December 14, 2010

英法廷、ジュリアン・アサンジの保釈認める:Julian Assange granted bail

Julian Assange on his way to court today
暗窓バンで法廷に向かうアサンジ
(c) Peter Macdiarmid -Getty Images
WikiLeaks founder Julian Assange was granted bail today in London on five conditions; "£200,000 in security, surety of £40,000 from two people, a curfew, daily reporting to police, and surrender of his passport."

Sweden-side lawyers have two hours to lodge an appeal.

ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏の釈放が先ほど認められた。スウェーデン側は2時間以内に異議申立てしなくてはならない。

英紙ガーディアンによると保釈の条件は5つ。
  1. 保釈金£200,000(2631万円)
  2. 2人から保証金£40,000(527万円)
  3. 夜間外出禁止
  4. 最寄りの警察に毎日報告を上げること
  5. パスポート放棄
弁護士が昨夕面談に行った際には、先週より生活環境は厳しくなっていたそうで、毎日30分の休憩時間を除き、TV・本・他の受刑者と接触のない独房に隔離され、24時間監視カメラが見張り、マスコミからの手紙は一切届いてなかった。アサンジ氏は食事の時に抜けた歯が独房から盗まれたと文句を言っていたそうだ。

UPDATE: Julian Assange to stay in jail as Sweden fights bail decision - guardian.co.uk
なんと!スウェーデン検察が異議申立てして刑務所に戻っちゃったよ。公聴は48時間後。

UPDATE2:  Released. 釈放になった。友人の別荘にかくまってもらう。


[Gguardian]

0 comments:

Post a Comment