June 7, 2012

詩を読むレイ・ブラッドベリ泣ける(動画):Ray Bradbury reads his poem "If Only We Had Taller Been"



From left: Arthur C. Clarke, Ray Bradbury, journalist Walter Sullivan, Carl Sagan, Bruce Murray
On Nov. 12 1971, JPL/Caltech

金星の日面通過の日に亡くなったSFの巨匠レイ・ブラッドベリ(享年91)。「すべての夏をこの一日に」に描いた瞬間を最期に見ることができたんだろうか―。 亡くなった当日、NASAジェット推進研究所(JPL)がこんな素晴らしい動画を公開した。

1971年11月12日、火星探査機マリナーが火星軌道に乗る前夜にカルテック(カリフォルニア工科大学)の講演会で詩「If Only We Had Taller Been」を朗読するブラッドベリ。同席者は左からアーサー・C.・クラーク、レイ・ブラッドベリ、ウォルター・S.・サリバン(NYT記者)、カール・セーガン、ブルース・ミュレイ(カルテック名誉教授)という錚々たる顔ぶれである。


とにかく底冷えのするダークな作風からは想像もつかないほど、よく笑う。それを見守るクラーク、黒髪のセーガン(いずれも故人)らの温かい眼差しにも心打たれる。


ああ、天国の文壇もだいぶ賑やかになってきた…涙

(動画訳)

ここにこうして立ってるのが不思議だよ。ここにいる中で僕は一番科学知識がない。9歳の男の子にだって(小説のアラを)見抜かれちゃうんだから(会場笑)

何年か前に10歳の男の子が寄ってきて『レイ・ブラッドベリさんでいらっしゃいますか?』と聞くから『そうだよ』と言ったら、『この92ページ目のところですが…』と言うんで『はいよ』と(笑)。『火星に月が東から昇ったとあるんですが…』と言うんで『そうだね』と言ったら『昇りませんよ』と言うわけさ、わはははは(会場笑)0:55

ここ数日で人類もやっと火星に近づいてきたわけだけど、砂埃が鎮まったら高度な科学知識のある火星人が大勢立ってて『レイ・ブラッドベリの書いた通りだ』と言ってくれないかなって期待してるんだけどね、あはははは(会場笑)1:29

今日は自分の与太話はこれぐらいにしておこう。みなさんの科学のお話により時間を割いてもらいたいからね。こういうホールに友人が缶詰になる機会があると、僕はね、詩を書いてくるんだ。誰も僕から逃げられないからね(笑)。 



この詩には僕がなんで宇宙旅行が好きなのか、なぜサイエンス・フィクションを書くのか、宇宙旅行に対する哲学が込められている。とても短いので、読もう。2:20


If Only We Had Taller Been (2:20-)

The fence we walked between the years
Did balance us serene;
It was a place half in the sky where
In the green of leaf and promising of peach
We'd reach our hands to touch and almost thouch that sky,
If we could reach and touch, we said,
[不明]  teach us, never to be dead.

We ached, we almost touched that stuff;
Our reach was never quite enough.

If only we had taller been,
And touched God's cuff, His hem,
We would not have to go with them
Who've gone before,
Who, short as we, stood tall as they could stand
And hoped by stretching to keep their land,
Their home, their hearth, their flesh and soul.
But they, like us, were standing in a hole.

O, Thomas, will a Race one day stand really tall
Across the Void, across the Universe and all?
And, measured out with rocket fire,
At last put Adam's finger forth
As on the Sistine Ceiling,
And God's great hand come down the other way
To measure Man and find him Good,
And Gift him with Forever's Day?
I work for that.

Short man, Large dream.

I send my rockets forth between my ears,
Hoping an inch of Will is worth a pound of years.
Aching to hear a voice cry back along the universal Mall:
We've reached Alpha Centauri!
We're tall, O God, we're tall!

-Ray Bradbury


[It's Okay To Be Smart via @Brainpicker]





[@Brainpicker]

0 comments:

Post a Comment