December 20, 2012

夕べ観た映画『少女の髪どめ』:Baran

Very beautiful story of an Iranian boy falling in love with an Afghan girl. Until I watched this film by Majid Majidi, I had no idea what Afghan refugees were going through. Although Fremont has the largest Afghan population in the US, we don't know our own neighbors. It's a shame.

I felt the same way when I saw Kite Runner; the whole story seemed so far away 'till you see main characters flying kite at Berkeley marina where we flew our own kite.

これまたなんの前知識もなく観ると、つい最後まで目が離せなくなるイランのマジッド・マジディ監督2001年の映画。

とにかくこんな劣悪な環境で生き延びてる人たちがいるのか…と暗澹たる思いで見ていると、ストーリーが思わぬ方向にゆっくり回り始め、時折ハッと目を瞠るような美しい情景が目の前に開ける。靴を縫いながらアフガニスタン系のおじいちゃんが心洗われるような詩を詠んだり。メインの物語はネタバレになるからパスに…。

私の住むフリーモントは米国で最もアフガニスタンからの移民が多い街なので、よくアフガンの人と話す機会もあるのにこんな目に遭ってることすら知らなかった…。

『カイト・ランナー(邦題:君のためなら千回でも)』観た時も、ものすごく遠い異国の話なのにラストでバークレーのマリーナが出てきて、「あ、家族みんなで凧揚げフェスティバルに行った土手だ…」と頭をガツンと一発殴られる思いがしたが…。


0 comments:

Post a Comment