January 3, 2012

本人認証ミス。ウェンディ・デン・マードック夫人のツイッターは偽物だった:Wendi Deng Murdoch Twitter account is a fake


Ruperd Murdock who used to view the internet as the home to 'porn, thievery, and hackers' joined Twitter and, within 48 hours, made a blatant remark (Maybe Brits have too many holidays for broke country!)  that he later deleted.  In the meanwhile, his wife's impersonator set up a fake Twitter account that got somehow verified for mistake.

Shocked, the London-based man behind @Wendi_Deng tells The Guardian;
"When Twitter verified it, I was completely and utterly shocked. A little nervous too, if I'm honest, about what had happened and whether it had all gone too far. [...]

"When I got to hear that NI had called it legit too, by that stage I'd entered 'what the hell' territory and thought I'd just carry on and see where it went, seeing as Twitter had already verified it. I knew that sooner or later they'd realise what a dreadful mistake they'd made."
ネットは「ポルノと泥棒とハッカー」の溜まり場だと言っていた帝王ルパード・マードックが土曜ツイッターを始め、「イギリス人は国が破綻してる割には祝日多過ぎかもな!」とつぶやいて消したり正月早々絶好調だ。

ウェンディ・デン夫人も翌日ツイートを始めて本人認証マークもつき、「削除するのよ、マーク!」とか夫婦でやってたんだけど、こちらは翌日フェイクと判明した。

ロンドン在住の男性のなりすましだったわけだけど、その男性もまさかツイッターに本人と認められるとは思ってなかったらしく、ザ・ガーディアンにこう驚きを語っている。
正月休みで暇してたら、みんなルパード・マードックがTwitter始めた話で盛り上がっていたので、冗談で立ち上げただけさ。

そしたらツイッターが本人認証したので驚いたのなんの。ショック通り越して不安になってきた。正直、こんなことになって、やり過ぎちゃったんじゃないかな、と思って。これだけの有名人のアカウントをしっかり調べもしないで本人認証するなんてとても信じられない話だけど、ツイッターからは登録に使ったメールアドレスにも確認は一切こなかった。著名人の認証プロセスがこんなお粗末なんじゃ早急になんとか対策立てないと。ヘルプページ見ると「認証済みアカウント」はもうやってないって書いてるのだけど、現にルパード・マードックも認証されてるわけだし、僕のマードック夫人のアカウントに関しては何ひとつ確認もなく認証がなされたんだからね。

そのうちNI(ニューズ・インターナショナル)までもが「本人に間違いない」って言い出した日にゃもう何がなんだか「what the hell」の境地で、もうここまで来たらツイッターも本人だって言ってくれてることだし、やれるとこまでやろう、いずれ嫌でも自分の間違いに気づくはずだから、と思ったんだよね。

[Wendi Deng Twitter account is a fake | The Guardian]

0 comments:

Post a Comment