April 18, 2013

ボストン爆発の現場にいただけで捕獲された哀れなサウジ青年の話:The Saudi Marathon Man @NewYorker



Why the search, the interrogation, the dogs, the bomb squad, and the injured man’s name tweeted out, attached to the word “suspect”? After the bombs went off, people were running in every direction—so was the young man. Many, like him, were hurt badly; many of them were saved by the unflinching kindness of strangers, who carried them or stopped the bleeding with their own hands and improvised tourniquets. “Exhausted runners who kept running to the nearest hospital to give blood,” President Obama said. “They helped one another, consoled one another,” Carmen Ortiz, the U.S. Attorney for Massachusetts, said. In the midst of that, according to a CBS News report, a bystander saw the young man running, badly hurt, rushed to him, and then “tackled” him, bringing him down. People thought he looked suspicious. -More on The New Yorker

その青年は20歳、ボストンマラソンを見物にきて爆発の衝撃で体がズタズタに傷ついていた。

それは彼だけではなかった。他にも負傷者は170人いて、3人が死んでいた。が、病院で傷の手当てを受けている間に自宅のアパートが「物々しい厳戒態勢」(住民によると”大勢”の警官隊と捜査官と警察犬も2隊投入)で家宅捜索されたのは彼ただひとりだった。

近所住民が見守る中、所持品が紙袋で外に運び出されたのも、「爆弾しかけるようなやつじゃない、スポーツが好きないいやつだ」と納得してもらうまでルームメイト(同じく学生。「怖かった」と語っている)が延々5時間尋問されたのも、彼だけだった。

「学校に行かせてくれよ」と両手で顔を覆って半泣きで言うルームメイト、それに追いすがるFox Newsプロデューサー。本当に一緒に暮らしていたのは殺人犯じゃないのかと何度も何度もマイクを向ける。

なぜ彼だけ家宅捜索、尋問、警察犬、爆弾処理班、「容疑者?」と実名ツイート…なのか? 爆発発生後はみんな全方位に走って逃げた―それは青年も同じだ。彼同様、多くの人がひどい傷を負っていた。助け起こして運び、素手で血を止め、ありもので止血帯を作るといった通りすがりの人の揺るぎない善意で一命を取り留めた人も多い。

「ランナーの方々は疲れ切った体で最寄りの病院まで駆けていった」(オバマ大統領)
「互いに助け慰めあった」(マサチューセッツ連邦検察検事Carmen Ortiz)

その善意の只中で見物人の見守る中、青年は重傷を負ったあるひとりの青年に駆け寄られて「タックル」され地面に組み敷かれた(CBS News)。不審人物と思われたのだ。なぜ? 

青年は走っていた(みんな走っていた)。
警察は、青年から爆発物の臭いがすると思った(傷を見たら理由はわかる)。
救助の人たちを狙って2番目の爆発があるかもしれないと言い、その通りになった(よくあることだ。それが理由で走っていたんなら機転が利く人だろう)。
青年は死人がいないか聞いて回っていた(みんなそう叫んでいた)。
青年はサウジアラビア国籍だった(この辺りで論理的思考が止まる)

外見が違う、それだけのことなのか? それとも混乱の中、みんなと違う神の名でも叫んで、それが不審に思われたのだろうか。


ともあれ捕まえてしまったら、あとははやかった。「ボストン・マラソン爆発事件捜査本部がサウジアラビア国籍の容疑者の身柄を確保したようです」とNYポストが報じ、それをFox Newsが引用し、こうして人々の不安にまだ顔写真もない「サウジ国籍の容疑者」が輪郭を与えた。(後略)

---

すぐ釈放されたから良かったようなものの、グアンタナモには今も沢山こういう人が拘束されている。令状も法も順序もあったもんじゃない万年国家非常事態…怖いな。爆風のようにガツンとくる記事。


[The New Yorker]

おまけ:

I was told by one of these sources, who is a law enforcement official, that this was a dark-skinned male.  - John King, CNN
「捜査の人によると(捕まった実行犯は)肌の黒い男ということです」

このCNNの犯人逮捕の大誤報もひどかったね…黒人記者協会が怒りの声明を出したけど。

0 comments:

Post a Comment