August 14, 2010

アップル購買マネ、アジアからの裏金容疑で逮捕:Apple supply manager arrested in kickback scheme

(c)9to5Mac
A midlevel Apple manager was arrested Friday and accused of accepting more than $1 million in kickbacks from half a dozen Asian suppliers of iPhone and iPod accessories in a federal indictment unsealed and a separate civil suit.

Paul Shin Devine, a global supply manager, and Andrew Ang, of Singapore, were named in a 23-count federal grand jury indictment for wire fraud, money laundering and kickbacks. - San Jose Mercury News

MITスローンで何学んできたものやら。

San Jose Mercury Newsが今朝、アップル中間管理職の逮捕を伝えた。アジア一円のiPhone・iPod周辺機器サプライヤーから100万ドル(8624千万円)以上の裏金を受け取っていた疑い。(UPDATE:16日の初公判では原告は無罪を主張


金曜逮捕されたのはアップル海外購買担当マネジャーのポール・シン・デヴァイン(Paul Shin Devine)容疑者(37歳、米サニーベール在住)。裏金総代理店みたいな役割りを務めていたシンガポールのアンドリュー・アン(Andrew Ang)も捜査を受けている。IRSとFBIが合同捜査の結果、逮捕に踏み切ったもので、連邦大審問の訴状には電子送金詐欺、マネーロンダリング、裏金授受など23件の起訴容疑が記されている。


裏金授受のからくりは巧妙。米国の銀行口座とアジアの銀行口座(うちひとつは妻名義の海外口座)を数珠つなぎに経由し、間に金銭授受を取り持つフロントカンパニー1社を立てていた。


訴状によると、デヴァイン容疑者はアップルの肩書きを利用して社外秘情報を入手し、それをアン容疑者らアップルのサプライヤー各社に横流しし、サプライヤーとメーカーはその謝礼にデヴァイン容疑者にアン容疑者を通して裏金を献金していた。もらった情報はサプライヤーがアップルから有利な条件で契約を結ぶ交渉に利用していた。


裏金を送った会社は半ダースあるが、訴状には中国・台湾・韓国・シンガポールを含む「アジア各国」とあるだけで、名前は明らかにされていない。


アップルも100万ドル(8624千万円)以上の「金銭支払い・リベート・賄賂」を受け取っていたとして、デヴァイン容疑者を民事提訴した。逮捕を受け広報は声明で、「社内・社外ともに不正直な行いは容赦無い態度で臨む」と述べた。


9to5Macによると、デヴァイン容疑者は1995年米国海軍官学校卒業後、Teradyne勤務を経て2005年MITスローンでMBAを取得した。アップルは勤続5年。

[San Jose Mercury News]

0 comments:

Post a Comment