May 26, 2010

コンピュータウィルスに感染した人間:First human 'infected with computer virus' - BBC



Dr Mark Gasson from the University of Reading claims he's the first human infected with a computer virus.  Not by accident. He contaminated the ID chip and implanted it into his hand.  It then spread the virus to external control systems.  The singularity is getting nearer...

この「世界で初めてコンピュータウィルスに感染した人間」を名乗るお方は、英リーディング大学のマーク・ガッソン博士。


体に感染したわけじゃなく、埋込みチップだけどね。ペットのタグに使うIDチップを高度にしたもので、セキュリティチェックのドアや携帯電話の認証に使えるやつ。これに予めウィルスを感染させ、体内に埋め込んで実験を行ったところ、体内チップから体外のコントロールシステムにウィルスの転移が確認された。同じシステムに繋がってる他の体内埋込みチップにも感染の可能性があるという。

原理証明が目的の実験だが、将来ペースメーカーや人工内耳の技術が進んだら、医療用のチップ経由でそっちのウィルスが広がる恐れもあるってことで、ドイツの専門家も「誰かが体内埋込みチップにオンラインからアクセス可能になったら、これは深刻なことになるだろう」と話している。恐ろしや~。

0 comments:

Post a Comment