January 16, 2011

アマゾン電子書籍の貸し借りをマッチングするサイト誕生:Kindle Lending Club - ebook loan matchmaker

As soon as Amazon added a lending option for Kindle on December 30, Catherine MacDonald set up a Facebook group to match lenders and borrowers. It grew fast and morphed into Kindle Lending Club.  All in two weeks!

Both lending and borrowing is free and they make money from Amazon affiliates. Lending rule remains same; you can loan a title only once for 14 days, during which you can't read a title.

Browsing the book titles up for lending, you definitely feel urge to buy Kindle and give it a try.  If you like it, you can buy it to finish the rest.  The irony is that a real page-turner is a loser in this model, because people can finish reading it while borrowing.

How do Amazon and publishers respond?  We don't know yet.

アマゾンKindleの電子書籍の貸し借りが30日から可能になり、さっそく「貸します」「借ります」をマッチングするサイトが生まれた。名づけて「Kindle Lending Club」。

キャサリン・マクドナルドさんがFacebookグループで始めたら手応えがあったので、1万2500ドル程度のエンジェル投資を取り付けてウェブ開発チームを編成し、今週ベータ版サービスを公開した。これみんな、われわれが正月の餅を食べてる2週間の間に、である。

アマゾンKindleの書籍の貸出は1冊1回限定で、貸し出し期間は14日間。誰かに貸してる間は読めない。14日で読みきれない人は買うだろうから借りるボタンの隣に購入ボタンも設置し、ここから入るアフィリエイト収入で経営は回していくみたいね。

これだと面白い本は14日で読みきれてしまうから販促にならないのが皮肉だけど、アマゾンが貸し借り機能を装備したとはいえベストセラー本はまだまだ出版社が貸せなくしてるタイトルが多い。

貸し借りマッチングに当のアマゾンと出版社がどう出るかは、まだ分からない。

[RWW]

0 comments:

Post a Comment