August 16, 2012

アサンジ、政治亡命をエクアドルが認めた後も大使館に缶詰:UK vs. EcuadorJulian Assange Embassy Battle




ウィキリークス創始者ジュリアン・アサンジの政治亡命を認めたエクアドルにイギリスが、「大使館にかくまってるアサンジの身柄を渡せ、渡さないと外交特権剥奪にして強制逮捕だぞ」と脅迫メールを送り、エクアドルが「うちはイギリスの植民地じゃない」と応酬、アサンジが大使館から一歩も出れない険悪な状況が続いている。

エクアドルは在英大使館にアサンジ容疑者の身柄を6月からかくまい、「米国に強制送還しないと確約するなら身柄を渡す」という条件で英国・スウェーデンと交渉を続けてきたが、確約がとれなかった。そこで「アメリカに強制送還されたら終身刑か最悪死刑だろう」と危惧し亡命を認めた、と会見で外相は話している。

大使館の外交特権剥奪なんて聞いたことないけど、英国ではそれがオッケーになる誰も知らない法律があり、にっちもさっちもいかなくなったら最後はそれを使うらしい…世界中が見てる前でそれやるか? 

因みにアサンジ容疑者はウィキリークスの件で指名手配されてるんじゃなくて、スウェーデンの女性2人に婦女暴行の訴えを起こされて逃げ回ってるもの。その訴えも確か嘘八百(女性の方からアサンジに近づいて家に押しかけてやられたと騒いでる)なんじゃなかったっけ? 

Related:
アサンジの亡命について[追記あり] - 断想録
Julian Assange granted asylum by Ecuador - as it happened guardian.co.uk
In letter, Britain warns it can arrest WikiLeaks founder Julian Assange at Ecuador’s embassy - The Washington Post

0 comments:

Post a Comment