September 7, 2010

スマートフォン市場、5年後にはAndroidが過半数に:Android to control half of smartphone market - Piper Jaffray

なんじゃこのヘアスタイルは(c) Tom Hübscher / TNT Graphics

Piper Jaffray analysts estimate that five years from now Android will likely control over half of the smartphone market, while Apple will hold between 20-30 percent, IF both Nokia and RIM adopt Android.  That's a big "if"...

(c) Piper Jaffray (via ZDNet)



スマートフォン市場の戦乱は向こう5年続き、最後に笑うのはAndroid―そんな大胆予想がパイパー・ジャフレイから出た。上のチャートは「2008-2012年スマートフォン市場シェア予想」。

当社の予想ではグーグルは年内にAndroidでスマートフォン市場の14.9%を掌握し、2012年には23.2%に成長する。一方アップルはiPhoneのシェアが年内に15.9%、2010年には17.6%となるものと思われる。

残るノキアとRIMは、「中核のソフトウェアのコンピタンスがないため」シェアは落ち、「もしかしてAndroidかWindows Phoneに陥落する可能性大」。それを勘定に入れると、
今から5年後、Androidはスマートフォン市場の過半数、Appleは20~30%を支配する。

と言うんだが、ノキアとRIMの浮動票の読みがアバウト過ぎやしまいか?

Related:
When it comes to "5 years from now" prediction, MM Research Institute estimates that five years from now smartphone will likely control over half of the cellphone market in Japan (below). 5年後といえば日本ではMM総研が31日「スマートフォン、5年後には携帯の過半数になる」と発表してましたっけ。

(c) MM総研


[AllThingsD, ZDNet]

0 comments:

Post a Comment