October 8, 2012

エンジンがボカンとなるも無事成功。ドラゴン打ち上げ(動画):SpaceX CRS-1 Launch to ISS


Yeah the forward most engine in the video, which is engine one, had a catastrophic failure at T+ 80 seconds (1:30 in the video). Impressively the inter-engine armor and software worked and she chugged up on course, burning the 8 surviving engines a bit longer, and delivered the Dragon into an almost precise targeted orbit. This is almost MORE impressive than a perfect flight to me. There will always be something that goes wrong. The measure of a true engineering achievement is how you cope. -

一番先端のエンジン(エンジン1号)がT+80秒(動画の1:30)のところで壊れてる。驚くべきことに、それでも内部エンジンアーマーとソフトウェアを操作することで残りの無事なエンジン8基をもう少し長く燃やし、それでなんとか(ファルコンは)ポッポッ音をたてながら上昇していってドラゴンをほぼ目標通りの軌道に乗せてんのね。これは無事故の完璧な飛行よりすごいなって思った。うまくいかないことは必ずあるものだ。エンジニアリングの真の成果はそれにどう対処するかで決まる。- Charles KCVA, YouTuber

リアル・アイアンマンのイーロン・マスクの宇宙開発会社スペースXの無人宇宙船ドラゴンが昨日、初めて物資400kgを積んで国際宇宙ステーション(ISS)に旅立った。YouTubeのコメントにあるように、音速に達した直後に打ち上げロケットのエンジンが1基ボカンとなってるね!  ISSでは星出彰彦さんが水曜、ドッキング作業を行う。無事成功しますように。


0 comments:

Post a Comment