October 23, 2011

養子にまつわるジョブズの思い出:Steve Jobs about being adopted - 60 Minutes

STEVE JOBS TAPES: I was, I remember right here on my lawn, telling Lisa McMoylar from across the street that I was adopted. And she said, “So does that mean your real parents didn't want you?” Ooooh, lightning bolts went off in my head. I remember running into the house, I think I was like crying, asking my parents. And they sat me down and they said, “No, you don't understand. We specifically picked you out.” - CBS '60 Minutes' via LA Times

スティーブ・ジョブズ(録音):僕は忘れもしない、ちょうどこの実家の芝生にいた。向かいのLisa McMoylarに自分が養子だって話をしたら、彼女こう言ったのね。「それってつまりは実の親に欲しくないって思われちゃったってこと?」 おおぉ…もう稲妻走ったみたいに頭の中は真っ白さ。家にワッと駈け込んで、確か泣きながら親にそうなのかって訊いたよね。そしたら両親は僕を座らせてこう言ったんだ。「違うよ、おまえは分かっちゃいないね。私たちがどうしてもって、おまえを選んだんだよ」

「それ以来、自分はただ捨てられたんじゃない、選ばれたんだ、特別なんだ…と思うようになった」とジョブズは自伝作家ウォルター・アイザックソン氏に語り、アイザックソン氏は「ジョブズを理解する鍵はここにあると思った」そうだ。





[CBS via LA Times]

0 comments:

Post a Comment