November 7, 2011

99%の映画『TIME/タイム』(動画):In Time - a film for 99%


The '99%' came from this?  Wait... maybe no. It's been in production well before the Occupy Wall Street was launched on September 17, 2011.    Strange parallel...

Same thoughts;
‘In Time,’ a Film for the 99% | Consortiumnews
‘In Time’: a clockwork ‘Bonne and Clyde’ for the 99% - Brian D. Johnson Unscreened


オキュパイ(占拠)運動の「99%」は新作映画『In Time』から来てるのかな…と一瞬思ったけど、脚本できたのはウォール街占拠のずっと前なんだよね...なんというタイミング。

[予告編]
近未来。世界の通貨は「時間」となる。

人は25歳で成長がとまり、1%の金持ちは長生きし、残り99%は残り寿命1年で、時間「稼」がないとタイムアウトでバッタリ死んでしまう。借金という概念はないのだ。

1日生き延びるのがやっとの極貧Will Salas(『The Social Network』のジャスティン・ティンバーレイク)は、ある日ひょんなことから生きるのに飽きた大富豪(マット・ボマー)に出会う。富豪はWillが寝てる間に純資産を交換し、「俺の時間を無駄に遣うなよ」と窓に書き残して投身自殺する。が、Willにはこの件で殺人の嫌疑がかかってしまう。

成金となったWillは1%が住むタイムゾーンに乗り込み、この馬鹿げたルールをつくった全体主義社会の転覆を図るため、世界的大富豪(ヴィンセント・カーセイザー)の娘(アマンダ・セイフライド)を人質に逃走するのだが、殺害容疑でブックタイムキーパー(警察組織、キリアン・マーフィー、はまり役だなぁ…)に追われ…。

『俺たちに明日はない(Bonnie and Clyde)』の未来版。カーチェイスから先はアレだけど、ジャスティン・ティンバーレイクの演技はなかなか。日本は来年公開予定だよ。


0 comments:

Post a Comment