June 9, 2010

iAdはブロックしないSafari 5 Readerの広告ブロッカー:iAd not be blocked by Safari Reader


Here's one more thing Steve Jobs didn’t mention during his WWDC keynote.
WWDC基調講演でジョブズが言及しなかったSafari 5の新機能「Safariリーダー」が波紋を呼んでいる。
“Safari Reader removes annoying ads and other visual distractions from online articles,” reads Apple’s description, striking fear into the hearts of online ad sales departments. “So you get the whole story and nothing but the story.” [...]


Guess where publications’ ads won’t get blocked? Inside an iOS app. And if those same publishers choose to run Apple iAds within their iPhone apps, Apple wins again, earning a 40 percent cut of resulting ad revenue — a position in which no other ad blocker or web browser finds itself.

「Safariリーダーは鬱陶しい広告、そのほか集中の妨げになるビジュアル素材をオンライン記事から削除します。記事全文を純粋に記事だけ読むことができます」というアップルの機能説明がオンライン広告関係者の心に恐怖を生んでいる。[...]

広告がブロックされない場所もあるが、どこかわかる? iOSアプリ内の広告だ。しかも同じパブリッシャーがアップルのiPhoneアプリにアップルのiAd広告を出稿する方を選ぶと、またまたアップルの勝ち。そこから入る広告収入の40%はアップルの取り分となる。こんなポジションは他の広告ブロッカーやウェブブラウザには見られないものだ。-  Wired

The ad blocker is an opt-in feature. So, as long as publishers displays some appealing ads, there's supposed to be no impact on their ad revenue. But if Apple feels ads are so annoying, then why in the world iAds are indiscriminately unblocked?  Are they any different from other web ads?  The motive remains anybody's guess.

広告ブロッカーはボタンを押さないと発動されないので、要は邪魔に思われない広告を出してる限りはパブリッシャーの広告収入も減らないってことなのだけど、不思議なのはiAdが全部表示されるところ。広告がそんなに邪魔なら何故iAdはブロックされないのだろう? 他の広告とどこが違うの??

UPDATE:
As a sidenote, Apple used some of the code from  open source Readability bookmarklet. It's funny the developer was "praising Apple without realizing until later that it was their own code being used."[The Register via DownloadSquad]
因みにこれオープンソースのReadabilityからコード借用したものらしい。製作者がアップルいいねって褒めてたら自分のコードだったんだって! そんなこともあるのね。

UPDATE2:
Great writeup from matt buchanan.
マット記者がうまくまとめてた

[Ars Technica, Wired]

0 comments:

Post a Comment