July 16, 2010

ゲイツとバフェットが富豪に寄附呼びかけ、ポール・アレンが名乗り:Allen Steps Up to Buffett and Gates’ $600 Billion Challenge

Bill Gates and Paul Allen at Lakeside High, using a teletype to connect to a mainframe (c) CSCI
レイクサイド高在学中のゲイツとアレン 。メインフレームへの接続にテレタイプを使っていた
In response to "$600 Billion Challenge" launched last month by Bill Gates and Warren Buffet for the nation's billionaires to give away at least half of their wealth, Paul Allen announced today that he plans to do just that, giving away a majority of his fortue - an estimated $13.5 billion. According to Forbes, he is diagnosed with lymphoma; undergoing chemotherapy treatment.

Why $600 billion? The 2009 net worth of the Forbes 400 (around $1.2 trillion) divided by 2 equals $600 billion. 



米No.1の富豪ビル・ゲイツ氏(資産$53B=4.6兆円)とNo.2のウォーレン・バフェット氏(同$47B=4兆円)がこのほど国内のビリオネアに「自分が稼いだ金の最低半分は寄附しようよ」と呼びかけ、第1号が名乗りを上げた。ポール・アレン(75歳、資産$13.5B=1178億円 )だ。

氏はゲイツ氏の高校の2年上の先輩で、ハーバード在学中のゲイツ氏を誘って1975年マイクロソフトを一緒に創業した人。これまでも何度も寄附しチャリティー財団も所有しているが、資産は粗方寄附し、死後も自分の財団を通して脳研究などのチャリティー資金として運用していく計画を木曜明らかにした。

目標額の$6000億ドルは、Forbes 400(米国内長者番付トップ400)の2009年純資産合計$1.2 trillionを2で割った額。

ポール・アレン氏はリンパ腫で、現在化学療法を受けながら闘病生活を送っている(Forbes)。



UPDATE:
More Billionaires Sign the Gates-Buffett Giving Pledge - WSJ
ゲイツとバフェットの音頭で富豪約40人が財産半分寄附を宣言!


[Seattle Times, TechFlash, Forbes]

0 comments:

Post a Comment