September 26, 2010

ハーバード大構内自殺者がネットに残した1905ページの遺書:Man who killed himself in Harvard yard left 1,905-page suicide note

(c) The Harvard Crimson
Mitchell Heisman, 35, who shot himself on the steps of Memorial Church posted online a 1,905-page document entitled "Suicide Note," while living in an apartment near the school.

IvyGate's review;
"Most arresting of all: the note — tome, really — is probing, deeply researched, and often humorous. Heisman personality and erudition shine through every page, as he traces the philosophical steps that have led him to suicide: not really desperation or depression, but rather, intellectual curiosity, and a desire to test the limits of the unknown.  After a quick read, comparisons to Albert Camus’ “The Myth of Sisyphus” abound. All the more sad that such a deeply intelligent young man would choose to cut his scholarly output off at one, interesting book."

ハーバード大学メモリアルチャーチ正面階段の一番上で18日、観光客20人以上が見守る前で拳銃自殺したMitchell L. Heismanさん(35)が、1,905ページの遺書(pdf)をネットに残していたことがHarvard Crimsonの調べで分かった。

Heismanさんはアルバニー大学心理学部卒業後、ハーバード大学の近所で父親の遺産と書店のバイトで生計を立てながら本を書いていた。遺稿には同大学の論文が多数参考文献として引用されており、執筆中は同大教授に相談にも通っていた。

IvyGateのレビューより。
最も心が打たれるのは、この遺書―学術書1冊に値する―は厳密な深い研究に基づくものであり、随所にユーモアも見られることだ。自殺するに至った哲学的ステップを辿る1ページ1ページにハイズマンの個性と博学が光る。そこにあるのは決して絶望や欝ではない。むしろ知的好奇心と未知の限界に挑んでみたいという欲求だ。ざっと読んで想起したのは、アルベール・カミュの「シーシュポスの神話」だろうか。これだけ深い知性を備えた若者が学術発表の場をひと思いに断ってしまったことを思うと、余計にやり切れない。良書。

Mitchell Heisman - Suicide Note


[Harvard Crimson]


0 comments:

Post a Comment