January 13, 2012

グーグルがケニア最大の企業データベースをスクレイピング:Google Scrapes Kenya's Biggest Business Listings Database @TNW

(c) Mocality Kenya
In September, Google launched Getting Kenyan Businesses Online (GKBO). [...] Shortly after that launch, we started receiving some odd calls. - Google, what were you thinking? - Mocality Kenya

Mocality Kenya later found out that Google's staffs are manually scraping their database and contacting their business customers, talking about their partnership with Mocality and offering a free website at GKBO.  But there was no business agreement between two.  Now Mocality is asking "Google, what were you thinking?"  and Google says it's investigating the matter.

グーグルが「ケニア企業オンライン化(Getting Kenyan Businesses Online:GKBO)」事業を昨年9月にスタートした直後から、競合であるケニア最大の企業データベース「モカリティ・ケニア」(登録17万社)のところに登録カスタマーから「ウェブ開設の勧誘を受けたが何か知ってるか」という問い合わせの電話が入るようになった。

不審に思ってモカリティがデータベースに掲載されてる各企業の電話番号を自社コールセンター経由の番号に変えて通話の内容を録音してみたところ、なんとグーグルが顧客企業に電話をかけて「モカリティと提携したグーグルですが、御社のサイトをGKBOに開きませんか」と勧誘していたことがわかり、「うちが苦労して構築したデータベースを勝手に人海戦術(途中からインドになった)でスクレイプするとはけしからん」、「いつからモカリティはグーグルの下で働いてることになったのだ」とブログで激怒。グーグルは「現在調査中」と声明を出した。いやぁ…。


[Mocality Kenya via The Next Web]

0 comments:

Post a Comment