March 16, 2010

今日はローレンス・オーツ大尉の命日:I am just going outside - 98 Years Ago Today

John Charles Dollman's A Very Gallant Gentleman
depicts Oates' last moments

"I am just going outside and may be some time"
(ちょっと外に出てくるよ。しばらく戻らないかも)

Captain Lawrence Edward Grace Oates (17 March 1880 – 16 March 1912) died 98 years ago today on the Terra Nova Expedition.  It was a day before his 32nd birthday. His body was never found. 

Oates' self-sacrifice did not save the party; all the three died nine days later, only 11 miles short of their next food depot, but Robert Scott wrote his last words on his diary.

98年前の今日、テラ・ノヴァ号の南極探検で凍傷が悪化してペースについていけなくなったローレンス・エドワード・グレース・オーツ陸軍大尉(1880年3月17日~1912年3月16日)は残りメンバーにこう言い残して、ブーツもつけずに零下40℃の吹雪の中に消えた。32歳の誕生日の前日だった。遺体は今にいたるまで見つかっていない。

結局は残る3人も食料庫まで20kmのところで吹雪に閉ざされ、同月29日全員死亡してしまうのだが、事あるごとにオーツ大尉と衝突を繰り返していたロバート・スコット隊長が翌日の日記に書きつけていた。

このラストワードは、究極の自己犠牲の言葉として今も世界中で語り継がれている。

Related:
BBC - History - British History in depth: Different Approaches to Antarctic Exploration
南極・スコット巡礼

0 comments:

Post a Comment