August 4, 2012

オスカー・ピストリウス母からの手紙:Oscar Pistorius Oscar Pistorius makes Olympic history



He said he had been thinking a lot on this special day about his mother, Sheila. He has the dates of her birth and her death — March 6, 2002 — on his arm.

Five months before his amputation, she (Pistorius' mother) wrote a letter for him to read as an adult.

"The real loser is never the person who crosses the finishing line last. The real loser is the person who sits on the side, the person who does not even try to compete."

この特別な日にあたり、ピトリウスは母シーラさんのことがずっと頭にあったと言う。彼の腕には母親の誕生日と命日(2002年3月6日)が刻まれている。

足を切断する5ヶ月前、ピストリウスの母親は大人になったら読むようにと息子に宛て、こう手紙を書いた。

「真の敗者とは、ゴールを最後に切る人では決してありません。真の敗者とは、脇に座ってる人、競争しようともしない人のことを言うのです」

-Pistorius Revolutionizes Olympic Notions - ABC News

South Africa's Oscar Pistorius, the first amputee to compete in track at Olympics, finished in 2nd place, with a time of 45.44 seconds, to advance to the semifinals.

南アのブレードランナーことオスカー・ピストリウス選手(25)が45.44秒の好タイムで400m走予選を通過、準決勝進出を決めた。

観客席には祖母(89)・兄・妹が駆けつけ、父ヘンク(Henk)さんは故国ヨハネスブルグのレストランから、生後11ヶ月で彼の両脚を切った外科医のGerald Versfeldさんと一緒に、史上初の義足の五輪ランナー誕生の瞬間を見守った。

よくある格言かもしれないけど、どういう気持ちで書いたのかと思うと。


Related:
超人烈伝 - カンパラプレス

[ABC News, BBC]

0 comments:

Post a Comment