August 4, 2012

人間の100m走の限界とは:How fast can man run?

(c) Toronto Sun

Stanford University's Dr. Mark Denny, professor of biology, estimates that Usain Bolt's current 100m world record  (9.58 sec) is only 0.1 sec away from the absolute limit of human athletic performance, 9.48 sec. Cambridge University's mathematical scientist, Dr. John Barrow, estimates the limit would be 9.45 seconds, while Bolt himself says it'd stop at 9.4 sec.

Dr. Barrow believes if Bolt could improve the starter reaction time (he was the slowest in the Berlin Olympic when he broke his own world record) and get help from the tailwind at max allowed speed of 2m/sec, he could break his current record by .13 sec.  Well, he may be right, for Bolt's already defied our S-curve.

「男子100m走はもう人間の限界近くまで達している。伸びたとしてもあと0.1秒。5日のロンドン五輪で世界新記録はたぶん出ないよ」と、明日の100m決勝を前に新聞TVで言ってる人がいる。スタンフォード大学のマーク・デニー生物学教授だ。

教授が2008年、陸上競技各種目の過去100年におよぶ各年ごとの世界最高記録を極値解析し、偏差の最高値を割り出してみたら、人間の100メートル走の限界は1秒10.55m、100m9.48秒という予想結果だった。

英ケンブリッジ大学ジョン・バロウ理化学教授が立てたもっとアグレッシブな予想でも、9.45秒

今の世界記録は2009年ベルリン世界陸上でウサイン・ボルトが出した9.58秒だが、そのボルト自身も「世界記録は9.4秒で止まる」「そこまでいけるのは、このオレ様だ」となんの解析もせず動物的嗅覚のみでCNNに断言してるので、大体そのぐらいなのかな。

仮にボルトが自己新更新するなら、削れるのはもう号砲聞いてから発進するまでのスタート反応時間(ボルトはこれがベルリンで一番遅かった)ぐらいで、あとは気温が高くて、大会規定内の最大風速(秒速2m)で追い風がバンバン吹いてくれれば「0.13秒だって縮められるさ」とバロウ教授は飽くまでも強気だが、さて?


最高速度の経年推移(c) The Economist
一番上がボルト。人類のプログレッションカーブをボコンとひとり突出してるのがわかる

[Tested, Dallas-Fort Worth Sports News,IDEA & ISAAC]

5 comments:

Anonymous said...

2009年ベルリン五輪?

satomi said...

おお、直しました、ありがとうございます!

Anonymous said...

もう一箇所、ベルリン五輪のままだよ。

satomi said...

あー消しましたー

ビジネスマナー said...

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Post a Comment