May 5, 2013

米有権者の29%は武装革命が要ると思ってる(世論調査):29% of US voters feel Armed Revolution may be needed



Twenty-nine percent of registered voters think that an armed revolution might be necessary in the next few years in order to protect liberties, according to a Public Mind poll by Fairleigh Dickinson University.

The results differ greatly along party lines:
18 percent of Democrats
27 percent of Independents
44 percent of Republicans
Here's why Republicans oppose the gun control. Nearly half of them are ready to get a gun and turn over the government.

フェアレイ・ディキンソン大学が今年4月に米国の登録有権者863人を対象に行った世論調査で「国民の自由を守るには今後数年で武装革命が要るかもしれない」と思ってる人がなんと29%もいることがわかった。どうりで銃手放さないわけだよ!

民主党では18%、無所属では27%、共和党は余裕で44%が武装革命が要ると思ってる。

武装革命が要らないと答えた人では62%が「銃規制強化が必要」と答えているが、当然のことながら武装革命が要ると答えた人のうち「銃規制強化が必要」と答えたのは38%だけだった。

分析を担当したダン・カシーノ同大政治学教授は「銃規制に対する考え方の違いを突き詰めると、そもそも銃がなんのために使われるのかという目的に対する考え方の違いに行き着く。武装革命が起こりえると本気で信じている人は、それを自分から取り上げようとする政府の動きを警戒するだろう」と話している(以上、CNS Newsより)。
そりゃそうだけどさ。いやあ…武力革命って…(๑¯ω¯๑)

[Fairleigh Dickinson University’s PublicMind Poll via CNS News]
Video selection by FDL

0 comments:

Post a Comment