February 27, 2011

オーラヴル・アルナルズの曲を映像化:Esteban Diácono visualizing 'Ljósið' by Ólafur Arnalds


The classical scene is kind of closed to people who haven't been studying music all their lives. I would like to bring my classical influence to the people who don't usually listen to this kind of music…open people's minds. - Ólafur Arnalds




"From Twitter via Flickr – 7-songs in 7-days online series becomes physical." Listen and buy 'Ljósið' from Ólafur Arnalds's 2009 album 'Found Songs' at store.erasedtapes.com.

This great music video by Esteban Diácono is also available on iTunes.


これは若き作曲家オーラヴル・アルナルズ(Ólafur Arnalds)2009年のアルバム「Found Songs」収録曲「Ljósið」。

オーラヴル・アルナルズは1986年、アイスランドの首都レイキャビクから数km郊外の村osfellsbærに生まれた。クラシックとポップに弦とピアノを絡めたネオクラシックの作り手だ。

「クラシック・シーンは、一生音楽の勉強に縁のない人にはなんというか、閉じられている。僕は、この種の音楽を普段聴かない人たちに自分のクラシックの影響を与え…みんなの心を開きたいんだ」(サイトより)

2009年春、1日1曲ずつ作曲しツイートで7日連続で発表してつくったのがこのアルバム。Flickrのファンから曲にぴったりの画像や映像が寄せられ、同年8月にはアルゼンチンのブエノスアイレス在住モーショングラフィック・アーティスト、エステバン・ディアコノ(Esteban Diácono)さんが「Ljósið」に映像(上)をつけ、VimeoやYouTubeでヒットした。引用されてる言葉がいちいち素敵なんだよね。出典はブライアン・イーノ、ニーチェ、アインシュタイン、ステファン・サグマイスターほか。

There's nothing in a caterpillar that tells you it's going to be a butterfly.- Richard Buckminster Fuller
毛虫には、やがて蝶になることを告げるものは何もない - リチャード・バックミンスター・フラー

You need chaos in your soul to give birth to a dancing star. -Friedrich Wilhelm Nietzsche

空を舞う星を生むためには、魂にカオスがなければならない ― フリードリッヒ・ニーチェ


Do not break the silence.
Remember quiet nights.
Burn down your bridges.
Think outside the box.
Let yourself feel.


曲はここ、ビデオはiTunesで買えるよ。




















[let yourself feel. from Esteban Diácono on Vimeo via Brain Pickings]

0 comments:

Post a Comment