January 25, 2012

社説でオバマ暗殺呼びかけたユダヤ系新聞発行人辞任:Atlanta Jewish Times publisher resigns over Obama 'assassination' column

Click to enlarge (c) The Atlanta Jewish Times (via Gawker)
The Atlanta Jewish Times owner and publisher, Andrew Adler, suggested in his Jan 13th column that there were three options for Israel, should Iran acquire nuclear weapons;

1. A strike against Hamas and Hezbollah
2. A strike against Iran
3. "give the go-ahead for U.S.-based Mossad agents to take out a president deemed unfriendly to Israel in order for the current vice president to take his place"

It was first highlighted by Gawker, and he resigned.  His tearful apology here.

The entire story suggests two things;
1. Some Jewish doesn't hide their 'Obamaphobia.'
2. It's Israel that wants to attack Iran, not the U.S.  At least some Jewish folks see the Middle East diplomacy of Leon Panetta and Barack Obama as terribly naive.

Where does the fear come from?   Japan, the 3rd largest importer from Iran, has been forced to cut back the oil import from Iran when it needs it most after the nuclear disaster.  The phantom fear is killing us.



アトランタ・ジューイッシュ・タイムズのオーナー兼発行人アンドリュー・アドラー氏が今月13日付け社説で「イランが核兵器をもった場合、イスラエルが取りうるオプション」として以下3つをあげた。

1.  ハマスとヘズボラを攻撃
2.  イラン攻撃
3. 「米国拠点のモサド工作員に大統領暗殺のゴーサインを出し、イスラエルに非友好的と思しい大統領の代わりに現副大統領を立てて米国の政策を牛耳り、ユダヤ国家の諸敵国壊滅を援助させる」

いくら発行部数3500の週刊の零細ペーパーでも、この3番は聞き捨てならない。「自分がこんなトム・クランシー小説ばりのシナリオ考えるぐらいだから、ユダヤ系コミュニティーの内々でも言われていることだと思わないか?」というパートも。そうなの? 

この記事のことはさっそくGawkerが20日報じてABC放送などが取り上げ、アドラー氏は涙ながらに謝罪し、辞任した。

「読者の反応が見たかっただけ」と氏は話しているけど、これで分かったことが2つ。
1. 一部ユダヤ系はオバマ恐怖症。
 アラブ人だと思ってる。ミドルネームもフセインだし。
2. イランを攻撃したがっているのはイスラエルであって、米国ではない。
 少なくとも一部ユダヤ系はそう見ており、レオン・パンネッタやオバマが「外交的解決」を訴えるたびに「甘い」と思ってる。

だからって暗殺は犯罪じゃんね。トム・クランシー読みすぎ。


0 comments:

Post a Comment