conceal his Harvard IP address, he used Tor, but in a fatal mistake, he also used the school's Wi-Fi network to connect to the anonymity service. Investigators, according to a criminal complaint, took a hard look at everyone who used Tor at the time the threats were sent and ultimately fingered 20-year-old Eldo Kim... - Ars Technica

ハーバード大で月曜、期末試験の時刻に「構内数カ所に爆弾をしかけた」という脅迫メールが届いて構内4つの建物で試験を中止して避難する騒ぎがあったが、偽通報の犯人は同大2年生エルド・キム容疑者(20)とわかった。

ハーバードのIPアドレスを隠すため匿名ネットワークTorとGuerrila Mailの一時メアドを使ったまではいいが、大学のWi-Fiでネットに接続していたため頭隠して尻隠さずで、FBI捜査官が脅迫メール発信元のTor使用を突き止め送信時刻にTor使ってた人間を片っ端から洗ったら、あっけなく行き着いたもの。

あまりのスピード逮捕に「もしかしてあんな時間にTor使ってた人間は彼ひとりだったのかも」と言われてる。キム容疑者は「期末試験がやりたくなかった」と話している。フォーブズには早速「Torの使い方もF」と書かれているよ。

キム容疑者は韓米二重国籍だが、FBIは国外逃亡できないよう韓国籍を放棄させてパスポートを取り上げ、保釈金10万ドルで仮釈放した。偽通報の罪が確定した場合は、懲役最大5年、監視付き釈放3年、罰金25万ドル(2600万円)となる見込み。受けたくなかったのは「米国教育の政治学」の試験。

0 comments:

Post a Comment