March 22, 2012

NY出版社向け小包から大麻5kg押収:11 lb Pot Sent to St. Martin's Press Intercepted

Feds intercepted two packages of weed (11 pounds, $70k street value) bound for "Karen Wright" (fictitious name) at St. Martin's Press, NYC. 11lbs!  It's a lot of marijuana. Who's Karen Wright?

サンディエゴからNY五番街の出版社セントマーティンズに送られた速達小包2つから「不審な臭いがする」と郵便局員から通報があり、警察犬が騒ぐので中を開けてみたら重量11ポンド(5kg、末端価格7万ドル=578万円)のマリファナ(大麻)が入っていた。

発送人も架空の出版社、受取人もキャレン・ライトという架空名なので、警察としても調べようがないよね…。出版界は今、「キャレン・ライトって誰よ?」という話でもちきりだ。

セントマーティンズはマクミラン傘下の出版社。日本では、あの電子書籍を自費出版して100万部売った初の作家アマンダ・ホッキンスと大型契約結んだニュースで名前が出る程度だけど、ダン・ブラウン、ロバート・ラドラム、オーガスティン・バロウズなど人気作家を抱え持つ大手だよ。

この話を伝えたThe Smoking Gunの記事には「それで原稿読んでくれないのか…」、「売り込みの文句を巻紙に印刷して送れよ」というコメントが…  

もっとリアクションが見たい人はハッシュタグ#potlitで。


Related:
SLIDESHOW: Ten marijuana loving authors | Melville House Books
↑ 大麻を愛する作家10人のスライドショーなんてのまで出てきた…リンカーン、ケン・キージー、ヘロドトス、ボードレール、カール・サガン、スティーヴン・キング、シェイクスピア…


[The Smoking Gun]

2 comments:

challenge-1 said...

本文じゃないですが、アマンダホッキングさんの話、初めて知りました。面白いですね。ありがとうございます。LongTailWorldからもスターが生まれてるかもですね!

関係ないけど、ヴァンパイアなら私は断然アンライス。読めないくせにamazon.com(当時はまだco.jpが無かった)からヴァンパイアクロニクルズのハードカバーとペーパーバック一式DHLしたのが懐かしい。ネットもまだテレホーダイな時代で、Webも1.0、そんな中ブラッドピット+アンライスファンのMLに参加して宣伝部長と呼ばれた事もあったり。アンライス解体新書をシステム化することは永遠の夢だったりします。

satomi said...

ぜひスターに!!w

ハードカバー&ペーパーバックのダブル一式海外取り寄せ、ですか(しかもDHL)…ひゃー;;;  

ゾンビとヴァンパイアは西洋独特ですよね…

ヴァンパイアVSゾンビ

なんてのもあるんですが、ゾンビは忘れた頃にまた蘇るので、なかなか勝負つかないんですよね。

アン・ライス、今のトワイライトよりずっと宗教色強いんですね、今度読んでみよっと~

Post a Comment