March 4, 2011

米国ではFBI捜査官が集団カンニング:FBI Cheating Scandal

While Japan is shaken up with one cheater, US dealt with hundreds of FBI agents cheating on the test...
Hundreds of FBI agents cheated on a mandatory test of new procedures. [...] Suspicions of cheating were raised when more than 200 employees passed the 90-minute exam in 20 minutes. Inspector General Glenn A. Fine said that, in one FBI field office, four agents exploited a computer software flaw “to reveal the answers to the questions as they were taking the exam.”-FBI cheated on test of rules - Washington Times

日本は京大受験生ひとりのカンニングで大騒ぎだが、アメリカではFBI捜査官数百名がカンニングして去年大騒ぎだった。

問題の試験は2009年に行われた米市民新捜査手順の必須テスト。

制限時間90分の試験を20分でパスする職員が200名以上もゾロゾロ出たことから疑惑が持ち上がり、米司法省が捜査に乗り出したところ、「夥しい数のFBI職員」がガイドブックを広げたり答案を見ながらカンニングや不正行為を働いていたことが判明したのだ。

Glenn A. Fine司法省監察官が言うには、あるFBI出張所では捜査官2人が「試験中に答案が丸見えになる」コンピュータソフトウェアのバグを悪用していたらしい。

0 comments:

Post a Comment