November 24, 2010

米、韓国の黄海に原子力空母ジョージ・ワシントン派遣:USS George Washington Departs For South Korea


A day after North Korea's attack on South Korean island, the nuclear-powered USS George Washington, which carries 75 warplanes and has a crew of over 6,000, left US navy base in Yokosuka.  Obama sent it after speaking by phone with South Korean President Lee Myung Bak (Forbes). It's headed to the Yellow Sea for four-day (Sunday through Dec. 1) military exercises with South Korean forces.


"This exercise is defensive in nature," U.S. Forces Korea said in a statement. "While planned well before yesterday's unprovoked artillery attack, it demonstrates the strength of the ROK (South Korea)-U.S. alliance and our commitment to regional stability through deterrence." - Reuters

Col. Dave Lapan of the Pentagon told CNN Wednesday the exercise will be a show of force, meant to discourage any future attacks; "This exercise is directed at being a deterrent for the North Koreans."  The ship's motto is "The Spirit of Freedom." (AOL).

Below, the host of French 24hr international news channel France24 questions why China is so supportive of North Korea. Related: China Won’t Help U.S. On North Korea, And Here’s Why - Gady Epstein - Beijing Dispatch - Forbes


北朝鮮の韓国延坪島砲撃の翌24日、アメリカの原子力空母「ジョージ・ワシントン」が戦闘機75機、乗組員6000余名を積んで米海軍横須賀基地を発った。フォーブスによると李明博韓国大統領と電話で相談後、オバマが派遣したものらしい。日曜から来月1日までの4日間、黄海で米韓合同演習を行う。

「この演習は防衛目的のものだ」と在韓米軍は声明で明らかにした。「昨日の正当な理由のない砲撃のずっと前から計画されていたものだが、これで米韓同盟の強さと、戦争抑止力強化を通して地域の安定を確保する任務に対する我々のコミットメントの強さを示す」 - Reuters

米国防総省報道官デイヴ・ラパン大佐も軍事力を示し、さらなる攻撃を牽制する「北朝鮮を抑制するための演習だ」とCNNに話している。因みに同空母のモットーは「自由のスピリット」、革命戦争中ジョージ・ワシントンが手紙で国民の気運を表現した言葉だそう(AOL)。

ちょっと海外で不思議がられてるのは中国の態度。「北朝鮮と近しいんだからコラって言って仲立ちしてあげなよ」と期待してるんだけど「北も南も穏便に~穏便に~」と言うばかりであんま何もしてない(ように見える)。フランスの24時間国際ニュース専用局「France24」司会者(下)も「なぜ中国はそんなに北朝鮮の肩入れするの?」と現地特派員に尋ねているよ。



「中国はここ数年、北朝鮮へのエネルギー・経済支援を強化しています。アメリカの朝鮮半島への影響力を和らげる重要な戦略的バッファー(緩衝材)と見なしてるのです。さらに、国境で戦争が起こっても困るし、難民がドッと流れこんできても困りますからね」と答えてますね…そりゃそう、国境接してるもんね…。外交的な事情は「中国はアメリカを助けてくれない。その理由」という題でForbesが詳しく書いている。

0 comments:

Post a Comment