January 26, 2013

死に際の仲間に救命イカダを形成するイルカ:Dolphins form life raft to help dying friend




日本海で2008年6月、韓国国立水産科学院(NFRDI)が撮影した貴重映像。

怪我したメスにイルカが12頭ぐらい群れていたので何事かと思って観察していたら、約30分後、みんなでイカダ組んでメスを下から支え始めたんだって。たぶん窒息しないように。

数分後、群れの一部が離れていって、メスの体は沈んで縦に。
尚も上に押し上げる仲間の努力も虚しく、メスは息を引るが、それでも5頭が名残惜しそうにそこに残って、メスが沈んで見えなくなるまで体に触れていたんだって。


[New Scientist]

2 comments:

waka said...

すごい。。
こういう動物物で何かを思う事って全然ないんですけど、この動画はちょっとくるものがありますね。

satomi said...

ね。

革新的音楽サービス Spotify」すごくよくまとまってて楽しく拝読しました。日本上陸できない事情は「取り残される日本 Spotifyのジャパン・パッシングはなぜ起きたか」、「Pandoraが日本に来ない本当の理由」が詳しいです。いろいろあるのね…

Post a Comment