August 21, 2013

米ティーンが豪野球選手を暇つぶし射殺。豪で米観光ボイコットの声:Random killing of Australian ballplayer sparks calls for U.S. boycott



Christopher Lane, a 22-year-old Australian who was studying in the U.S. on a baseball scholarship was gunned down Friday in Duncan, Oklahoma, by local teenagers who 'got bored.'  

The senseless shooting sent shock wave across Australia and the former Australian deputy Prime Minister, Tim Fischer, is calling on Australian tourists to boycott the U.S.
"People thinking of going to the USA for business or tourists trips should think carefully about it given the statistical fact you are 15 times more likely to be shot dead in the USA than in Australia per capita per million people" - Tim Fischer
Here's the vine of James Edwards, one of the two main suspects, showing off his rifle.  Tim Fischer is right.  Living in the US really feels like living in the world's largest hunting field.

Stephens County Courthouse heard how one of the boys accused of murdering Lane, 22, danced and laughed as he was taken into a police station to be charged after the killing on Friday. James Edwards, 15,= above= was treating the murder as a joke, District Attorney Jason Hicks told the hearing. - Herald Sun


野球の奨学金で米オクラホマの大学に留学中のオーストラリア人学生クリストファー・レーンさん(22)が金曜、ダンカン市内をジョギング中、後ろから銃で撃たれて死亡した。

監視カメラの映像で逃走車が特定され、近くに住むジェームズ・エドワーズ(15)、チャンシー・ルナ(16)は第一級殺人罪、マイケル・ジョーンズ(17)は車運転役の殺人幇助で起訴された。

3人は同じ高校に通う不良グループ。殺した動機について3人は「他にやることがなくて暇だったから人が死ぬのを見たいと思った」「そこにたまたま通りかかったので、あいつがターゲットだ、ということになった」と話している。

あまりのワケわけらなさに豪メディアは連日トップニュースでこの事件を報道。ティム・フィッシャー元副首相は「アメリカに出張・観光する人は米国で射殺される確率がオーストラリアの15倍だという統計上の事実を今一度よく考えてみることだ」と渡航ボイコットを呼びかけている。

上の短い動画は、主犯と思しいジェームズ・エドワーズ容疑者のVineだが、地方検事の冒頭陳述によれば、3人のうち一番年若の彼だけはパトカーで警察に連行される時も踊って笑い、殺しをジョークぐらいにしか思ってなかったという(豪紙ヘラルドサンより)。まったくこんなのがこんなの持って徘徊してるのかと思うとゾッとする。猟場じゃないんだから…

クリス・レーンさんは無茶苦茶いい人で、4年前から付き合っているアメリカ人の彼女を連れて豪メルボルンの実家に一時帰国したばかりで、この日はたまたまダンカン市内の彼女の実家を訪れ、そばを走っていた。追悼ページはここ

0 comments:

Post a Comment