April 4, 2011

サウスウェスト、飛行中に穴が開いて緊急着陸:Hole in cabin forces Southwest emergency landing

Photo taken in Southwest Airlines Flight 812 cabin 34,000 feet above Arizona.
アリゾナ上空10km飛行中、キャビンに穴が開いたサウスウェスト航空812便(乗客撮影)
(c) Central Florida News 13

On Friday, a 5-foot-long hole opened in the cabin of a Southwest Airlines 737 carrying 123 people, shortly after the plane left Phoenix for Sacramento, Calif. The crew made an emergency landing at a military base in Yuma, Arizona.

Then flight from Oakland to San Diego had a burning smell, and made an unscheduled landing Sunday night in Los Angeles. Now Southwest grounded other Boeing 737-300s and began inspecting them.


金曜午後、乗客123人を乗せたフェニックス発サクラメント行きのサウスウェスト航空737便の客室の天井側に1.5mの穴があき、アリゾナ州ユマの軍の基地に緊急着陸した。

さらに日曜夕にはオークランド発サンディエゴ行きのサウスウェスト航空で焦げ臭いにおいがしてロサンゼルスに迂回着陸。同航空は今日、70便以上を欠航にして総点検中だ。

今朝のニュースによると同航空は2009年にも点検不備で750万ドルの罰金を払った「直後」に、穴があく事故が起こっていたらしいよ。けが人がなくて良かったね。

[Central Florida News 13]

0 comments:

Post a Comment