February 10, 2010

世界一のビル124階でエレベーター故障、展望台閉鎖:Dubai tower shutdown for elevator malfunction

Being stuck in an elevator for 45 minutes on the 124th floor at the world's tallest building, Burj Dubai (2,717-foot, 828-meter) sounds awful. Getting rescued from the shaft is even worse. Let alone "crawling up on ladder." But that's exactly what happened last Saturday evening. The first tenants were supposed to move in this month...

オープンして1ヶ月。

世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」(旧称ブルジュ・ドバイ)で土曜午後6時20分、エレベーターが124階で突然止まって観光客15名が45分缶詰になる事故が発生。唯一一般公開されていた展望デッキも無期限閉鎖となった。

事故発生当時、124階の展望デッキには他にも観光客が約60名いたが、エレベーターは彼らにも聞こえるほど大きな音を立てて止まり、ドアの隙間から煙のようなものが漏れた。

止まるべき階の床に天井がやっと届くぐらいの中途半端な位置で止まったので、もう1個のエレベーターで124階に駆けつけた救助隊がシャフトに梯子をかけ、観光客はそれを伝って124階に避難した。展望デッキは一時パニック状態に陥ったが、けが人はいない模様。

一部始終をデッキから眺めていたドバイ在住アメリカ人エンジニアのMichael Timmsさん(31)は、「中には明らかに震えている人もいた」、「ある婦人は無言で床にへたり込んだ」と言っている。

ニュースは月曜になって地元紙が一斉に報じたが、どの時点からビルが閉鎖になったかは不明。ビル管理会社も「予想外の高いトラフィック」で「メンテ補修・アップグレード」が必要になった、「電力供給に技術的問題がある」と短く声明を出しただけで、事故のことには一切触れていないため、被害者からは怒りの声も出ている。「面目を保つために事実を隠すなんて驚きだ。壊れたのなら、せめて壊れたと言ったらどうなのだ」と先のTimmさん。

救助隊もなんら事情を説明してくれなかったので、アメリカの看護婦のMoscatoさん(29)などは「心配で泣き出してしまった」という。

エレベーターは嫌なので階段で降りたいとTimmさんやMoscatoさんたちが要求しても、それは許可されていないというので、結局全員、一般人が普段使えない貨物用エレベーターで降りた。

ビルは全160階以上ある。124階はその3分の2の高さで、地階からは所要1分。エレベーターは計57基あり、どれも米コネチカット州のOtis Elevatorが提供している。第1期テナントは今月入居予定だった。

[AP - San Jose Mercury News] Photo (c) AP

0 comments:

Post a Comment