June 25, 2012

携帯の幻聴、医療従事者の76%が経験:iDisorder - Phantom Vibration Syndrome experienced by 76% of medical workers

According to a study of medical workers at the Baystate Medical Center in Springfield, Massachusetts, 76 percent said they’ve experienced “phantom vibration,” that insistent buzz from an imagined text or phone call. Scientists speculate it’s the result of random nerves firing, biochemical noise that our brains tuned out until they were reconditioned by the iPhone.

[...]According to his (Larry Rosen, author of iDisorder) research, almost 30 percent of people born after 1980 feel anxious if they can’t check Facebook’s website every few minutes. Others repeatedly pat their pockets to make sure their smartphones are still there. More on Bloomberg Businessweek reports in its June 25 issue

マサチューセッツ州スプリングフィールドのベイステート医療センターの医療従事者(約170人)を調べてみたら、電話もテキストも着信してないのに電話がしつこく鳴ってるように感じる「亡霊バイブレーション」を経験した人は全体の76%にのぼった。科学者の間では、ランダムに神経が逆撫でされる結果、脳内に生化学的ノイズが起こり、iPhoneで正気に戻るまで消えないんじゃないか、との推測が出まわっている。

(テクノロジー中毒の実態を医学的に解剖した『iDisorder』著者ラリー・ローゼン)氏の調査では、フェイスブックを数分置きにチェックしないと不安を感じる人が1980年代以降に生まれた世代の30%近くにのぼった。他にも、ポケットを繰り返し触ってスマホがあるかどうか確かめないと気が済まない人もいた。(詳しくはビジネスウィーク6月25日発売号掲載中)

病院はいつ呼び出したがかかるかわからないもんね。

それにしてもiPhoneデビュー前はBlackBerryが主役だったので「CrackBerry」と呼ばれていた携帯幻聴シンドロームが、ビジネスウィーク最新号では「Phantom iPhone」、3月発売の本では「iDisorder」なんて呼ばれてる。iPhoneデビューからもうじき5年。凋落激しいRIMは会社分割の話まで出てきた…たった5年でここまで変わるとは…!




[Phantom vibration syndrome among medical staff: a cross sectional survey | BMJ, Bloomberg]

0 comments:

Post a Comment