July 11, 2013

何が出てくるかな?D3.jsの円:What's behind? Fun Site by Vadim Ogievetsky

Click to find out!

A user interface design should be as no-brainer-common-sense as possible, like this one.  It's a fun website created by Vadim Ogievetsky, front end designer of Metamarkets, using D3.js.   You don't need any word.

優れたUIは頭を使わせない、手が勝手に動く。その見本のようなページ

最近何かと話題のD3.js(Data-Driven Documents)を使って、スタンフォード出のMetamarkets社フロントエンドデザイナー、ヴァディム・オジベツキー氏が作ったものだ。YouTubeに彼が講師を務めた1時間の「初心者のためのD3入門講座」があったので貼っておくね。




「D3はうちの基幹プロダクトトなので毎日仕事で使ってます。こういう講義は初めてだけど、ざっと見ていこう」と自己紹介してる。あとはデザイナーさんなら見ればわかるんかなˁ˚ᴥ˚ˀ


Related:
ニューヨークタイムズも注目!「データ×デザイン」を実現するJavascriptライブラリ「d3.js」
データを分かりやすくスタイリッシュに可視化できるJavascriptライブラリ「D3.js」
D3日本語解説

0 comments:

Post a Comment