July 30, 2013

スペイン列車脱線時、運転士は会社と携帯で話していた:Driver On Phone When Spainish Train Derailed

 

The driver of a Spanish train, which crashed killing 79 people last week, was talking on the phone with the railway company staff when the accident occurred, the investigators learned from the “black box” recorders.
Shortly before the train crashed, according to reports, the Spanish train had passed from a computer-controlled area of the track to a zone that requires the driver to take control of braking and acceleration, Harrod said. "It's possible that the driver's phone conversation -- which apparently was part of his official capacity as a driver -- distracted him and he missed the transition from automatic to driver control," Harrod said.
If that's the case, they need to revise the protocol asap.

先週79名の死者を出したスペイン列車脱線事故発生時、フランシスコ・ホセ・ガルソン(Francisco Jose Garzon)運転士は携帯で国有鉄道と通話中で、制限速度の倍近いスピード(時速192km)でカーブに入っていたことがわかった。

ブラックボックスを回収して判明したもの。

事故直前にコンピュータ制御ゾーンから手動ゾーンに切り替わっていたのだが、通話中で気づくのが遅れたのかも…と専門家は話している。車内から回収した記録では、ブレーキを踏んだのは事故寸前で、もう間に合わなかった。電車が脱線・横転してからも電話は繋がっていた。

因みに職務怠慢で友だちと通話していたわけではなく、制御室からの電話は受けるのが職務の一部なんだってさ。通話記録には、今どの辺を走ってるか尋ねられて紙の資料を開いていたような音も残っていた。だとしたら運転士も被害者だわね。

自動車の運転中の携帯だって禁止されてるのに、スペインの高速鉄道はその辺が緩いのか…。日本はいちおう持ち込み禁止

0 comments:

Post a Comment