January 18, 2012

イタリア船長初出廷「転んだら救命ボートの中だった」と力説:Costa Concordia Captaid 'I Tripped Into Lifeboat'

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player


Non avevo alcuna intenzione di scappare, stavo aiutando alcuni passeggeri a mettere in mare una delle scialuppe. Ad un certo punto il meccanismo di discesa si è bloccato, abbiamo dovuto forzarlo. All’improvviso il sistema si è riattivato e io, dopo aver sbattuto, mi sono ritrovato dentro la barca di salvataggio insieme a numerosi passeggeri... risalire era impossibile" - Corriere della Sera

"I had no intention of escaping," Francesco Schettino, 52, said during his first court hearing Tuesday, according to Corriere della Sera. "I was helping some passengers put the life boat to sea. At a certain point the mechanism for lowering it, blocked. We had to force it. Suddenly the system unblocked itself and I tripped and I found myself inside the life boat with a number of passengers."- ABC News

「逃げる気などありませんでした。乗客が救命ボートに乗るのを助けていたんです。そしたらある時点で、ボートを下げる機械にロックがかかって、無理やり下げるほかなくなりました。下げてたら突然システムのロックがひとりでに解除され、私は弾みで転んで、気付いた時には大勢の乗客と一緒に救命ボートの中にいたんです」。いったん海まで下げられたら「もう船に戻るのは不可能でした」(1月18日付け伊紙コリエレ・デラ・セーラより)


なぜ沈没する船に乗員・乗客を残して自分ひとり逃げたのか? 

イタリア沖で座礁したコスタ・コンコルディア号のランチェスコ・スケッティーノ船長(52)が火曜イタリアの法廷に初出廷し、「逃げる気はなかったのだけど、転んで気付いたら救命ボートの中だった」という、にわかには信じられない主張を展開、さらなる話題を振りまいている。

氏はまた、予定のコースを船長の一存で外れた、という話は違う、最初から予定通りのコースだった、と否定。ただし、「岩に座礁した直後、錨を下ろした」と沿岸警備隊に報告したのは嘘だったと素直に認めた。

以下は逃げた船長にキレまくる海軍中佐との事故直後の通話記録(全訳ここ)




[«Così ha abbandonato 300 persone Sulla nave anche disabili e bimbi» - Corriere della Sera]

0 comments:

Post a Comment