May 4, 2011

オサマ暗殺暗号名「ジェロニモ作戦」に米先住民怒る:Osama operation codename 'Geronimo' angers native Americans

Goyaałé (Geronimo) アパッチ族の戦士ジェロニモ

As Osama Bin Laden was killed, the military sent a message back to the White House: "Geronimo EKIA" - enemy killed in action.

Who's Geronimo?

Geronimo (1829-1909) was a native American leader of the Chiricahua, the last Apache group to resist U.S. government control of the American southwest.

Villain for American and Mexican settlers, but hero for Native Americans.

According to ABC, the Senate Indian Affairs committee will hold a hearing Thursday to examine "inappropriate" and "devastating" Use of "Geronimo" codename in bin Laden Mission.


「Geronimo EKIA」―オサマ・ビンラディン暗殺完了後、軍はホワイトハウスにこうメッセージを送って任務の成功を伝えた。「Geronimo」はオサマ暗殺作戦のコードネーム、EKIAは「Enemy Killed In Action(敵戦死)」の略。CIA長官によると、作戦ではオサマをジェロニモと呼んでいたそうだ。

ジェロニモ(Geronimo、本名Goyaałé)というのは、米ニューメキシコ南西・アリゾナ南東と隣のメキシコにいた先住民チリカフア・アパッチ族のリーダーとしてアパッチ戦争を最後まで戦った男である(1886年降伏、米国先住民年表参照)。

アメリカの入植者にとっては悪者でも、ネイティブ・アメリカンにとっては英雄。

上院インディアン委員会のLoretta Tuell主任顧問は、「最も偉大なるネイティブアメリカンの英雄のひとり」をアメリカで最も嫌われている敵に冠するのはあんまりだ、「ネイティブも非ネイティブも子どもに与える影響は計り知れない」と苦り切っている。Twitter、Facebook、サイトにもネイティブから怒りの声が殺到中だ。

ABCによると、同委員会は明日ヒアリングを招集し、このコードネームの妥当性を審議する予定。


UPDATE:

0 comments:

Post a Comment