May 2, 2012

陳光誠さん米大使館から病院へ。「キスしたい」は虚報:Chen Guangcheng Leaves US Embassy, Fears Safety



U.S. officials said they had extracted from the Chinese government a promise that Chen would reunite with his family and be allowed to start a new life in a university town. Hours later, however, a shaken Chen told The Associated Press in a telephone interview from his hospital room that U.S. officials told him the Chinese authorities would have sent his family back to his home province if he remained inside the embassy. He added that, at one point, the U.S. officials told him his wife would have been beaten to death.

He also took issue with another facet of the U.S. version of his departure -- that on his way to the hospital Clinton called him and he told her in halting English "I want to kiss you." "I told Clinton that I want to see her now. I said" -- he said speaking in Chinese. Then switching to English he said, "I want to see you now."

米国政府は、陳さんを家族の元に返し、大学町で新生活を始めることを許す、ということで中国政府から確約を取ったと言っている。しかし病院搬送の数時間後、APが病室の陳さんに電話取材を行ったところ、陳さんは取り乱して、中国当局はもし自分が大使館に残り続けるなら故郷に家族を戻し妻を死ぬまで殴ると言っていた…と米国政府高官に聞いた、と話していたらしい。

また病院に向かう途中クリントンから電話が入って、陳さんが片言の英語で「キスしたい」と言った話が米国で報じられてる件に触れ、「クリントンさんには、今すぐ会いたい、I want to see youと言っただけだ」と訂正した。-AP

自宅監禁から逃走し、在北京アメリカ大使館にかくまわれていた盲目の人権運動家・陳光誠さんが今日、6日ぶりに大使館から姿を現し、近くの病院で脱走の時のけがを手当してもらった。

米中両国政府が無事釈放することで合意したのね、と思っていたのだけど、大使館にいると家族が危ないから、ということなのかも。米国務省は陳さんがAPに言ったような話は聞いていない、と否定しているけど、そんなわざわざ作り話する理由もないからね。

今朝アメリカのニュースではヒラリーに片言の英語で「キスしたい」と言った、なんて話が流れて「へ?」と目が点だったのだけど、それも否定してる。まったく伝言リレーってやつは…。






0 comments:

Post a Comment