November 22, 2010

核兵器の運転手たびたび酔っ払い:US Nuke Drivers Sometimes Got Drunk

(c) New York

US OST agents who drive nuclear weapons around the country were involved in 16 alcohol-related incidents in two years, the Energy Department's Office of Inspector General revealed in a report(pdf).

In two incidents, agents were even arrested or detained by police.

OST agents drive nuclear weapons, components and nuclear materials around the country. The report says they conducted the investigation "after hearing complaints of alcohol abuse among agents in the Office of Secure Transportation (OST)".


アメリカのあちこちに核兵器を運んで回る米エネルギー省国家核安全保障局運輸セーフガード局(Office of Secure Transportation:OST)職員が、2007年から2009年の間に16件もアルコール関連の不祥事を職務中に起こしていたことが同省監察総監室の調べで分かった。

OSTは核兵器・核兵器部品・核関連物資を運ぶ担当部局で職員は約600人いる。報告書(pdf)によると、調査は「OST職員が酒を飲んでる」という苦情を受け行われた。

16回のうち監察が問題視しているのは「安全輸送任務」中、ホテルにチェックイン後に起こった2つの事件で、2007年には公共の場で酔っ払った職員1名が逮捕され、2009年にはバーで不始末をおこした職員2名が手錠をかけられ警察に一時拘留された。

広報によると飲酒運転はしていない模様。

Related:
5 times we almost nuked ourselves by accident
アメリカは5度被曝しかけた

[BBC, Washington Post, CNN, NYTimes]

0 comments:

Post a Comment