July 16, 2011

オバマは養子寸前だった…実際養子だった歴代大統領は誰?:Obama's father spoke of adoption. Which presidents actually were? @CSMonitor

Boston Globe reporter Sally Jacobs obtained INS record that shows Barack Obama Sr. told INS officer that he and his pregnant wife would “make arrangements with the Salvation Army to give the baby away.”

The finding will be one of the highlights of her new book, The Other Barack: The Bold and Reckless Life of President Obama’s Father, story about 'an alcoholic polygamist who abandoned two families, and was a brilliant economist and a bold dreamer.'

At that time, immigration officer was concerned that Obama Sr might have another wife back in Kenya.  So, he may well have said it to please them.  In fact, Obama's uncle said his mother, Ann Dunham, never mentioned about it.

It's hard to imagine President Obama without Ann Dunham, but an adopted child CAN become a president. Christian Science Monitor listed two such modern US presidents; Gerald Ford and Bill Clinton.


オバマ大統領が生まれる前、父親が米移民局(INS)に「この子が生まれたら妻が救世軍を通して養子に出す予定だ」と話していたことが分かった。

ボストングローブ記者のサリー・ジェイコブ女史が1961年当時の記録の開示を請求して明らかになったもの。オバマ・パパの放蕩っぷりを記した女史の新刊本「The Other Barack: The Bold and Reckless Life of President Obama’s Father」の目玉となっている。

父親がどこまで本気だったかは分からない。移民局に「ケニアに残した妻と重婚ではないか」と疑われていたので、便宜上そう答えただけかも。因みに叔父は「母親のアンは一度もそんな話はしなかった」と言ってる。オバマは母親アン・ダナムの影響がものすごく大きいので、仮に養子に出されていたら今頃大統領にはなってないかもね。

因みに養子でも大統領にはなれる。その証拠としてクリスチャン・サイエンス・モニターが近年歴代大統領から実例2人を紹介していた。

ひとり目はジェラルド・フォード。彼はネブラスカ州オマハにLeslie Lynch King Jr.として誕生した。が、生まれて2週間後、父Leslie Lynch King Sr.が激昂して年若い妻ドロシーを脅す。妻は結婚生活を後にミシガンに逃れ、やがて塗料販売員ジェラルド・ルドルフ・フォードと再婚。養父は幼い息子に彼の名を授けた。

フォード大統領の伝記を書いた歴史家Douglas Brinkley氏は、フォードSr.が一度も養子契約書を見せなかったと言ってるが、フォード大統領自身は見せたと話していた。

あとはビル・クリントン。彼はアーカンソー州ホープにWilliam Jefferson Blythe IIIとして誕生した。が、生まれて3ヶ月後、実父が車の事故で死亡。幼いビルを連れた母親は結局カーディーラーのRoger Clintonと再婚。未来の大統領は14歳のとき養父の名をもらい受けたが、養父はアルコール中毒で、ビルの母親を虐待するような男だった。最終的にはビルが暴力で脅しつけてそれを止めさせた。

[Christian Science Monitor]

0 comments:

Post a Comment