November 3, 2009

世界初のツイッター専用端末:TwitterPeek - World's First Dedicated Twitter Device



Twitter for lifetime. Peek teamed up with Twitter to produce "TwitterPeek," the world's first dedicated Twitter device that enables you Twitter on-the-go from anywhere in the US.
  • Unlimited tweets and direct messages
  • Nationwide coverage. No wifi signal necessary
  • Includes service for lifetime of device
  • No contracts or hidden fees
  • “Always on” instant tweet delivery
  • Full QWERTY keyboard, large color screen, click scroll wheel
  • Long battery life lasts up to 4 days
Best of all, TwitterPeek costs only $200 including lifetime service.  It's cheaper than any mobile device available out there. I want one for my kid.



世界初のツイッター専用端末「TwitterPeek」が出た。

全米をカバーする高速接続ネットワークに常時繋がっており、WiFi探さなくても、いつでもどこでも最新ツイート閲覧・送受信・RT・ダイレクトメッセージが楽しめる。

生涯ネット接続サービス込みで199ドル。もう買って箱から空けたらそのまま使える。月額プランに加入すると本体は100ドル安く買える(6ヶ月は無料、あとは月額7ドル95セント)。

カバレッジは携帯並みなのに、この安さは魅力。携帯はいくら安くても利用料が月20ドルかかるし、こういうQWERTY配列のキーもついてないもんね。ギズは酷評だけど、スマートフォン買う余裕のないティーンには(Sidekickもあんなことあった後だし)フィットすると思う。うちも子どもの連絡用に1台買おうかな…。充電は4日持つ。グレーとツイッターブルーの2色。

WSJによると、「ツイッター専用端末を作ろう」と考えたのはTwitter側で、早速ジョナサン・カプラン(Jonathan Kaplan)という、あの一芸ヒット「Flip」製造元Pure Digital Technologies社をシスコに5億9000万ドルで売って今年最大の出口を決めた創業者に相談したら、Peek創業者アモル・サルバ(Amol Sarva)氏に話を持っていけと言われたのだそう。それが6月。

Peek(本社・NY)はメール送受信に特化した安い端末「Peek Pronto」をもう作ってる会社なので、UI変えて4ヶ月で発売というスピード展開となった。メールの方は泣かず飛ばずだったけど、もしかしたらTwitterならブレイクするかもね。



[WSJ]

1 comments:

Post a Comment