March 20, 2012

タイタニックはスーパームーンが沈めた?:Did the super moon sink the Titanic?

Route of Titanic and possible route of Iceberg (c) Texas State University
赤:氷山想定移動ルート/黄:タイタニック処女航路
新説が本当なら天の定めとしか言いようがない

A year ago yesterday, we saw an extreme super moon.  I still remember this because, hours after publishing the translation of "The SuperMoon Apocalypse is Near! (No, Actually It's Not)" here, Japan started to tremble.

When it comes to extreme super moon, the Titanic accident may well have been caused by an extremely rare super moon that happened 3 and a half months before.
Donald Olson said a "once-in-many-lifetimes" event occurred on January 4, 1912, when the moon and sun lined up in such a way that their gravitational pulls enhanced each other. At the same time, the moon's closest approach to earth that January was the closest in 1,400 years, and the point of closest approach occurred within six minutes of the full moon. On top of that, the Earth's closest approach to the sun in a year had happened just the previous day. "This configuration maximized the moon's tide-raising forces on the Earth's oceans," Olson said. "That's remarkable."

His research determined that to reach the shipping lanes by mid-April, the iceberg that the Titanic struck must have broken off from Greenland in January 1912." - Reuters
According to the National Geographic, "It was the closest lunar approach, in fact, since A.D. 796, and Earth won't see its like again until 2257."

1年前の昨日はエキストリーム・スーパームーンで、その原稿を出した直後に地震津波が起こって青ざめた記憶が生々しく残っている。

スーパームーンと言えば、100年前のタイタニック沈没の原因となった氷山、あれが普段より尋常じゃなく多かったのも「1月のスーパームーンが原因」という説が今月は話題だね。

1912年1月4日は、月と太陽が一直線に並び、互いの引力が強まる日だった。同時に月が1400年で最も地球に近づく日であり、しかも最接近した月は満月から6分。さらに前日は1年で地球が太陽に最接近する日という、まさに世紀の偶然が重なる日だった、とドナルド・オルソン氏(テキサス州立大物理学教授)は語る。「この組み合わせで地球の海を満潮にする月の引力が最大となったんです。驚くべきことです」

氏の研究では、4月半ば(事故日)タイタニック号の航路に達するには、衝突した氷山は1912年1月にグリーンランドから分離していなければならないことがわかっている。-Reuters日本版に要訳あり
ナショナルジオグラフィック日本版により詳しい話が載ってるけど、これだけの異常接近は西暦796年以来で、次は2257年までないらしい。



0 comments:

Post a Comment